お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
13:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Linuxが動作するRISC-Vコンピュータシステムの設計とVerilog HDLによる実装
三浦順也宮崎広夢吉瀬謙二東工大VLD2019-72 CPSY2019-70 RECONF2019-62
RISC-Vはカリフォルニア大学バークレー校で開発された命令セットアーキテクチャであり,RISC-Vを使用したプロセッサ... [more] VLD2019-72 CPSY2019-70 RECONF2019-62
pp.117-122
IA 2019-09-05
14:30
北海道 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 1階 W102 Linux kernelにおけるStorm controlの応用と評価
椎葉瑠星慶大)・中村 遼空閑洋平東大)・鈴木茂哉慶大IA2019-11
Linuxは汎用のオペレーティングシステム(OS)としてだけではなく,
ネットワーク間の接続を行うスイッチやルータのO... [more]
IA2019-11
pp.7-10
RECONF 2019-05-10
11:15
東京 東工大蔵前会館 FPGA/CPU混載型SoCを用いたソフトウェア・ハードウェア協調システムの開発事例 ~ Ultra96を用いたJulia set explorerの実装 ~
佐藤健太佐藤幸紀豊橋技科大RECONF2019-13
近年,Xilinx社のZynqやIntel社のSoC FPGAに代表される,FPGAとプロセッサ,およびその周辺回路を一... [more] RECONF2019-13
pp.67-72
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2017-07-26
14:00
秋田 秋田アトリオンビル(秋田) 耐ビザンチンフォールトシステムの実装方式に関する一考察
七尾 健石川雄大今井 雅弘前大DC2017-17
フォールトトレラントシステムとは、故障が発生しても障害を発生させないシステムのことである。分散システムにおける基本的なビ... [more] DC2017-17
pp.7-12
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
14:00
沖縄 具志川農村環境改善センター Dockerを用いた提供自由度を拡大するスマートコミュニティサービスの共通APIアーキテクチャ
三浦立輝西 宏章慶大CPSY2016-154 DC2016-100
スマートコミュニティの普及に伴うサービス実行基盤の多様化に加え,処置遅延・匿名性・計算コスト・データ量といった要求事項の... [more] CPSY2016-154 DC2016-100
pp.351-356
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
11:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 侵入防御のためのプロセス活動リンク付方式に向けた初期的検討
都丸裕大橋本正樹田中英彦情報セキュリティ大ICSS2015-61
近年,標的型攻撃などのマルウェア対策としてC&Cサーバとの通信やファイルの作成,実行などをブラックリストやシグネチャとし... [more] ICSS2015-61
pp.83-88
SS, MSS
(共催)
2016-01-26
13:45
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB Elastic WLAN System Model and Its Implementation on Linux-PC
Md. Ezharul IslamNobuo FunabikiMinoru KuribayashiOkayama Univ.MSS2015-61 SS2015-70
In a wireless local-area network (WLAN) system, redundant ac... [more] MSS2015-61 SS2015-70
pp.147-152
ICSS 2015-11-27
14:15
福島 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 論理型言語による強制アクセス制御の実用的な実装に向けて
橋本正樹滝澤峰利情報セキュリティ大)・高山扶美彦情報技研)・辻 秀典田中英彦情報セキュリティ大ICSS2015-44
SELinuxはシステム侵害後の被害拡大を抑止できる点で有用であるが,ポリシ記述の簡単化はもとより,ポリシの可読性や保守... [more] ICSS2015-44
pp.55-60
IN, NV
(併催)
2015-07-17
10:15
北海道 北海道大学 Linuxカーネルを用いたネットワーク機能の接続関係の分析
宮川裕考荒川伸一村田正幸阪大IN2015-32
現在のインターネットのプロトコルスタックは砂時計型であると言われており、 IP および TCP / UDP が固定的に利... [more] IN2015-32
pp.55-60
SS 2015-05-12
10:15
熊本 熊本大学 Linuxディストリビューションにおけるパッチの適用過程の復元に向けて
金 勇藤原賢二飯田 元奈良先端大SS2015-12
