お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 222件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2021-10-28
13:30
ONLINE オンライン開催 超皮質性失語症は血液脳関門の破壊によっておきるのか ~ 脳室内免疫細胞ネットワーク仮説 ~
得丸久文著述業
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2021-07-28
12:40
ONLINE オンライン開催 マイクロ波レーダにおける機械学習を用いた血圧値推定の検討
佐々木滉太本間尚樹村田健太郎岩井守生小林宏一郎岩手大)・佐藤 敦エクォス・リサーチAP2021-27 SANE2021-17
本報告ではマイクロ波を用いた非接触血圧推定法の実現を目的として,k近傍法 (KNN : k-Nearest Neighb... [more] AP2021-27 SANE2021-17
pp.19-24(AP), pp.12-17(SANE)
US 2021-06-18
13:50
ONLINE オンライン開催 懸濁粒子が存在する液中でのFOPHの適用可能性
山本 稔木村 光小池義和芝浦工大)・日根清裕石谷伸治パナソニックUS2021-10
筆者らは、キャビテーション下における水中以外の環境において音圧を測定するために、反射型の光プローブハイドロホン(FOPH... [more] US2021-10
pp.12-17
EMCJ, MICT
(併催)
2021-03-05
10:55
ONLINE オンライン開催 頸部誘導型デバイスを用いた脈波伝播時間の計測と最高血圧の推定
谷 国門水口龍太水野裕志松村雅史阪電通大MICT2020-34
現在、死因の1/4を占めている循環器疾患の原因として高血圧症がある。高血圧症の早期発見に日常生活下での血圧の連続測定が重... [more] MICT2020-34
pp.7-10
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
09:00
ONLINE オンライン開催 低背な空中超音波トランスデューサの放射特性
信太仰平和田有司・○中村健太郎東工大US2020-77
センシング用途に加え,微小物体の非接触マニピュレーションやハプティックデバイスなどへ空中超音波の応用が広がっている.そこ... [more] US2020-77
pp.1-6
NC, MBE
(併催)
2021-03-04
15:00
ONLINE オンライン開催 「骨で立つ」:機能的立位の実験的検討
田島寛之阪口 豊電通大NC2020-59
静止立位の研究では身体動揺が少なく安定していることがよいとされてきたが,日常生活では,静止していることが目的であるよりも... [more] NC2020-59
pp.95-100
OME, IEE-DEI
(連催)
2021-03-02
10:30
ONLINE オンライン開催 半導体デバイスの物理的洗浄技術の一考察
清家善之森 竜雄愛知工大OME2020-27
半導体デバイスの製造プロセスにおいて、超音波、スプレー、ブラシを利用した枚葉式の物理的なウェット洗浄が広く使われている。... [more] OME2020-27
pp.31-34
HIP, VRSJ
(連催)
2021-02-19
14:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]触れずに測る生体信号
杉田典大吉澤 誠東北大HIP2020-89
映像から得られる脈波(映像脈波)は,健康管理のみでなく,精神的ストレスの評価などにも活用できる可能性がある.本講演では,... [more] HIP2020-89
pp.71-72
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
13:00
ONLINE オンライン開催 足裏に対する様々な地面テクスチャの触覚生成
中村義哉今村弘樹創価大MBE2020-19
Virtual Reality (VR) は,シミュレーションやトレーニングなど様々な場面で重要な役割を担っている.近年... [more] MBE2020-19
pp.1-4
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
13:25
ONLINE オンライン開催 MEMSセンサによる大気圧、加速度、角速度などの情報を用いた走行車両位置推定方法の検討
ズル フィクリ ビン バハリン・○横田孝義鳥取大WBS2020-28 ITS2020-24 RCC2020-31
自動車の走行位置を正確に求める手法としてGlobal Navigation Satellite System(GNSS)... [more] WBS2020-28 ITS2020-24 RCC2020-31
pp.115-120
MICT, MI
(共催)
2020-11-04
14:20
ONLINE オンライン開催 LSTMによる波形解析に基づくドップラーレーダを用いた非接触血圧測定
石坂秀壮山本幸平大槻知明慶大MICT2020-15 MI2020-41
近年,日常生活で血圧を測定する方法として, 非接触血圧測定が関心を集めている.
