お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
09:25
ONLINE オンライン開催 パリティチェックの配置による枝刈りを用いたPolar符号の逐次除去リスト復号
大木湧介柴田 凌八嶋弘幸東京理科大IT2020-112 ISEC2020-42 WBS2020-31
本研究では,送信情報の中に偶数パリティチェック条件を満たすようにpruning bitを加えPolar符号化を行い, 逐... [more] IT2020-112 ISEC2020-42 WBS2020-31
pp.1-6
IT 2020-12-03
09:50
ONLINE オンライン開催 Multi-Kernel Polar符号のkernel順序と復号性能の関係
樋口智大大木湧介柴田 凌八嶋弘幸東京理科大IT2020-46
本研究では,Multi-Kernel Polar符号の生成行列を構成する際のkernel順序と復号性能の関係をガウス近似... [more] IT2020-46
pp.123-128
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-11
16:05
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 2種類の新しい安全性基準に基づくシャノン暗号における符号化定理
菊池 駿古賀弘樹筑波大IT2013-95 ISEC2013-124 WBS2013-84
本稿では定常無記憶情報源から出力される長さ$n$の平文が事前に共有された鍵を用いて暗号文に符号化される状況を考える.
... [more]
IT2013-95 ISEC2013-124 WBS2013-84
pp.261-268
IT 2004-09-17
13:50
大阪 大阪産業大学 LDPC符号の確率的な重み分布導出法
廣友雅徳毛利公美森井昌克徳島大
LDPC符号はsum-product復号法を用いて復号することで優れた復号特性を示す.その復号特性はSN比が高域において... [more] IT2004-45
pp.41-46
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会