電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
11:30
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス 非負値行列因子分解を用いた成分分解に基づく稼働データの傾向分析手法
齋藤悠司内海哲哉渡辺幸洋富士通研ICM2018-32
ICTシステムにおいて,CPU使用率等の稼働データを分析し傾向を把握することは,システムの改善検討に役立つ.その際,機器... [more] ICM2018-32
pp.45-50
AP, WPT
(併催)
2018-01-18
14:30
奈良 ATR 操作力発電型非接触給電システムのしくみと性能評価
安倍秀明パナソニックWPT2017-58
非接触給電の研究が加速され,基礎から応用まで多様な視点で報告が行われている.同様に地球温暖化に対するCO2削減のために既... [more] WPT2017-58
pp.15-20
AI 2015-12-04
15:55
福岡 九州工業大学サテライト福岡天神 動作音からみた半導体製造装置の故障予知技術
中田大貴久代紀之九工大AI2015-23
半導体製造工場では, 生産効率を向上させるため, 長期間, 装置を稼動させている. 装置の連続的な稼動は, 装置内部の部... [more] AI2015-23
pp.61-66
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2012-06-27
11:15
東京 東京大学山上会館 VRにおけるスケールと動作音のリアリティの関係性の研究
大原寛司荒川卓也上田雅道木山 亮鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2012-22
VR展示では実物とは異なるスケールで展示物を提示できるが,スケールを変えた展示物に実スケールの音を付加することが必ずしも... [more] MVE2012-22
pp.79-84
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2012-01-25
10:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス シフトレジスタを用いた音声合成回路における声道形状の決定
眞鍋慧太上垣利果田向 権関根優年東京農工大VLD2011-92 CPSY2011-55 RECONF2011-51
発声器官の形状は筋肉により複雑に変化し,その違いによって,言葉として認識できるような様々な音声が生まれる.本研究では,音... [more] VLD2011-92 CPSY2011-55 RECONF2011-51
pp.7-12
NLC, SP
(共催)
(連催) [詳細]
2010-12-20
17:45
東京 国立オリンピック記念青少年総合センター 音声言語のデジタル性 ~ デジタル符号と符号化メカニズムがおりなすオートマタ ~
得丸公明システムエンジニアNLC2010-20 SP2010-93
筆者は2007年に,今から13万年前から6万年前の居住が確認されている世界最古の現生人類遺跡,南アフリカ東ケープ州のイン... [more] NLC2010-20 SP2010-93
pp.61-66
EA, US
(併催)
2010-01-26
10:00
大阪 関西大 パルス密度で口腔部音声波形をモデル化した音声合成回路
小瀧 浩野中 淳眞鍋慧太田向 権関根優年東京農工大EA2009-107
発声器官の形状は筋肉により複雑に変化し,その違いによって,言葉として認識できるような様々な音声が生まれる.
本研究では... [more]
EA2009-107
pp.49-54
PRMU, SP, MVE, CQ
(共催)
2010-01-21
14:10
京都 京大 Candle on the Table:映像投影型卓上面での効率的な非WIMP型電子作業の実現
岩本和也藤田誠司木村朝子柴田史久田村秀行立命館大CQ2009-69 PRMU2009-168 SP2009-109 MVE2009-91
2D/3Dでの広視野電子作業空間での実世界指向インタフェースを研究している.今回のシステムでは,映像投影型テーブル上でカ... [more] CQ2009-69 PRMU2009-168 SP2009-109 MVE2009-91
pp.97-102
EA 2009-12-11
14:15
東京 NICT オーディオオブジェクト個別操作法とそのイヤホン漏洩雑音低減への応用
鈴木翔太奈良先端大)・宮部滋樹東大)・鎌土記良猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・野村俊之NECEA2009-95
我々は,空間情報の量子化に基づくマルチチャネルオーディオ符号化法の拡張手法を提案する.
我々の研究により,複数のオーデ... [more]
EA2009-95
pp.13-18
IN 2007-12-14
11:15
広島 広島市立大学 センサネットワークにおける間欠通信のための経路を考慮した同期方式の提案
鍬塚 諭井上伸二角田良明広島市大IN2007-111
近年,光度,温度,音,加速度,磁気などのセンシングが可能な
小型のセンサノードで形成されるセンサネットワークが注目され... [more]
IN2007-111
pp.73-77
DE 2007-07-03
08:00
宮城 秋保温泉(仙台) 任意の印象に合致した音声表現を持つ言葉の自動構成方式
本間秀典筑波大)・中西崇文NICT)・北川高嗣筑波大DE2007-49
本稿では,任意の言葉を印象語として入力することにより,
その印象に合致した音声表現を自動構成するための方式を提案する.... [more]
DE2007-49
pp.163-168
DE, DC
(共催)
2004-10-19
14:00
東京 東京工業大学(大岡山) Schema update operations preserving the expressive power in XML databases
Kenji HashimotoYasunori IshiharaToru FujiwaraOsaka Univ.
XMLデータベースにおける表現能力を保存したスキーマ更新操作を提案する. 本稿では, XML文書がもつ情報としてその文書... [more] DE2004-118 DC2004-33
pp.25-30
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会