電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 60件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SAT
(併催)
2019-08-23
10:20
愛知 名古屋大学 Blockage Detection and User Association in mmWave Networks
Yuva Kumar S.Tomoaki OhtsukiKeio Univ.
 [more] RCS2019-163
pp.91-96
WPT 2019-06-10
14:35
北海道 北海道大学 百年記念会館 高効率な見通し外無線電力伝送実現のための金属パッチで構成された反射板に関する基礎検討
山本綱之長安竜之介久保 洋藏田康弘山口大
電力を無線で送電する技術である無線電力伝送において, 送信点と受信点との間に障害物等があり, 見通し外となる場合がある.... [more] WPT2019-13
pp.15-18
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2019-05-23
15:10
鹿児島 奄美市社会福祉センター [ポスター講演]見通し外ドローン運用のための169MHz帯無線システムの開発
加川敏規小野文枝単 麟三浦 龍児島史秀NICT
現在我が国では,災害対応やインフラ点検への応用を目指したドローンの研究開発が盛んに行われている.これらドローンは操縦者か... [more] SeMI2019-8
pp.109-112
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
11:20
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]超高速無線伝送実現に向けたOAM-MIMO多重伝送技術の研究開発と実験評価
笹木裕文八木康徳加保貴奈山田貴之李 斗煥清水敬司NTT
無線モバイルバックホール等のPoint to Point(P2P)無線伝送システムの大容量化にむけ,電磁波の軌道角運動量... [more] SR2018-140
pp.111-116
AP 2019-02-21
13:30
大阪 住友電工(大阪製作所) [依頼講演]モーターによる素子回転を利用したラジアルライン給電ヘリカルフェーズドアレーの設計
中本成洋鈴木雄将山口 聡深沢 徹米田尚史宮下裕章三菱電機
高効率・高利得な平面アレーとして,ラジアルライン給電ヘリカルアレーが提案されており,素子回転角を調整して配置し,ビームチ... [more] AP2018-171
pp.7-12
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
12:10
広島 尾道市民会館 OAM(軌道角運動量)多重伝送のMIMO伝送との等価性と特長について
太郎丸 真福岡大
OAM: orbital angular momentum(軌道角運動量)多重伝送は光通信への適用が先に提案され,近年は... [more] RCS2018-222
pp.37-40
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-07
13:00
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 920MHz帯マルチホップ無線通信システムを用いたドローン制御およびセンサデータ伝送の実証実験
加川敏規小野文枝単 麟三浦 龍NICT)・中臺一博東工大)・干場功太郎神奈川大)・公文 誠熊本大)・奥乃 博早大)・加藤 晋産総研)・児島史秀NICT
現在我が国では,災害対応やインフラ点検等への応用を目指しロボットや無人航空機(ドローンなど)の研究開発が盛んに行われてい... [more] WBS2018-66 ITS2018-49 RCC2018-97
pp.217-221
SR 2018-10-31
10:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Performance analysis of Two elements Adaptive Array Antenna based on Weights and Space Control
Yoshimasa KimotoKenta UmebayashiTUAT)・Antti TolliJarkko KalevaUoO
Adaptive Array Antenna based on weight control (AAA-W) which... [more] SR2018-81
pp.51-56
SAT, RCS
(併催)
2018-08-10
09:25
岩手 岩手大学 携帯端末を利用したリレー型GPSにおける見通し率の検討
村井宣文早川俊成杉山隆利工学院大
近年,GPS(Global Positioning System)を用いたサービスが広く普及しているが,都市部などの障害... [more] SAT2018-40
pp.61-66
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-12
10:55
北海道 函館アリーナ [ポスター講演]空間相関に基づくアンテナ選択型アレーアンテナにおける効率的な選択法の検討
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti Tolliオウル大
アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によっ
て決定される.一方でア... [more]
RCC2018-50 NS2018-63 RCS2018-108 SR2018-47 ASN2018-44
pp.111-117(RCC), pp.117-123(NS), pp.129-135(RCS), pp.121-127(SR), pp.127-133(ASN)
AP
(第二種研究会)
2018-05-30
13:45
海外 The Univ. of Da nang, Sci. and Tech. Applications of the Segmented Coplanar Waveguide for On-body Links
Tran Thi LanHiroyuki AraiYokohama National Univ.
