お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 91件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2022-05-24
16:25
神奈川 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ガウスビームで近似したモノパルスレーダのアンテナパターン
小林弘一波動システム研)・風間茂穂綜合電子SANE2022-13
モノパルスレーダは,単一送信パルスによる反射エコーから空間角度の誤差信号を得る高速追尾用のレーダ方式である.反射信号を左... [more] SANE2022-13
pp.67-72
SIP, BioX, IE, MI, ITE-IST, ITE-ME
(連催) [詳細]
2022-05-19
09:20
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Discrete Prolate Spheroidal Sequencesを用いた位相変調パルスレーダのための系列設計
實松 豊東工大SIP2022-2 BioX2022-2 IE2022-2 MI2022-2
本稿では,パルス方式のレーダーにおいて,アンビギュイティ関数の原点以外の関数値の絶対値ができるだけ小さくなるような信号の... [more] SIP2022-2 BioX2022-2 IE2022-2 MI2022-2
pp.7-12
AP, SANE, SAT
(併催)
2021-07-28
13:05
ONLINE オンライン開催 超分解能ミリ波マイクロドップラ解析のための速度・波数空間分離に基づく拡張WKD法
安藤 健木寺正平電通大AP2021-28 SANE2021-18
ミリ波車載レーダ等では,人体各部の動きに起因するマイクロドップラ解析による人体識別が有用である.短時間フーリエ変換等での... [more] AP2021-28 SANE2021-18
pp.25-30(AP), pp.18-23(SANE)
SANE 2021-01-29
14:10
ONLINE オンライン開催 コンクリートレーダを利用した高精度鉄筋探査
中村賢太田中俊幸長崎大SANE2020-52
コンクリートレーダを用いればコンクリート中の鉄筋の有無を容易に把握できる.しかし,コンクリート構造物の安全検査において重... [more] SANE2020-52
pp.72-77
MICT, MI
(共催)
2020-11-04
14:20
ONLINE オンライン開催 LSTMによる波形解析に基づくドップラーレーダを用いた非接触血圧測定
石坂秀壮山本幸平大槻知明慶大MICT2020-15 MI2020-41
近年,日常生活で血圧を測定する方法として, 非接触血圧測定が関心を集めている.
非接触血圧測定法としてドップラーレーダ... [more]
MICT2020-15 MI2020-41
pp.36-41
SANE 2020-08-28
14:25
ONLINE オンライン開催 回転レーダによる高分解能方位測定 ~ パルスレーダとFM-CWレーダの出力処理結果 ~
瀨在俊浩JAXASANE2020-24
筆者はビーム走査アンテナによる高分解能電波情報計測方法を考案した。筆者他は回転アンテナを備えた電波受信装置で取得した出力... [more] SANE2020-24
pp.19-23
SAT, RCS
(併催)
2020-08-20
09:50
ONLINE オンライン開催 パルス変調波干渉によるBS,CS受信機の画像破綻C/Iの測定
正源和義放送衛星システム)・田島慶一スカパーJSAT)・松下純也小島政明NHK)・田中祥次放送衛星システム)・山田良和浜中太郎橋本明記NHKSAT2020-12
9GHz帯パルス変調波(レーダー)のイメージ妨害干渉からBS, CS受信で引き起こされる画像破綻を防止するのに必要な条件... [more] SAT2020-12
pp.13-18
EMT, MW, OPE, EST, MWP, THz, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2020-07-17
09:55
ONLINE オンライン開催 超広帯域ミリ波アレーレーダによる脈波伝搬の非接触計測
小山田祐志阪本卓也京大EMT2020-18 MW2020-27 OPE2020-13 EST2020-18 MWP2020-18
脈波伝搬速度は様々な疾患の兆候を検出できる重要な指標として知られている.
