電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2020-03-02
13:55
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(開催中止,技報発行あり)
[招待講演]OPEN PHOTONICS NETWORKの実現に向けた、リアルタイム線路監視システムの改善
松本悠平新谷和則谷田部 漠小熊健史NECPN2019-55
光ネットワークのオープン化に伴い,ネットワークインフラの保守・障害対応が複雑化していくことが運用上の課題となる.特にマル... [more] PN2019-55
pp.13-17
PN 2019-03-14
13:15
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 個々のネットワーク機器の観測情報に基づいた故障確率推定
松野将大関川 柊慶大)・大木英司京大)・岡本 聡山中直明慶大PN2018-83
IoT (Internet of Things)の普及,第五世代無線通信(5G)の進展などによる通信トラフィックの増加
... [more]
PN2018-83
pp.1-7
PN 2019-03-14
13:40
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 大研修室 OPEN PHOTONICS NETWORKの実現に向けた、リアルタイム線路監視システムの提案
松本悠平新谷和則谷田部 漠小熊健史NECPN2018-84
光ネットワークのオープン化に伴い、ネットワークインフラの保守・障害対応が複雑化していくことが運用上の課題となる。特にマル... [more] PN2018-84
pp.9-12
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
10:25
宮城 東北大学 Efficient Disaster Recovery of Optical Transport Networks with Multi-vendor Interconnection and Portable EDFAs
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI R&D Lab)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI R&D Lab)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICTCS2016-38
For the recovery of core optical transport networks after di... [more] CS2016-38
pp.45-50
PN 2015-09-01
09:50
北海道 旭岳万世閣ホテルベアモンテ An Approach to Emergency Multi-layer Networks Construction in Disaster Recovery with Efficient Multi-vendor Interconnection
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI R&D Lab.)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI R&D Lab.)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICTPN2015-18
For the efficient and quick recovery of multi-layer networks... [more] PN2015-18
pp.43-48
MoNA, IN
(併催)
2013-11-22
13:45
熊本 熊本大学 マルチベンダサービスを実現するクラウド型ホームネットワークシステムの提案
鷹取敏志柗本真佑佐伯幸郎中村匡秀神戸大IN2013-96
宅内の家電機器やセンサをネットワークに接続し,より便利で快適なサービスをユーザに提供するホームネットワークシステム(HN... [more] IN2013-96
pp.53-58
OCS, PN, NS
(併催)
2013-06-20
15:50
福島 日本大学工学部(郡山) Interconnectivity Demonstration of Multi-Vendor Optical Networks for Emergent Optical Network Reconstruction and Control in Disaster Recovery
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI R&D Labs)・Masaki ShiraiwaHideaki FurukawaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI R&D Labs)・Yoshinari AwajiNaoya WadaNICTPN2013-3
(事前公開アブストラクト) In the disaster recovery scenario e.g., after ... [more] PN2013-3
pp.13-18
ICM 2010-03-12
13:20
鹿児島 おきえらぶフローラルホテル マルチベンダL2NW環境におけるNW管理手法の一検討
中西一生井ノ上 攻深野隆行長島祐之NTTコムウェアICM2009-62
通信事業者に対する,利用者の期待・要求は年々高まってきている.特に,通信費用の低廉要求,広帯域サービス,ネットワークサー... [more] ICM2009-62
pp.99-103
NS, IN
(併催)
2008-03-07
15:20
沖縄 万国津梁館(沖縄) 動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法
福岡佑介西岡隆司奈良先端大)・中村匡秀井垣 宏神戸大)・松本健一奈良先端大IN2007-208
本稿では,複数のベンダのネットワーク家電を収容可能なホームネットワークシステム(HNS)を構築する手法を提案する.まず,... [more] IN2007-208
pp.295-300
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会