お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 109件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2021-12-01
09:45
ONLINE オンライン開催 FVFを応用したPSRR帯域拡張回路を搭載した脳波計測ウェアラブルデバイス向け低消費LDO
三井健司兼本大輔毎田 修廣瀬哲也阪大VLD2021-18 ICD2021-28 DC2021-24 RECONF2021-26
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] VLD2021-18 ICD2021-28 DC2021-24 RECONF2021-26
pp.7-12
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-03
14:30
ONLINE オンライン開催 太陽電池混載チップでのCMOS互換回路による電源電圧変動に頑強な温度センサの測定
室原脩人坂野達也木村知也今川隆司越智裕之立命館大VLD2020-74 HWS2020-49
本稿では,オンチップ太陽電池と温度センサが混載された外部部品を用いないCMOSプロセス互換のSoCの実現を目的として,オ... [more] VLD2020-74 HWS2020-49
pp.32-37
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2020-08-06
13:25
ONLINE オンライン開催 極低電圧用チャージポンプ回路
長岡慶一範 公可電通大SDM2020-4 ICD2020-4
近年,環境中に存在するエネルギーから電力を収穫するエネルギーハーベスティングは多くの無線センサーへの電源供給方法として注... [more] SDM2020-4 ICD2020-4
pp.15-18
EMD 2020-03-06
16:35
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 6号館1F 612講義室
(開催中止,技報発行あり)
直流アーク放電の磁気吹き消し効果への磁束密度と開離速度の影響
山内大輝渡辺隼斗澤 孝一郎吉田 清日本工大EMD2019-71
直流コンタクトを用いて開離時アークを発生させ、磁石を電気接点の中心になるように設置し磁界を発生させた状態で、アーク継続時... [more] EMD2019-71
pp.61-64
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-04
13:50
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
LSIの最大消費電力を削減するスタック構造スタンダードセルライブラリ
今井祐貴埼玉大)・西澤真一福岡大)・伊藤和人埼玉大VLD2019-101 HWS2019-74
IoTデバイスの電源に用いられる太陽電池などの環境発電素子は内部抵抗が大きく,LSIの高速動作による大電流により電源電圧... [more] VLD2019-101 HWS2019-74
pp.43-48
HWS, VLD
(共催)
2019-02-27
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 一般同期方式における低電力化のための多電源回路の設計フロー
青木誠孝小平行秀会津大VLD2018-102 HWS2018-65
クロックを各記憶素子に同時に分配することを前提としない一般同期方式では,物理遅延を従来のクロック同期方式である完全同期方... [more] VLD2018-102 HWS2018-65
pp.55-60
HWS, VLD
(共催)
2019-02-28
10:25
沖縄 沖縄県青年会館 薄膜BOX-SOIと基板バイアス制御を用いた低消費電力スタンダードセルメモリの実チップによる評価
真崎 諒吉田有佑芝浦工大)・天野英晴慶大)・宇佐美公良芝浦工大VLD2018-108 HWS2018-71
近年、IoTデバイスが急速に増加している。IoTデバイスの1つであるセンサーノードや小型医療デバイス等、必ずしも高い演算... [more] VLD2018-108 HWS2018-71
pp.91-96
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2018-12-07
09:50
広島 サテライトキャンパスひろしま ブートストラップインバータを用いたRing-VCO
山本晃徳範 公可電通大CPM2018-92 ICD2018-53 IE2018-71
本稿では,65nm SOTB(Silicon on Thin Buried Oxide)プロセスで設計した,ブートストラ... [more] CPM2018-92 ICD2018-53 IE2018-71
pp.21-25
EMD 2018-05-18
13:30
北海道 室蘭工業大学 直流高電圧アーク放電の磁気吹き消しに対する磁束密度と開離速度および電源電圧の影響
吉田 清澤 孝一郎日本工大)・鈴木健司富士電機機器制御EMD2018-2
近年、太陽光発電や電気自動車(EV)などの直流電源を開閉するアプリケーションが急増している。電気接点を開く時に発生する開... [more] EMD2018-2
pp.7-12
EMD 2018-03-02
13:35
埼玉 日本工業大学 直流高電圧のアーク放電に対する磁束密度の影響
梅澤 翼森田暁也澤 孝一郎吉田 清日本工大EMD2017-59
近年,太陽光発電や電気自動車(EV)など,直流高電圧,大電流を使用する機器が増加している。回路を確実に遮断するのが電気接... [more] EMD2017-59
pp.9-12
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-15
10:10
沖縄 アートホテル石垣島 A Low Power Quadrature Voltage Controlled Oscillator (QVCO) Using Only One Coupled-Inductor