本論文では,被験者を79GHz帯の超広帯域ミ... [more]
EMT2020-18 MW2020-27 OPE2020-13 EST2020-18 MWP2020-18
pp.67-70
WBS, SAT
(併催)
2019-05-16
09:00
愛知 名城大学 天白キャンパス 多周波ステップレーダの人工蜂コロニー法を用いた周波数多重化の基礎検討
稲葉敬之谷口 匠秋田 学電通大WBS2019-6
著者等は,狭受信機帯域幅(すなわち遠距離性を備える)と高距離分解能という相反する能力を兼ね備えた多周波ステップ方式を提案... [more] WBS2019-6
pp.29-34
WBS, SAT
(併催)
2019-05-16
09:25
愛知 名城大学 天白キャンパス 多周波ステップCPCレーダによる小落下物検知
稲葉敬之秋田 学芝 隆司電通大WBS2019-7
空港滑走路上のボルト等の落下物は,航空機の離発着における直接的かつ重大な危険要因である。この落下物検知のためにレーダを用... [more] WBS2019-7
pp.35-40
WBS, SAT
(併催)
2019-05-16
09:50
愛知 名城大学 天白キャンパス 再帰的波形減算周波数推定法を前処理とした多周波ステップレーダにおける近接角度分離法
秋田 学稲葉敬之電通大WBS2019-8
次世代の車載レーダ等では,複数の目標が存在する環境下において距離,速度だけでなく角度の情報が得られることが求められる.し... [more] WBS2019-8
pp.41-45
SANE, SAT
(併催)
2019-02-14
10:00
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター 圧縮センシングを用いた多周波ステップレーダにおけるスパース周波数選択法
稲葉敬之秋田 学電通大SANE2018-113
多周波ステップパルスレーダにおける離散フーリエ変換(DFT)に基づく合成生帯域処理の低サイドローブ化のために,圧縮センシ... [more] SANE2018-113
pp.19-24
MW 2018-11-16
10:05
長崎 福江文化会館 鉄筋探査における損失の影響
坂元 涼田中俊幸長崎大MW2018-106
コンクリートレーダを用いれば鉄筋は容易に検出できる.しかし,安全検査に必要なかぶりは正確に推定されていない.我々はこれま... [more] MW2018-106
pp.71-76
RCS 2018-10-19
15:35
東京 機械振興会館 マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信におけるデュアルビームの活用
小池 誠小池誠マイクロ波研RCS2018-176
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信,即ち,テレパシー通信では,音声信号でパルス変調された電磁波ビームを受信者の頭部に照... [more] RCS2018-176
pp.137-142
CQ
(第二種研究会)
2018-01-18
15:50
東京 国立情報学研究所 テレパシー通信の実現性に関する考察 ~ マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信 ~
小池 誠MKマイクロ波研
矩形波のマイクロ波は聴覚を刺激する現象があり、マイクロ波聴覚効果と命名されている。そこで、マイクロ波聴覚効果を応用したマ... [more]
SANE 2017-05-22
11:50
東京 機械振興会館 FMCWレーダにおける不要波信号処理手法によるS/N特性評価
中澤勇夫通信放送国際研)・磯 彰夫アイソ・スペースネット・リサーチSANE2017-6
FMCWレーダは、パルスレーダ或いはパルス圧縮レーダに比べて機器構成が簡素な事、検出ではContinuous Wave ... [more] SANE2017-6
pp.29-33
AP 2017-02-16
13:00
栃木 栃木県総合文化センター [依頼講演]パルスドップラーレーダへの時間変調アレーアンテナの適用検討
松木 誠紀平一成山口 聡大塚昌孝深沢 徹宮下裕章三菱電機AP2016-159
フェーズドアレーアンテナにおいて求められる性能として低サイドローブ特性がある.この特性を低コストで実現する技術として著者... [more] AP2016-159
pp.17-22
IT 2016-07-29
13:10
福岡 福岡大学セミナーハウス 時空間符号化MIMOレーダにおける生成行列の構造に関する検討
川原圭祐梅原大祐若杉耕一郎京都工繊大IT2016-32
MIMOレーダにおいて相補符号と時空間符号を併用することで,完全な相互直交性とパルス圧縮特性を実現した符号構成法が提案さ... [more] IT2016-32
pp.63-68
IT 2016-07-29
13:35
福岡 福岡大学セミナーハウス レーダパルス圧縮に用いられる相補符号の拡張とその生成法
前田拓大梅原大祐若杉耕一郎京都工繊大IT2016-33
レーダパルス圧縮に適した符号として相補符号がある.一般に知られる系列数2の相補符号では,符号長2,10,26の符号を核と... [more] IT2016-33
pp.69-74
SANE 2016-04-22
10:20
東京 機械振興会館 クロスアイ妨害技術とその研究開発動向に関する調査報告
小林正明AOC日本支部SANE2016-2
オンボード妨害であるにも係わらず,妨害源の位置があたかもオフボードであるかの如き電波を発射するクロスアイ妨害は,実際にオ... [more] SANE2016-2
pp.7-11
 91件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会