Linux には様々なディストリビューションが存在し,ユーザは各ディストリビューションがパッケージ単位で配布しているソフ... [more] SS2015-12
pp.59-62
ET 2015-01-31
15:45
東京 目白大学 Linuxマイコンを用いた組込みVPNによる超小型センサ情報遠隔監視システムの開発と教育への応用
柴田幸司花田一磨・○飯野真弘武 美里赤塚優磨八戸工大ET2014-83
筆者らはARM-LinuxマイコンであるRaspberry Piと3.9Gの携帯電話網に接続可能なUSBモデムの組み合わ... [more] ET2014-83
pp.63-68
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2014-11-13
09:00
高知 高知市文化プラザかるぽーと NFVにおける、Hypervisor上でのネットワーク機能の実時間性確保方法
浅野祐喜石谷和久山下康治NTTNS2014-128
近年、通信キャリアのネットワーク機能をソフトウェア化し、大容量の汎用サーバ上に集約する構想”NFV”がETSIを中心に議... [more] NS2014-128
pp.1-6
ET 2014-11-01
15:00
鹿児島 鹿児島大学 サーバ管理者養成を目的とした学習環境の構築 ~ Webサーバ構築を例とした学習 ~
星野裕樹納富一宏西村広光示野浩士神奈川工科大ET2014-56
大学生を対象としたサーバ管理者養成において,ネットワークやシステム管理を学ぶ上で重要な点は学習者への適切な実習環境の提供... [more] ET2014-56
pp.23-28
NS, IN
(併催)
2014-03-07
14:30
宮崎 宮崎シーガイア 異種無線Link AggregationにおけるTCPパケット順序逆転の影響解析
川崎 健須加純一小島祐治武智竜一富士通研NS2013-276
LTEと無線LANのような異種アクセスを利用したリンクアグリゲーションでは,2つのリンクの伝播遅延時間差により,両者に振... [more] NS2013-276
pp.579-584
CQ 2014-01-24
10:50
東京 東京都市大学 Exploring the Capability of Linux Ethernet Bonding from the Application Perspective
Hoang Tran VietToan Nguyen DucHanoi Univ. of Science and Tech.)・Kien NguyenQuang Tran MinhShigeki YamadaNIICQ2013-71
Linux Ethernet bonding is a feature that allows grouping mul... [more] CQ2013-71
pp.23-28
CPSY 2013-11-08
15:05
広島 広島大学 フラッシュ向けLinuxスワップシステムの評価
丹 英之アルファシステムズ/JST)・緑川博子成蹊大/JSTCPSY2013-50
物理メモリサイズを超えるプロセスの実行を目的とし,フラッシュストレージ向けに提案されたLinuxスワップシステムの有効性... [more] CPSY2013-50
pp.61-66
SC 2013-06-17
16:15
東京 国立情報学研究所 Experiences from Measuring Per-Packet Cost of Sofware Defined Networking
Marat ZhanikeevKyutechSC2013-6
SDN is almost universally accepted today as the next default... [more] SC2013-6
pp.31-34
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-21
09:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 無線メッシュネットワークのための固定バックオフ時間切替方式のLinux実装設計
スリツールスタ スカリドト舩曵信生中西 透渡邊 寛岡山大)・田島滋人阪大NS2012-67
本グループでは,柔軟で安価な大規模インターネットアクセスネットワークとして,{\em 無線メッシュネットワークWIMNE... [more] NS2012-67
pp.83-88
CPSY 2011-10-21
11:00
兵庫 神戸大学大学院 32/64bitカーネル混載方式の実現
中原大貴乃村能成谷口秀夫岡山大CPSY2011-29
64bit CPUの普及に伴い,OSも64bit化が進んでいる.64bit OSの下で走行するソフトウェアは,広大なアド... [more] CPSY2011-29
pp.25-30
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2011-10-14
14:15
北海道 稚内総合文化センター AR/MRデモンストレーションの再現性を保証するソフトウェア環境の構築 ~ Casper Cartridgeプロジェクト ~
林 将之北原 格亀田能成大田友一筑波大MVE2011-50
拡張現実感や複合現実感の研究デモンストレーションにおいて,同一のハードウェア条件であれば同一のパフォーマンス実施を保証で... [more] MVE2011-50
pp.103-108
 47件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会