お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT, AP
(併催)
2021-01-22
11:10
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]LSTMを用いた2-26GHz帯の電波伝搬損失変動予測
佐々木元晴久野伸晃中平俊郎猪又 稔山田 渉守山貴庸NTTAP2020-112
深層学習としてLong Short-Term Memory(LSTM)を用いた電波伝搬損失の変動予測手法について報告する... [more] AP2020-112
pp.50-55
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
09:45
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
低ランク・スパース近似のDNN表現と学習 ~ 自然呼吸下X線血管造影への応用 ~
三好亮平酒井智弥長崎大)・大西 峻羽石秀昭千葉大PRMU2019-91
低ランク・スパース近似またはロバスト主成分分析は,線形従属な特徴と希少な特徴が混合している時系列データの情報処理に適して... [more] PRMU2019-91
pp.133-138
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
10:10
沖縄 宮古島マリンターミナル Optimal Transport based Autoencoder for class and style Disentanglement
Florian TambonTetsuo FurukawaKyutechNC2019-62
The Sinkhorn autoencoder is a novel generative model using o... [more] NC2019-62
pp.17-22
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-17
09:15
香川 高松センタービル 辞書データに基づくライブ映像配信中のパケットロス予測技術
甲斐夏季吉田裕志二瓶浩一金友 大里田浩三NECNS2017-122
近年,モバイルネットワークを介したライブ映像配信が広がりつつある.
しかし,不安定な電波状態やクロストラフィックにより... [more]
NS2017-122
pp.61-66
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-17
10:45
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) ブリルアン散乱を用いた損失測定のための周波数掃引パルスによる音響波励起過程の検討
高橋 央戸毛邦弘鬼頭千尋真鍋哲也NTTOFT2016-52 OPE2016-169
我々は、分岐光ファイバの損失測定等において、パルス同士のブリルアン散乱を用いた光ファイバ損失測定法を提案している。実線路... [more] OFT2016-52 OPE2016-169
pp.39-44(OFT), pp.49-54(OPE)
IT, EMM
(共催)
2016-05-20
11:05
北海道 小樽経済センター VF符号から抽出される漸近十分統計量を用いた二段階VVユニバーサル符号の構築
有村光晴湘南工科大)・長岡浩司電通大IT2016-13 EMM2016-13
本稿では,十分統計量とVV符号のユニバーサル性VF符号の関連を示す定理を提示する.この定理を用いることで,VF符号から抽... [more] IT2016-13 EMM2016-13
pp.75-80
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2015-10-23
14:20
宮城 東北大学 片平キャンパス さくらホール 単導体線路の端点で生成される電界を用いた自己誘導電流による放射損失の表現
木村琢也久門尚史松嶋 徹和田修己京大EMCJ2015-78 MW2015-117 EST2015-88
本稿では単導体線路の放射による損失を考慮した回路モデルを提案する.通常の回路モデルでは電流と電圧を変数とするが,提案モデ... [more] EMCJ2015-78 MW2015-117 EST2015-88
pp.117-122
CPM, OPE, LQE, R, EMD
(共催)
2015-08-28
15:50
青森 青森県観光物産館アスパム 分岐光線路における損失変動検出方法に関する研究(5)
遠藤隆昭長瀬 亮千葉工大R2015-48 EMD2015-56 CPM2015-72 OPE2015-87 LQE2015-56
分岐光線路における損失変動から損失の発生した位置,経路,損失量を推定する手法を提案する.分岐した先のファイバ長さに差をつ... [more] R2015-48 EMD2015-56 CPM2015-72 OPE2015-87 LQE2015-56
pp.125-128
OFT, OCS
(併催)
2015-08-28
10:50
北海道 小樽経済センター 実線路における遠端反射ブリルアン利得解析法を用いた分岐下部モニタリングの実証
鬼頭千尋高橋 央戸毛邦弘真鍋哲也NTTOFT2015-23
我々は,所外光アクセス網を構成するPONについて,分岐下部心線の遠隔故障探索技術の確立を目指し,既存光アクセス網に一切変... [more] OFT2015-23
pp.39-42
AP 2015-04-23
16:00
沖縄 石垣島 大濱信泉記念館 多目的ホール 車車間通信環境における道路幅方向送受信位置変化の伝搬損失特性への影響
小澤和生岩井誠人笹岡秀一同志社大AP2015-18
車車間通信環境を対象とした伝搬損失モデルの検討が行われているが,これらのモデルは伝搬損失を道路進行方向距離のみの関数とし... [more] AP2015-18
pp.89-94
CAS 2014-02-07
11:00
神奈川 日本丸訓練センター An Electricity Flow Optimization Problem for Effective Operation of Storage Devices in Microgrid
Hidenobu AokiNorihiko ShinomiyaSoka Univ.CAS2013-84
本研究では,再生可能エネルギーによる余剰電力対策として注目されている蓄電池に着目し,余剰電力を活用して複数のバックアップ... [more] CAS2013-84
pp.59-62
AP, SAT
(併催)
2013-07-23
14:55
北海道 サン・リフレ函館 人体影響低減のための携帯電話用内蔵アンテナの設計法
昆 輝新井宏之横浜国大)・高瀬 実スタッフAP2013-49
携帯端末使用者の手部から受ける放射効率の劣化影響低減を目的に,本報告は給電点および素子終端の位置について検討を行った.
