お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
16:20
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]5G NRフロントホール及び大規模IoT端末を収容するネットワークの遅延保証と高効率収容を実現する自律型Time Aware Shaper
柴田直剛NTT)・Zhu Paikun光産業創成大)・西村和人富士通)・吉田悠来NICT)・林 和則阪市大)・廣田正樹富士通)・原田臨太朗本田一暁金子 慎寺田 純NTT)・北山研一光産業創成大CS2021-45
筆者らはこれまでに、beyond 5G向けのx-haulプラットフォームを構築し、10 Gbpsインタフェースのみで、C... [more] CS2021-45
pp.23-26
LQE, OCS, OPE
(共催)
2021-02-18
17:45
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]自律型Time Aware Shaperを用いたレイヤ2ネットワークによる5G NRフロントホール及び1,000台IoT端末の収容
柴田直剛NTT)・Zhu Paikun光産業創成大)・西村和人富士通)・吉田悠来NICT)・林 和則阪市大)・廣田正樹富士通)・原田臨太朗本田一暁金子 慎寺田 純NTT)・北山研一光産業創成大OCS2020-42 OPE2020-74 LQE2020-80
本報告は、ECOC2020ポストデッドライン論文Th3B.3のレビュー講演である。低遅延時空間圧縮、自律型Time Aw... [more] OCS2020-42 OPE2020-74 LQE2020-80
pp.10-13
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
14:50
愛知 名古屋大学 [依頼講演]衛星5Gの検討
岡本英二名工大SAT2019-44 RCS2019-173
第5世代移動通信システム(5G)ではユースケースの拡大と共に,1平方キロメートル当たりの端末密度の低い領域へのカバレッジ... [more] SAT2019-44 RCS2019-173
p.133(SAT), p.131(RCS)
CS 2019-07-05
09:00
鹿児島 奄美市福祉協議会 奄美市社会福祉センター 光アクセスシステムの高度化に関する動向および課題
小崎成治末廣 雄名倉健一三菱電機)・斉藤洋之中平佳裕鹿嶋正幸OKI)・山本 周中尾彰宏東大CS2019-39
本稿では,光アクセスシステムの用途・機能における高度化の進展を追いながら動向を分析し,5GやIoT関連サービスの本格普及... [more] CS2019-39
pp.115-119
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター フロント・バックホール統合型モバイルネットワークの消費電力解析
山﨑里奈長谷川 剛村田正幸阪大NS2018-227
本報告においては、フロントホールネットワークとバックホールネットワークの統合制御を前提としたモバイルネットワークに着目し... [more] NS2018-227
pp.201-206
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-06
17:20
宮城 東北大学 電気通信研究所 [依頼講演]超多数同時接続・超低遅延要求環境における有無線信号変換のための過負荷信号処理技術に関する一検討
吉田悠来NICT)・ジュ パイクン北山研一光産業創成大)・林 和則阪市大NS2018-96 IN2018-30 CS2018-49
将来の IoT サービスに求められる超多数同時接続性や超低遅延性といった要求に対応する有無線統合プラットフォームにおいて... [more] NS2018-96 IN2018-30 CS2018-49
pp.47-52
MoNA 2018-08-02
14:55
北海道 小樽市民センター 無線制御ビークル PicoRover2
富樫宏謙古賀郁海松尾優祐九大)・古川 浩PicoCELAMoNA2018-9
近年,増大する無線トラフィックに適応するための技術として,基地局のカバーエリアを縮小するスモールセル化が注目されている.... [more] MoNA2018-9
pp.19-24
RCS 2018-06-20
14:30
長崎 長崎大学 同一タイミングインバンドリレー条件下での光無線リレー通信の耐干渉特性
宇多津裕貴工学院大)・増野 淳須山 聡NTTドコモ)・大塚裕幸工学院大RCS2018-41
第5世代移動通信システムでは,セルエッジパフォーマンスの向上が求められている.筆者らはセルエッジの通信を改善するあるいは... [more] RCS2018-41
pp.37-42
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
17:10
福岡 福岡大学 リレー通信における3Dビームフォーミングのバックホールリンクへの適用効果
中尾亮太工学院大)・増野 淳須山 聡NTTドコモ)・大塚裕幸工学院大RCS2017-219
第5世代移動体通信システム5Gでは,データレートのさらなる高速化や通信性能の向上が求められている.その要求を実現する技術... [more] RCS2017-219
pp.81-86
SR, SRW
(併催)
2017-10-23
14:00
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]A study of Multiple network roaming and Multi-Access Edge interworking
Shozo OkasakaMasanori KosugiTakeshi KanazawaPanasonicSR2017-80 SRW2017-32
The number of LTE frequency bands defined by 3GPP has been i... [more] SR2017-80 SRW2017-32
pp.39-40(SR), pp.43-44(SRW)
