お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 206件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2022-03-02
09:30
ONLINE オンライン開催 擬似位相整合二オブ酸リチウム光導波路を用いた全光スイッチの特性
阿部元気宮内亮一福地 裕東京理科大
本研究では、擬似位相整合二オブ酸リチウム光導波路デバイスにおける第二高調波発生と差周波混合のカスケード効果を用いた全光学... [more] PN2021-69
pp.86-91
SR 2022-01-24
17:30
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]ソフトウェア無線機USRPのための単位サンプル未満粒度の遅延の実現例
佳山隼也山田洋士石川高専)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2021-68
$rm{sinc}( )$関数のサンプリングにより得られたインパルス応答により,整数サンプル遅延と単位サンプル未満の粒度... [more] SR2021-68
pp.43-45
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-22
10:55
ONLINE オンライン開催 非線形振動子の引き込み現象における大域的な位相分布生成のための最適化
加藤 譲中尾裕也東工大NLP2021-100 MICT2021-75 MBE2021-61
本稿では,位相縮約理論と非線形計画法に基づいて,周期入力と振動子との同期現象において,大域的な位相分布を制御するための周... [more] NLP2021-100 MICT2021-75 MBE2021-61
pp.125-128
ED, THz
(共催)
2021-12-20
14:55
宮城 東北大学・電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]マイクロ光コムを利用した低位相雑音テラヘルツ波発生
鐵本智大情報通研)・永妻忠夫阪大院)・Martin Fermannイムラ)・Gabriele NavickaiteMichael Geiselmannライジェンテック)・Antoine RollandイムラED2021-51
無線通信の継続的な利用周波数拡大等の要求に応えるため,300 GHz帯における低位相雑音発振器の必要性が増している.10... [more] ED2021-51
pp.16-19
QIT
(第二種研究会)
2021-11-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]連続測定を用いた量子非線形振動子の同期解析
安達雄飛加藤 譲中尾裕也東工大
本研究では,量子連続測定を用いて,量子 van der Pol 振動子と調和外力との量子同期現象を解析する。量子連続測定... [more]
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2021-11-18
11:45
ONLINE オンライン開催 入力信号の確率密度とAM-AM特性を用いたRF電力増幅器の歪み解析
田中 聡村田製作所CAS2021-43 MSS2021-23
PA(power amplifier)の設計で歪みの代表的な指標であるACLR(adjacent channel lea... [more] CAS2021-43 MSS2021-23
pp.34-39
CCS 2021-11-18
15:35
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数の区分的アファイン振動子に対する同期法と同期可能条件
甲斐健也東京理科大)・大月香帆横河ソリューションサービス)・知久真吾三菱重工CCS2021-21
本研究では,複数個の区分的アファイン振動子に対して,初期速度と同期速度が指定可能な同期手法を提案する.特に,振動子内のパ... [more] CCS2021-21
pp.20-25
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2021-11-19
13:50
ONLINE オンライン開催 アナログ光ファイバ無線における自己位相変調による分散誘起フェージング補償に関する実験的検討
奥主健人カーリヤワサム アミラ前田譲治東京理科大OCS2021-32
光ファイバ無線伝送における分散誘起のフェージングによるペナルティは, ファイバの異常分散領域においてはファイバ伝送中の自... [more] OCS2021-32
pp.21-26
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2021-08-27
10:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]集積光周波数コムを用いた光参照低ノイズ300GHzミリ波発生
鐵本智大イムラ)・永妻忠夫阪大)・Martin Fermannイムラ)・Gabriele NavickaiteMichael GeiselmannLIGENTEC)・Antoine RollandイムラR2021-22 EMD2021-3 CPM2021-12 OPE2021-23 LQE2021-2
無線通信における継続的な利用周波数拡大等の動きに刺激され,300 GHz帯における低位相雑音発振器への関心が高まっている... [more] R2021-22 EMD2021-3 CPM2021-12 OPE2021-23 LQE2021-2
pp.4-7
EA, ASJ-H
(共催)
2021-07-15
09:55
ONLINE オンライン開催 音メディアの処理における標本化周波数の変換と再標本化の検討について ~ 拡張された時間伸長パルスに基づく複数経路同時測定法の応用 ~
