お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL 2018-07-18
09:50
東京 NTT武蔵野研究開発センター 被災地支援と大規模イベント警備を目的とした移動式モニタリング拠点「オンサイトセンター」の開発
小松原康弘セコムICTSSL2018-22
被災地支援や大規模イベント警備において,機動力を活かしたリアルタイムな情報収集・情報提供・現場指揮を可能にする車両型の「... [more] ICTSSL2018-22
pp.35-37
AP, WPT
(併催)
2018-01-18
14:00
奈良 ATR 地下鉄トンネルの電波伝搬におけるトンネル内構造物の影響
西田賢史東工大/京三製作所)・高田潤一東工大)・チン ギルバート シー吉敷由起子構造計画研AP2017-157
地下鉄トンネルにて,トンネル完成直後と営業運転開始後の2回,同一の場所で電波伝搬実験を実施した.地下鉄トンネルには,列車... [more] AP2017-157
pp.37-42
SRW 2014-06-16
09:45
神奈川 三菱電機(大船) [招待講演]無線センサプローブによるオンサイトモニタリングに関する取り組み ~ 農業・畜産・防災分野への適用を目指して ~
二川雅登静岡大SRW2014-2
Si基板上に電気伝導度センサ、温度センサ、pHセンサを集積化したマルチモーダルセンサの開発を行った。センサ駆動方法の確立... [more] SRW2014-2
pp.9-12
NLC 2014-06-14
15:10
福岡 九州工業大学(飯塚キャンパス) 前後文脈を考慮したTweetの現地性判断
鬼塚友里絵・○嶋田和孝九工大NLC2014-5
Web上には多くの観光情報が存在し,その情報を分析することは観光情報学における重要なタスクの一つである.本論文では,Tw... [more] NLC2014-5
pp.23-28
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-24
11:15
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) A New Approach for Quick Disaster Recovery Access Networks
Quang Tran MinhKien NguyenShigeki YamadaNIIMoNA2013-61
 [more] MoNA2013-61
pp.73-77
OPE, EMD, CPM, LQE
(共催)
2009-08-21
14:15
宮城 東北大学 現場取り付けが可能なシングルモードファイバ用光コネクタ
長瀬 亮松井伸介阿部宜輝浅川修一郎NTT)・柳 秀一NTT東日本)・小林 勝NTT-AT)・木原 満NTT東日本)・冨田 茂NTTEMD2009-52 CPM2009-76 OPE2009-100 LQE2009-59
現場での取り付けが可能なシングルモードファイバ用光コネクタとして,用途に応じ2種類の工法を開発した.一方は工場で組み立て... [more] EMD2009-52 CPM2009-76 OPE2009-100 LQE2009-59
pp.135-140
NC, MBE
(併催)
2008-12-20
14:55
愛知 名古屋工業大学 登坂区間におけるアシスト付自転車のオンサイトでのアシスト制御法に関する検討
渡邉大輔佐藤直樹木竜 徹新潟大MBE2008-74
先行研究において,自転車エルゴメータの負荷制御と同一のファジー制御法を用いて,
アシスト付自転車のアシスト制御を試みた... [more]
MBE2008-74
pp.21-24
MBE 2007-05-25
14:50
富山 富山大学工学部 ウエアラブルユニットによる運動中の生体機能のオンサイト評価
渡邉大輔木竜 徹新潟大MBE2007-11
近年,健康志向の高まりにより様々な健康増進機器の開発がされている.それに伴い,生体信号の計測機能と健康増進機器の負荷やア... [more] MBE2007-11
pp.41-44
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会