お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2016-12-07
11:20
愛知 豊橋技術科学大学 導電性中空糸膜とRT-LAMP法を用いたヒト血漿中のウイルス同時検出に関する検討
片倉 基菅原俊継秋山正晴木村主幸有澤準二北海道科学大MBE2016-59
輸血用血液製剤の安全性確保を目的として、核酸増幅検査(NAT)が実施されている.しかし,少ないながらも未だに輸血後感染が... [more] MBE2016-59
pp.13-18
MBE 2016-01-21
11:30
鹿児島 鹿児島大学 RT-LAMP法によるDNAウイルスとRNAウイルスの同時検出に関する検討
片倉 基菅原俊継木村主幸秋山正晴有澤準二北海道科学大MBE2015-91
現在日本赤十字社では,血液製剤の安全性確保のために,核酸増幅検査(nucleic acid amplification ... [more] MBE2015-91
pp.31-35
MBE 2014-01-25
11:45
佐賀 佐賀大学 導電性中空糸膜とRT-LAMP法を用いたDNAウイルスとRNAウイルスのマルチプレックス検出に関する基礎的検討
大井 諒菅原俊継黒田 聡有澤準二木村主幸北海道工大MBE2013-110
我々は,微量なウイルスに対しても検出を可能としたウイルス検出法を提案した.それは,日本赤十字社が輸血用血液の安全性を確保... [more] MBE2013-110
pp.79-83
MBE 2012-01-27
16:45
福岡 九州大学 ヒト血漿試料からのRNAウイルス検出における導電性中空糸膜とRT-LAMP法を用いた感度向上効果
遠藤太一菅原俊継有澤準二木村主幸北海道工大)・五十嵐 治ニックスMBE2011-91
我々は,微量なウイルスに対しても検出を可能とした遺伝子増幅法を提案した.それは,日本赤十字社が輸血用血液の安全性を確保す... [more] MBE2011-91
pp.65-70
MBE 2011-01-28
11:25
鹿児島 鹿児島大学 導電性中空糸膜とRT-LAMP法による模擬血清試料からのRNAウイルス検出
林 真也菅原俊継有澤準二木村主幸北海道工大)・五十嵐 治ニックスMBE2010-93
現在、日本赤十字社では輸血用血液のウイルス汚染に対する安全性確保のため、核酸増幅検査(NAT)が行われている。しかし、汚... [more] MBE2010-93
pp.77-82
MBE 2009-01-24
11:25
佐賀 佐賀大学 導電性中空糸膜とRT-LAMP法によるRNAウイルスの検出感度に関する検討
馬場勇人菅原俊継木村主幸三澤顕次有澤準二北海道工大)・五十嵐 治ニックスMBE2008-87
現在、輸血用血液のウイルス汚染に対する安全性確保のため、核酸増幅検査(NAT)が行われているが、汚染度の低い血液からは検... [more] MBE2008-87
pp.55-59
MBE 2007-01-26
10:20
鹿児島 鹿児島市町村自治会館 遺伝子工学的手法を用いたウイルス検査法における血清間個体差の影響およびRNAウイルス検出のための基礎的研究
大西 陽菅原俊継木村主幸三澤顕次有澤準二北海道工大)・五十嵐 治ニックス
輸血用血液の安全性を確保するため核酸増幅検査(NAT)によるウイルス検査が広く行われている.しかし,ウイルス汚染の程度が... [more] MBE2006-100
pp.17-20
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会