電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2019-08-23
14:00
大阪 滋慶医療科学大学院大学 「一体的リズム」と「分析的リズム」 ~ 実時間対話機能に関する試論 ~
市川 熹千葉大)・長嶋祐二工学院大)・堀内靖雄千葉大)・原 大介豊田工大
「対話のことば」の実時間性の視点から、聴覚言語(音声)、視覚言語(手話)、触覚言語(指点字)における「分析的リズム」と「... [more] HCS2019-30
pp.7-12
TL 2019-07-27
16:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス [ポスター講演]英語学習者における多義構造の処理について ~ 学習者は非統語的な手がかりを使えるようになるのか? ~
小泉有紀子庄司江里山形大
英語母語話者は2つの統語構造が可能な文(多義構造)の解釈を処理する際、さまざまな手がかりを用いることがわかっている。英語... [more] TL2019-26
pp.71-75
TL 2019-07-28
14:40
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス Do children know whanything? -- Acquisition of wh-ambiguity in Mandarin --
Yu'an YangDaniel GoodhueValentine HacquardJeffrey LidzUMD
Identifying interrogatives in a language is a challenging ta... [more] TL2019-35
p.121
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
09:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]Do prosodic manual annotations matter for Japanese speech synthesis systems with WaveNet vocoder?
Hieu-Thi LuongXin WangJunichi YamagishiNII)・Nobuyuki NishizawaKDDI Research
 [more] EA2017-140 SIP2017-149 SP2017-123
pp.215-220
TL 2017-07-22
16:40
東京 国立国語研究所 Mora-based control for the length effect -- A self-paced reading study in Japanese --
Kiyoshi IshikawaHosei Univ.)・Ryo Yamashita,○So IshiiHosei Univ.
 [more] TL2017-25
pp.63-66
SIS 2017-06-01
11:20
大分 別府豊泉荘 韻律解析による言語固有特徴に関する一検討
大森雄馬瀬尾彰規九工大)・折居英章福岡大)・河野英昭九工大
音声言語には発話内容を表す音韻情報と,音の高さ,強さ,長さなどの要素を表す韻律情報とがある.人が母国語以外の音声を聞いた... [more] SIS2017-5
pp.23-27
SP 2016-01-14
11:20
神奈川 サンピアンかわさき OJADを用いた日本語韻律トレーニングによる自然性向上に関する実験的検証
峯松信明東大)・平野宏子中村則子東京外国語大)・笈川幸司JASLON
日本語の韻律教育を支援すべく,自然言語処理技術・音声言語処理技術を用いたオンラインアクセント辞書(Online Japa... [more] SP2015-87
pp.13-18
TL 2015-08-05
10:40
東京 津田塾大学 Japanese Children's Sensitivity to Prosody and Grammar in Interpreting Adjectives
Motoki NakajimaNagano Pref. Coll.)・Nae WatanabeSaki Yoshihira
本研究は、日本語母語話者が名詞句(名詞+の+名詞)および複合名詞(名詞+名詞)に先行する形容詞をどのように解釈するかを、... [more] TL2015-18
pp.5-8
HCS 2015-01-30
15:00
香川 ベイリゾート小豆島(香川県) [ポスター講演]人からロボットへの声掛けの韻律的特徴 ~ 注意喚起の韻律から回避行動を学習するロボット ~
塚本亜美尾関基行深田 智京都工繊大)・長井隆行電通大)・大森隆司玉川大)・岡 夏樹京都工繊大
人は自分の感覚器だけでは知覚できない物事に、周囲の声掛けで気づくことがある。ロボットにおいても、自身のセンサだけで知覚で... [more] HCS2014-82
pp.55-59
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) HMMを用いた日本人英語音声合成における話者性を保持した韻律補正
大島悠司高道慎之介戸田智基Graham NeubigSakriani Sakti中村 哲奈良先端大