... [more]
AP2013-49
pp.19-22
AP 2012-01-19
10:15
福岡 九州工業大学 ウェーブレット解析に基づく伝搬損失推定モデルの精度評価法の提案
今井哲朗NTTドコモAP2011-161
これまで,伝搬損失を推定するための多くのモデルが提案されている.一般的にモデルの推定精度は平均化された実測値との比較より... [more] AP2011-161
pp.85-90
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2011-11-17
17:45
島根 島根大学 単一複屈折媒質を用いた偏波依存損失補償
立田光廣小澤 慶千葉大OFT2011-52
光デバイスには偏波依存損失 (PDL)をもつものがあり、長距離光通信や光計測に際してこのことが弊害となる。PDL補償につ... [more] OFT2011-52
pp.29-32
PN 2011-11-07
14:00
東京 東京工業大学 手島精一記念会議室 リアルタイム系通信における片道パケット遅延時間変動の推定法
青木 誠サイバー創研)・大木英司電通大PN2011-23
本稿は、VoIP 等リアルタイム系通信におけるパケット遅延時間変動をGPS 等の外部のクロック同期機能を用いず、測定対象... [more] PN2011-23
pp.1-6
OFT 2011-01-27
14:30
長崎 長崎県勤労福祉会館 並列光伝送を考慮したHAF構造の検討
加島宜雄芝浦工大OFT2010-50
クラッド部に空孔を有するHAF(hole assisted fiber)を用いたテープ心線を用いて並列光ファイバ伝送する... [more] OFT2010-50
pp.15-19
AP 2010-04-09
14:25
京都 同志社大学 車車間通信におけるUHF帯伝搬損失特性の道路路面違い検討
家田清一村上裕一井奈波 恒藤本真吾押田拓郎アイシン精機AP2010-7
安全運転支援システムを実現するために,路車・車車間通信システムが期待されている.これらシステムの通信品質を保つために事実... [more] AP2010-7
pp.31-34
AP 2008-12-11
13:00
東京 機械振興会館 市街地交差点越え車々間通信環境における伝搬損失特性の実験的評価
菅江一平同志社大)・丹羽栄二蔡 晟蔚トヨタIT開発センター)・岩井誠人同志社大)・木津雅文トヨタIT開発センター)・笹岡秀一同志社大AP2008-140
本稿では,市街地交差点越えの車々間通信環境において,道路幅および送受信点から交差点までの距離を変化させた環境において取得... [more] AP2008-140
pp.1-6
NS, IN
(併催)
2008-03-06
11:10
沖縄 万国津梁館(沖縄) End-to-End計測による有向区間状態の推定ツール
坂井裕樹鶴 正人尾家祐二九工大NS2007-138
インターネットでは,輻輳や一時的障害から来るパケットロスや遅延変動によって,ユーザの通信品質が劣化することがしばしば起き... [more] NS2007-138
pp.49-52
ISEC, IT, WBS
(共催)
2008-02-29
13:25
東京 電気通信大学 スライド窓を用いた反辞書データ圧縮法
太田隆博長野県工科短大)・森田啓義電通大IT2007-68 ISEC2007-165 WBS2007-99
反辞書とは,入力系列に現れない極小系列の集まりであり,これを確率モデルとして用いた動的な無ひずみデータ圧縮法(動的反辞書... [more] IT2007-68 ISEC2007-165 WBS2007-99
pp.127-132
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会