Transmission characteristic improvement for links on body at... [more]
SR 2018-01-25
14:15
福岡 福岡大学 重み及び素子間隔制御に基づくアダプティブアレーアンテナの一検討
木本圭優梅林健太東京農工大)・Antti TolliUoO
M 素子と MRF 回路を備えたアダプティブアレーアンテナでは,M 素子の重みを適切に制御することで M − ... [more] SR2017-96
pp.15-22
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
15:45
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 見通し外での高信頼ドローン運用のための169MHz帯/920MHz帯切換え型マルチホップ制御通信システムの開発
加川敏規小野文枝単 麟三浦 龍NICT)・加藤 晋産総研)・児島史秀NICT
現在我が国では,災害対応,インフラ点検や物流等への応用を目指しロボットや無人航空機(ドローンなど)の研究開発が盛んに行わ... [more] WBS2017-83 ITS2017-60 RCC2017-99
pp.275-278
AP, RCS
(併催)
2017-11-08
14:55
福岡 福岡大学 [依頼講演]LOS伝搬パラメータの推定値を用いたARモデルによるLOS環境チャネル推定
瀬戸口直人中林寛暁長 敬三千葉工大
MIMO通信において,チャネル状態情報のフィードバック遅延は,伝送性能の低下の要因とされており,その劣化の改善技術として... [more] AP2017-117 RCS2017-214
pp.49-54(AP), pp.53-58(RCS)
AP, RCS
(併催)
2017-11-09
15:50
福岡 福岡大学 [依頼講演]5Gバックホール向け見通し内MIMO通信のアンテナ配置に関する一検討
内田大輔依田大輝秋田耕司旦代智哉東芝
近年,第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており,無線バックホールへの期待も高まっている.本報告では,... [more] AP2017-131 RCS2017-236
pp.125-130(AP), pp.181-186(RCS)
RCS 2017-10-20
14:50
宮城 東北工業大学 [依頼講演]5Gバックホール向け無線通信の高速化に対する取り組み
秋田耕司依田大輝内田大輔旦代智哉東芝
今後拡大が見込まれる第5世代移動無線通信システム(5G) では、10Gbpsを超える超高速伝送が実現される見込みである。... [more] RCS2017-197
pp.161-165
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-07
15:50
宮城 東北大学 電気通信研究所 [招待講演]固定翼型小型無人機を活用した災害時の通信確保に向けた取り組みとマルチロータ機への展開
三浦 龍小野文枝加川敏規単 麟滝沢賢一李 還幇児島史秀NICT
無人航空機(以下,無人機)はドローンやUAVとも呼ばれ,ホビー用,業務用の両面においてここ数年で急速に普及しつつある.現... [more] NS2017-75 IN2017-27 CS2017-45
pp.25-30(NS), pp.25-30(IN), pp.19-24(CS)
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-21
11:55
北海道 北海道大学 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMO実現に向けた28GHz帯見通し環境下の電波伝搬実験
中川兼治内田 繁石岡和明中村浄重岡崎彰浩三菱電機)・佐藤 圭須山 聡増野 淳奥村幸彦NTTドコモ)・岡村 敦三菱電機
高周波数帯を活用した第5 世代移動通信システム(5G) が検討されており, 周波数利用効率を向上させる技術としてMass... [more] RCS2017-137
pp.227-232
RCC 2017-01-27
13:55
神奈川 情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク総合研究センター (YRP) ロボット制御向けマルチホップネットワークを用いたドローン制御に関する一考察
加川敏規小野文枝滝沢賢一三浦 龍NICT)・加藤 晋越川知大川端伸一朗産総研)・児島史秀NICT
現在我が国では,災害対応,インフラ点検や物流等への応用を目指しロボットや無人航空機(ドローンなど)の研究開発が盛んに行わ... [more] RCC2016-69
pp.27-30
AP
(第二種研究会)
2017-01-26
- 2017-01-27
海外 MJIIT Prediction Accuracy Using Theoretical Autocorrelation Coefficient of Fading Channel in Line-of-Sight Environment
Naoto SetoguchiHiroaki NakabayashiKeizo ChoChiba Inst.Tech.
 [more]
 60件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会