日本語母語話者の話者性を反映した英語音声合成用音響モデルを構築するためには,日本人英語(ERJ:English Read... [more] SP2014-112
pp.63-68
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
11:00
神奈川 東工大(すずかけ台) 音声入力に基づく韻律制御機能を有するHMM音声合成システム
西垣友理高道慎之介戸田智基ニュービック グラムサクリアニ サクティ中村 哲奈良先端大
音声合成を用いた創作活動の活発化により,目標とする特定話者の音声の合成処理において,ユーザの思い通りの音声を合成できるイ... [more] SP2014-115
pp.81-86
SP 2014-11-13
17:20
福岡 九州大学筑紫キャンパス アクセント型の一般化による感情音声合成の任意長単語への拡張
青山裕子博士.com)・○森山 剛東京工芸大
感情を含む音声を合成する研究においては,少ない学習音声から合成規則を求めることが課題である.著者らは,感情を含む音声の韻... [more] SP2014-96
pp.37-40
SP 2014-11-14
13:00
福岡 九州大学筑紫キャンパス 聴覚印象による母音連想色の感性的分析 ~ 音声の持つ感性情報のマルチモーダルな表現を目指して ~
渡部芳奈子グリーンバーグ陽子匂坂芳典早大
これまで提案してきた印象表現を用いた対話音声の規定を, 感性面から理解し発展させることを考え, 他メディアである「色」に... [more] SP2014-103
pp.77-82
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]音声F0パターン生成過程の確率モデルによるテキストからの韻律生成
門脇健人石原達馬北条伸克東大)・亀岡弘和東大/NTT
本研究では,テキスト音声合成を目的としてテキストからF0パターンを生成する問題を扱う.テキスト音声合成において隠れマルコ... [more] SP2014-28
pp.309-314
HCS 2014-03-04
16:20
石川 山代温泉 瑠璃光 説得力の強いスピーチにおける話者の動作と音声の特徴解析
平林由紀子北原義典日立
話し方における説得力の強さに着目し,説得力強弱における非言語情報,特に音声の韻律と顔動作の寄与について検討した。説得力の... [more] HCS2013-112
pp.45-49
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2013-12-20
16:40
東京 筑波大学文京キャンパス OJADを支える音声合成技術 ~ 音声を合成しない音声合成技術の使い方 ~
峯松信明中村新芽橋本浩弥広瀬啓吉東大
日本語の韻律教育を支援すべく,自然言語処理技術,音声言語処理技術を用いたオンラインアクセント辞書(Online Japa... [more] SP2013-95
pp.129-134
SP 2013-11-22
14:30
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 音声認識技術を活用した日本語韻律学習システムの開発と改良
松崎 寛今井新悟古川雅子筑波大
従来の日本語韻律学習CALL教材には,音響分析の結果すなわち波形やピッチ曲線をそのまま示すものが多いが,学習者がそこから... [more] SP2013-81
pp.59-63
TL 2013-08-04
12:00
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス How do advanced learners of English understand a complex scope ambiguity? -- a case of negation and focus construction --
Yukiko KoizumiYamagata Univ.
(事前公開アブストラクト) Important contribution of non-syntactic factor... [more] TL2013-33
pp.111-115
SP, WIT
(共催)
2013-06-14
16:30
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 韻律情報の知覚における個人性の識別
摺木啓一郎立命館大)・森勢将雅山梨大)・山下洋一立命館大
本研究では, 音声に対する韻律情報の知覚における個人性の識別について検討する. 音声の個人性は声質に限らず, 韻律情報に... [more] SP2013-52 WIT2013-22
pp.125-128
SP 2013-03-01
10:30
愛知 大同大学 エージェントによるユーザ特性の把握が愛着感に与える影響
小川義人原田花歩菊池英明早大
本研究では, エージェントによるユーザ特性の把握がエージェントへの愛着感および対話継続欲求に与える影響を考察する. 近年... [more] SP2012-126
pp.35-40
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会