お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 232件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED, MW
(共催)
2020-01-31
14:10
東京 機械振興会館 地下3階6号室 [特別講演]THzイメージングに向けた高精度かつ高速な誘電率測定システム
徐 照男濱田裕史松崎秀昭野坂秀之NTTED2019-100 MW2019-134
テラヘルツ波の位相情報を用いた誘電率イメージングは非金属物を検出する有効な手段の一つであり、食品異物検査等の非破壊検査へ... [more] ED2019-100 MW2019-134
pp.35-40
MW 2019-12-19
15:55
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス [特別講演]300-GHz Wireless Data Transmission System with Low-SNR CMOS RF Front End
李 尚曄董 鋭冰広島大)・原 紳介NICT)・高野恭弥天川修平吉田 毅藤島 実広島大MW2019-126
300GHz帯を含め, テラヘルツ帯は 周波数が割り当てられてない 数十 GHz 以上の広い帯域 を用いられることから,... [more] MW2019-126
pp.41-46
EA 2019-12-13
15:15
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) 連立方程式法を適用した能動騒音制御システムにおける騒音低減効果の安定化法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2019-82
本検討では,能動騒音制御に連立方程式法を適用したシステムにおいて騒音制御フィルタの係数更新を継続したときに生じる騒音低減... [more] EA2019-82
pp.111-118
EA, EMM
(共催)
2019-11-23
11:10
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス(野々市市) [招待講演]Velvet noiseと周波数領域Velvet noise ~ 偶然から生まれた奇妙な信号が音と聴覚の再考を促す ~
河原英紀和歌山大EA2019-65 EMM2019-93
白色雑音よりも滑らかに感じられることで『Velvet noise』と名付けられた信号は、1と-1を疎にランダムに配置する... [more] EA2019-65 EMM2019-93
pp.69-74
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2019-11-21
16:45
山口 海峡メッセ下関 ラマン散乱を考慮した非縮退ファイバ位相感応増幅の量子雑音スペクトル
井上 恭阪大OCS2019-63
位相感応増幅(PSA)は低量子雑音性を有する光増幅現象として知られている。なかでも、信号光とその位相共役光を同時に入力す... [more] OCS2019-63
pp.35-40
OPE, LQE, OCS
(共催)
2019-11-11
16:45
東京 機械振興会館 [特別招待講演]位相変調及び単側波帯変調/直接検波を用いたSSBI抑圧高品質アナログモバイルフロントホール伝送方式
石村昇太カオ シュン ユン田中和樹西村公佐鈴木正敏KDDI総合研究所OCS2019-59 OPE2019-97 LQE2019-75
本特別招待論文では、ECOC2019ポストデッドライン論文にて提案した、従来、直接検波システムにおいて問題であった信号光... [more] OCS2019-59 OPE2019-97 LQE2019-75
pp.37-41
RCS 2019-10-25
10:20
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) 位相可変リフレクトアレーを用いた28GHz帯5G下り伝送特性の改善に関する検討
髙橋雄太NTTドコモ)・本間尚樹岩手大)・阿部順一村岡一志須山 聡油川雄司NTTドコモRCS2019-194
第5世代移動通信システム(5G)では広帯域が利用できるSHF帯(3~30 GHz)が使用されるが,高周波数帯は直進性が高... [more] RCS2019-194
pp.89-94
EA, ASJ-H
(共催)
2019-08-09
11:00
宮城 東北大学 差分型マイクロホンアレイと2次元スペクトルの機械学習による雑音抑制に関する考察
塩澤光一朗・○小澤賢司山梨大)・伊勢友彦アルプスアルパインEA2019-31
本研究では,マイクロホンアレイからの出力をニューラルネットワーク(NN)で処理することにより,雑音抑制を達成することを目... [more] EA2019-31
pp.53-58
SRW 2019-06-10
10:50
神奈川 アンリツ サブテラヘルツ帯超ブロードバンド無線通信の伝送特性における位相雑音の影響
多田 陽梅比良正弘王 瀟岩武田茂樹茨城大SRW2019-5
サブテラヘルツ帯である275GHz帯を用いた100Gbps級の超ブロードバンド通信が期待されており、IEEE802.15... [more] SRW2019-5
pp.23-27
CCS, NLP
(共催)
2019-06-09
09:25
新潟 まちな かキャンパス長岡 2種類のリミットサイクルの結合系でみられるノイズ誘起カオス同期
奥村圭司一橋大)・一木輝久名大NLP2019-29 CCS2019-12
非結合振動子系では共通ノイズによりカオス同期が誘起される.一方で,結合振動子系では,ノイズがカオス同期を``促進''する... [more] NLP2019-29 CCS2019-12