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-07
09:25
宮城 東北大学 電気通信研究所 5G/IoT時代のレイヤ2ネットワーク技術
久保尊広中山 悠久野大介深田陽一寺田 純大高明浩NTTCS2017-43
モバイル通信技術の進展に伴い,Internet of Things(IoT)を活用したサービスへの期待が大きくなっている... [more] CS2017-43
pp.7-12
MWP, OPE, EMT, MW, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-07-20
09:40
北海道 帯広商工会議所 [招待講演]IoTサービスを支える有無線プラットフォームにおけるレイヤ2技術
清水達也・○久保尊広中山 悠久野大介寺田 純大高明浩NTTEMT2017-7 MW2017-32 OPE2017-12 EST2017-9 MWP2017-9
無線通信技術の進展に伴い,IoT機器を活用したサービスへの期待が大きくなっている.IoT機器は,2020年には500億台... [more] EMT2017-7 MW2017-32 OPE2017-12 EST2017-9 MWP2017-9
pp.5-9
OCS, CS
(併催)
2017-01-19
15:45
福岡 九州産業大学 モバイルトラフィック変動を考慮したスモールセル基地局のスリープモード制御によるMBHネットワークにおける省電力効果の検証
曽根恭介富士通研)・Inwoong KimXi WangFLA)・青木泰彦関 宏之富士通OCS2016-65
高密度スモールセル基地局配備に向けたMBHネットワーク設計において,ユーザ分布とトラフィックデマンドの変動を考慮した,ス... [more] OCS2016-65
pp.5-8
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-02
15:05
東京 東京工業大学 統合無線LANに向けたソフトウエア定義セル制御密配置スモールセル
山田喬彦西村俊和立命館大RCS2015-344
指数的なトラヒック増大を予想し、広域移動通信網では5Gの研究が盛んとなっている。5Gの大きな特徴は小セルの併用とされる。... [more] RCS2015-344
pp.67-72
CS, OCS
(併催)
2016-01-22
09:00
鹿児島 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) 高密度スモールセル配備に向けたMFH/MBHネットワーク設計と制御方法
曽根恭介中川剛二青木泰彦Jens C. Rasmussen富士通)・Inwoong KimXi WangQiong ZhangPaparao PalacharlaFLA)・関屋元義富士通研OCS2015-93
高密度スモールセル配備に向けた,MFH/MBHネットワーク設計手法について紹介する.様々な伝送技術候補の中から,コスト最... [more] OCS2015-93
pp.29-34
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
11:50
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 光無線リレー通信における無線周波数,光ファイバ長に対するリンク間干渉特性
半澤陽平仲澤 翔工学院大)・久保尊広浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモ)・大塚裕幸工学院大RCS2015-266
筆者らはセルエッジの通信品質を改善する技術として光無線リレーノードを提案し,その設計法について述べてきた.特に,同一周波... [more] RCS2015-266
pp.133-138
RCS 2015-10-01
13:30
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]5Gに向けた90GHz帯ミリ波高速鉄道用無線バックホール
玉木 諭石田仁志武田栄里子齋藤利行奥野通貴山本敬亮矢野 隆志田雅昭柴垣信彦日立RCS2015-168
第5世代の移動体通信では,第4世代までに用いられてきた周波数帯に加え,GHz幅以上の広い帯域幅を利用できる可能性があるミ... [more] RCS2015-168
p.63
MWP 2015-05-25
16:10
東京 機械振興会館 High-Spectral Efficiency Fiber-Millimeter-Wave System Using Intermediate Frequency-over-Fiber and Remote Local-Oscillator Signal Delivery
Pham Tien DatAtsushi KannoNICT)・Tetsuya KawanishiNICT/Waseda Univ.MWP2015-9
The combination of fiber-optic and radio links in the millim... [more] MWP2015-9
pp.45-50
RCS, IN
(併催)
2015-05-21
12:35
東京 機械振興会館 [依頼講演]TTC「将来のモバイルネットワーキングに関する検討会」の活動成果紹介
松田哲史西谷隆志長谷川史樹片山政利三菱電機IN2015-4 RCS2015-25
昨今5Gを中心とする将来モバイルネットワークの研究が国内外で活発に行われている.国内ではARIBにおいて2020 and... [more] IN2015-4 RCS2015-25
pp.19-21(IN), pp.13-15(RCS)
OCS, CS
(併催)
2015-01-22
16:25
徳島 徳島大学 [特別招待講演]将来無線アクセス向け光ネットワークの最新技術と標準化動向
吉本直人千歳科技大CS2014-84
近年,スマートフォンの普及による様々なクラウドサービスの進展や,各種センサーデバイスがもたらすビッグデータ関連サービスの... [more] CS2014-84
pp.19-24
 32件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会