Dongsheng YangYifan WangXin ZhangYosuke IshikawaYuya TatsumotoHiroyuki ItoShiro DoshoNoboru IshiharaKazuya MasuTITECHCAS2017-103 ICD2017-91 CPSY2017-100
 [more] CAS2017-103 ICD2017-91 CPSY2017-100
pp.155-157
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
13:00
熊本 くまもと県民交流館パレア 自己校正可能な低電源電圧動作ヒステリシスコンパレータ
齋藤 匠小松 聡東京電機大CPM2017-80 ICD2017-39 IE2017-65
低電源電圧で動作し、オフセット電圧の自己校正が可能なヒステリシスコンパレータ回路を提案した。提案
回路は校正用のMOS... [more]
CPM2017-80 ICD2017-39 IE2017-65
pp.3-7
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2017-06-20
15:10
新潟 新潟大学五十嵐キャンパス 中央図書館ライブラリーホール 太陽電池混載チップ向けCMOS互換温度・照度センサ
坂野達也木村知也今川隆司越智裕之立命館大CAS2017-22 VLD2017-25 SIP2017-46 MSS2017-22
本研究では,オンチップ太陽電池と温度センサが混載された外付け部品を使用しない CMOS 互換のセンサ チップの実現を目的... [more] CAS2017-22 VLD2017-25 SIP2017-46 MSS2017-22
pp.113-118
DC 2017-02-21
10:55
東京 機械振興会館 電源ネットワークに対するIR-Dropの影響範囲特定に関する研究
宮瀬紘平濱崎機一九工大)・ザウアー マティアスフライブルク大)・ポリアン イリアパッサウ大)・ベッカー ベルンドフライブルク大)・温 暁青梶原誠司九工大DC2016-75
LSIの微細化や低消費電力化はLSIテストを非常に困難にしている.今後のさらなる微細化は配線幅の縮小を可能にし,低消費電... [more] DC2016-75
pp.7-10
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-31
15:00
広島 みやじま杜の宿(広島) 時間計測アプリケーションに向けた超低電力フルオンチップ電流比較型RC発振器
浅野大樹廣瀬哲也椿 啓志三好太朗尾崎年洋黒木修隆沼 昌宏神戸大EMD2016-85 MR2016-57 SCE2016-63 EID2016-64 ED2016-128 CPM2016-129 SDM2016-128 ICD2016-116 OME2016-97
本稿では,製造プロセスのばらつき,電源電圧の変動,そして温度変化 (PVT ばらつき) に対して安定であり,小面積で低電... [more] EMD2016-85 MR2016-57 SCE2016-63 EID2016-64 ED2016-128 CPM2016-129 SDM2016-128 ICD2016-116 OME2016-97
pp.81-86
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]電流増幅器を用いた低電力広帯域VGAの検討
広瀬倖司金子 徹木邨友弥宮原正也松澤 昭東工大ICD2016-88 CPSY2016-94
近年の通信トラヒックの増加に伴い、Gbps級の通信が必要とされている。本研究では、広帯域無線通信に用いられる広帯域VGA... [more] ICD2016-88 CPSY2016-94
p.109
SDM 2016-11-10
13:30
東京 機械振興会館 [招待講演]センサーネットワーク時代の低エネルギーSOIデバイスの展開可能性と見通し
大村泰久関西大SDM2016-81
本稿では、SOI TFETを含むいろいろなSOIデバイスの性能の特徴と見通しを議論する。埋め込み医療デバイスやセンサー・... [more] SDM2016-81
pp.15-22
MW
(第二種研究会)
2016-06-09
- 2016-06-11
海外 KMUTNB(タイ・バンコク) An ultra-low-power RF-impulse transmitter with robustness to supply-voltage variation
Takayoshi ObaraYosuke IshikawaSho IkedaHiroyuki ItoNoboru IshiharaShiro DoshoKazuya MasuTokyo Tech
This paper proposes an ultra-low-power RF-impulse transmitte... [more]
ASN
(第二種研究会)
2015-12-04
14:35
海外 Singapore Management University, Singapore The Power Flow Coloring: Giving a Unique ID to a Power Flow from a Specific Power Source to a Specific Power Load
Saher JavaidYuhei KuroseTakekazu KatoTakashi MatsuyamaKyoto University
Nano-grid (NG) finds feasibility for integrating distributed... [more]
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-02
17:10
長崎 長崎県勤労福祉会館 論理回路の極低電力動作を実現する基板バイアス発生回路
小出知明石橋孝一郎電通大)・杉井信之超低電圧デバイス技研組合CPM2015-134 ICD2015-59
近年、トランジスタの微細化が進んだことに伴い動作時の電力増加が課題になっている。本研究では65nmSOTB(Silico... [more] CPM2015-134 ICD2015-59
pp.39-43
 109件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会