非接触血圧測定法としてドップラーレーダ... [more]
MICT2020-15 MI2020-41
pp.36-41
OFT 2020-10-09
15:20
ONLINE オンライン開催 OCDRを用いた偏波状態の分布測定
野田康平東工大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2020-36
光ファイバセンサは、長距離計測が可能であり、軽量・細径で取り回しが良いなど多くの利点を有するため、世界中で精力的に研究さ... [more] OFT2020-36
pp.118-121
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-03
09:50
ONLINE オンライン開催 準ミリ波を用いた脈拍及び血圧の非接触測定に関する研究
山岡雪乃嶋本 薫劉 江早大SeMI2019-133
高血圧は、自覚症状が乏しくかつ患者数の多い疾患で国民の健康福祉に大きな影響を与えている。現在の血圧・脈拍測定は、カフを装... [more] SeMI2019-133
pp.179-184
CPM 2020-02-29
11:15
東京 東京工科大片研BF1プレゼン室
(開催中止,技報発行あり)
有機強誘電体膜を用いた二次元圧力マッピングセンサの作製
松本晋太朗但木大介山宮 慎馬 騰東北大)・今井裕司仙台高専)・平野愛弓東北大)・庭野道夫東北福祉大CPM2019-107
圧力の多点計測が可能な圧力マッピングセンサは、人工皮膚等の触覚センサなどへの応用のために開発が進められている。マッピング... [more] CPM2019-107
pp.61-63
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]同軸型熱音響システムの共鳴制御に関する検討 ~ 音場計算モデルを基にした追加プライムムーバ設置位置の検討 ~
大西 陸同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・川島裕斗黒木大地白木一希渡辺好章同志社大US2019-83
熱音響システムのシステムの特徴として,単純で安価な構造の外燃機関であることが挙げられ,工場排熱や太陽光といった未利用エネ... [more] US2019-83
pp.73-76
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 圧力画像とCNNによる就寝姿勢の予測
藤岡敦也桑原教彰京都工繊大
近年,高齢化が進み,高齢化に伴い介護が必要な高齢者が増加している.また,高齢者の増加により介護労働者が不足しているという... [more]
US 2019-11-11
13:25
静岡 静岡大学 超音波照射による油中の温度に与える影響
山田悠太郞愛知工大)・畑中信一電通大)・佐藤正典本多電子)・小塚晃透愛知工大US2019-58
超音波を媒質中に伝搬させることにより、媒質を加熱することが可能である。また、任意の箇所を遠隔で局所加熱することができれば... [more] US2019-58
pp.7-10
WIT, SP
(共催)
2019-10-26
15:45
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 座面圧力分布計測装置による上肢姿勢の評価方法の検討
武田隆宏第一工大SP2019-23 WIT2019-22
座位での行動は覚醒時間の行動割合の半分以上を占めていると言われ、我々の生活の質に直結する姿勢といえる。本研究ではクッショ... [more] SP2019-23 WIT2019-22
pp.33-38
EA, ASJ-H
(共催)
2019-08-09
11:00
宮城 東北大学 差分型マイクロホンアレイと2次元スペクトルの機械学習による雑音抑制に関する考察
塩澤光一朗・○小澤賢司山梨大)・伊勢友彦アルプスアルパインEA2019-31
本研究では,マイクロホンアレイからの出力をニューラルネットワーク(NN)で処理することにより,雑音抑制を達成することを目... [more] EA2019-31
pp.53-58
US 2019-05-20
17:05
東京 機械振興会館 キャビテーション発生を伴う音場での光ファイバプローブハイドロホンの出力信号成分
小池義和市川将稔竹内 聡佐藤成将芝浦工大US2019-17
筆者らは、キャビテーション下で絶対音圧を測定するために、反射型の光ファイバプローブハイドロホン(FOPH: Fiber ... [more] US2019-17
pp.41-46
 222件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会