河原英紀和歌山大)・天野成昭愛知淑徳大EA2021-2
最近のディジタル機器では、音声素材の標本化周波数の違いを利用者が意識せずに済むように、自動的に標本化周波数の変換が行われ... [more] EA2021-2
pp.6-9
SIP, CAS, VLD, MSS
(共催)
2021-07-06
13:55
ONLINE オンライン開催 携帯電話端末用電力増幅器のAM-AM/PM特性と歪の一考察
田中 聡村田製作所CAS2021-16 VLD2021-16 SIP2021-26 MSS2021-16
5G(第5世代)携帯電話では,PAPR(peak to average power ratio)の大きなQAM (qua... [more] CAS2021-16 VLD2021-16 SIP2021-26 MSS2021-16
pp.81-86
CCS 2021-03-29
13:50
ONLINE オンライン開催 2個の区分的アファイン振動子に対する同期法と同期条件 ~ 初期速度と同期後速度が指定可能の場合への拡張 ~
大月香帆甲斐健也知久真吾東京理科大CCS2020-23
本研究では,2個の区分的アファイン振動子に対して,初期速度と同期速度が指定可能な同期手法を提案する.特に,振動子内のパラ... [more] CCS2020-23
pp.13-18
PN 2021-03-01
16:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]ブリルアン散乱に基づく分布型光ファイバセンサの高性能化
水野洋輔横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大PN2020-47
光ファイバに沿った任意の位置で歪や温度を測定できるセンサを「分布型光ファイバセンサ」と呼ぶ。ビルの内壁やトンネル、ダム、... [more] PN2020-47
pp.30-37
EMT, MWP, PN
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2021-01-21
15:45
ONLINE オンライン開催 [招待講演]窒化シリコンマイクロリング共振器を用いたKerr周波数コム発生とモード間隔周波数測定
古澤健太郎関根徳彦笠松章史NICTPN2020-38 EMT2020-56 MWP2020-39
連続波狭線幅レーザで励起された高 Q 値微小共振器において発生する Kerr 周波数コムは、従来は困 難であった 100... [more] PN2020-38 EMT2020-56 MWP2020-39
pp.46-49
SeMI 2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]主成分分析を用いたバックスキャッタ信号位相角の高精度な推定 ~ シミュレーションと実験実証 ~
岩崎友哉三次 仁慶大SeMI2020-56
バックスキャッタ信号の復調や位置推定に用いるキャリア位相角推定では,これまで線形回帰をベースとした推定量が用いられてきた... [more] SeMI2020-56
pp.75-83
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2020-06-18
10:50
ONLINE オンライン開催 RF電力増幅器のAM-AM/PM特性の検討
田中 聡村田製作所CAS2020-3 VLD2020-3 SIP2020-19 MSS2020-3
5G(第5世代)携帯電話では変調帯域が100~400 MHzと広帯域化されるとともに,DC (Dual Connecti... [more] CAS2020-3 VLD2020-3 SIP2020-19 MSS2020-3
pp.11-16
US 2020-04-27
13:55
ONLINE オンライン開催 局所的非線形音響相互作用に基づく遠隔3次元スポット音場計測
中西正寛長谷川圭介奈良高明東大US2020-2
音場計測手法として主なものにマイクロフォンアレイの利用があるが,大きさを持つ有限個の素子による計測であることから,空間的... [more] US2020-2
pp.7-12
EA 2019-12-12
15:25
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) 小型マイクロフォンアレイを用いた非線形ビームフォーマの性能評価
岡 遼太郎水町光徳九工大EA2019-72
ビームフォーミングは、劣悪な音環境における雑音除去除去の代表的な手法の一つである。古典的なビームフォーマは、解析的に指向... [more] EA2019-72
pp.45-50
EA, EMM
(共催)
2019-11-23
11:10
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス(野々市市) [招待講演]Velvet noiseと周波数領域Velvet noise ~ 偶然から生まれた奇妙な信号が音と聴覚の再考を促す ~
河原英紀和歌山大EA2019-65 EMM2019-93
白色雑音よりも滑らかに感じられることで『Velvet noise』と名付けられた信号は、1と-1を疎にランダムに配置する... [more] EA2019-65 EMM2019-93
pp.69-74
SIP 2019-08-29
14:45
東京 東京理科大学 葛飾キャンパス講義棟304 多項式係数の削減を考慮した阻止域可変直線位相FIRフィルタの有限語長設計法の検討
宮田統馬サレジオ高専)・○相川直幸東京理科大SIP2019-41
本稿では多項式係数の削減を考慮した,阻止域の一部に高い減衰量を持つ阻止域の特性が可変な直線位相可変FIRフィルタの有限語... [more] SIP2019-41
pp.11-16
 206件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会