pp.55-58
MW, ICD
(共催)
2019-03-15
11:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) An Energy-Saving Digital-to-Time Converter for Ultra-Low-Power Digital PLLs
Hongye HuangHanli Liu・○Zheng SunTeruki SomeyaAtsushi ShiraneKenichi OkadaTokyo TechMW2018-172 ICD2018-116
 [more] MW2018-172 ICD2018-116
pp.87-91
WPT 2019-03-07
13:50
京都 京都大学宇治キャンパス 5.8GHzマグネトロンを用いる無線電力伝送システムの開発
楊 波王 策三谷友彦篠原真毅京大WPT2018-72
マグネトロンは主に電子レンジなどのマイクロ波加熱用として利用されている.マグネトロンは他のDC-RF 変換器に比べ,高効... [more] WPT2018-72
pp.47-50
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]ミリ波MU-MIMO OFDMシステムにおける周波数領域位相雑音補償
張 裕淵府川和彦東工大SR2018-138
60 GHzミリ波帯は2 GHz 程度の広い帯域を無免許で使えるため,次世代移動通信の周波数帯候補と考えられている.しか... [more] SR2018-138
pp.97-102
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
11:30
北海道 北海道大学 仮想位相共役を用いた光断層撮影における像再生のノイズ分離精度の向上
永吉颯太岡本 淳北大)・後藤優太福井大)・小川和久富田章久北大
仮想位相共役を用いた光断層撮影(VPC-OT)はシングルショットでの3次元計測を実現する.VPC-OTでは,信号とノイズ... [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
13:45
北海道 北海道大学 空間光変調器の校正による位相変調信号の生成精度向上
前田智弘岡本 淳小川和久富田章久北大
位相変調型の空間光変調器では画素電極の間隙からの反射により生じる非変調光が出力に混入することにより位相応答が歪み,変調精... [more]
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
09:30
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 [ポスター講演]高逓倍インジェクションパルスを用いた5GHz PLL回路の性能評価
小島勇輝木原崇雄吉村 勉阪工大CAS2018-97 ICD2018-81 CPSY2018-63
近年、通信機器の高速化に伴い高周波且つ低ジッタのクロックが求められている。本研究では信号に発生する位相ノイズを低減させる... [more] CAS2018-97 ICD2018-81 CPSY2018-63
pp.81-82
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2018-12-23
09:30
沖縄 ホテルアトールエメラルド宮古島 [ポスター講演]PLL回路における外部および自己インジェクションのジッタ比較
岡藤達也宮尾和樹木原崇雄吉村 勉阪工大CAS2018-100 ICD2018-84 CPSY2018-66
近年通信の高速化に伴い精度のよい高周波クロックが必要とされている。我々は低周波の参照クロックから高速クロックを生成し、注... [more] CAS2018-100 ICD2018-84 CPSY2018-66
pp.91-93
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-22
10:00
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) [招待講演]音声強調における位相復元とアレイ処理への効果
若林佑幸首都大東京EA2018-80 EMM2018-80
従来の音声強調の研究において位相スペクトルを扱うことは一般的でなかったが,近年の位相スペクトルの音声品質や明瞭度に与える... [more] EA2018-80 EMM2018-80
pp.163-168
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
10:10
沖縄 沖縄産業支援センター I/Qインバランスと位相雑音を考慮した補助送信機によるアナログ自己干渉除去の伝搬遅延の影響
福井崇久小松和暉宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2018-193
帯域内全二重は同一周波数で同時に送受信する通信方式であり,既存の複信方式と比較して周波数利用効率やスループットの向上が期... [more] RCS2018-193
pp.91-96
MW 2018-11-15
13:30
長崎 福江文化会館 S/H回路のクロック信号の位相・周波数を変化させることによるサブサンプリングPLLの位相制御手法
和田 平水谷浩之田島賢一三菱電機MW2018-97
APAAシステムにおいて,アンテナ素子の送信信号間の位相差を制御する手法の1つとして,LO波を生成するPLLの出力信号の... [more] MW2018-97
pp.31-34
 232件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会