お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2021-06-08
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Physically Unclonable Functionの基礎・応用と国際標準化
堀 洋平産総研RECONF2021-1
Physically Unclonable Function (物理複製困難関数, PUF) は半導体デバイスのばらつき... [more] RECONF2021-1
p.1
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
15:05
沖縄 宮古島マリンターミナル 任意N体相互作用解析に向けた自動運転安全評価用走行シナリオの網羅的分析法の検討
川野啓太九工大)・加藤良祐今長 久日本自動車研)・我妻広明九工大/理研/産総研NC2019-67
近年の自動運転技術の実用化に際して,安全評価の国際的標準化の問題が喫緊の課題となっている.従来, ある一定の認知・判断・... [more] NC2019-67
pp.45-50
MW 2019-12-19
13:30
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス [特別講演]自動車の進化とEMC技術
中村克己デンソーMW2019-122
自動車業界は「100年に一度の変革期」と言われている.本講演では自動車および,その電磁環境両立性(Electromagn... [more] MW2019-122
pp.23-24
IE, CS
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-12-06
13:20
岩手 アイーナ いわて県民情報交流センター [フェロー記念講演]画像・映像符号化技術に関する研究開発
高村誠之NTTCS2019-85 IE2019-65
画像・映像符号化に関する研究開発・応用などの貢献により、2019年1月にIEEEからフェロー資格を賜った。本講演では、ま... [more] CS2019-85 IE2019-65
p.103
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
16:50
岩手 MALIOS(盛岡) [招待講演]自動運転時代の車載光イーサネットネット ~ 最新技術と標準化動向 ~
各務 学名工大)・河崎朱里山下達弥豊田中研
自動運転の高度化に伴い、車両内で扱うデータ量が急増している。特にセンサ信号やドメイン間のバックボーンでは、高速で高信頼性... [more]
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
17:40
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [特別講演]情報技術におけるアクセシビリティの国際標準化
関 喜一産総研WIT2018-78
高齢者・障害者を含む多世代・多様性に対応するための情報技術のアクセシビリティに関する国際標準の動向を概説する. [more] WIT2018-78
p.111
SANE, SAT
(併催)
2019-02-14
15:15
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター [招待講演]無人航空機システム制御用通信の国際標準化動向
鞆田 健北原貴子三菱総研SAT2018-67
世界的な無人航空機システムの利用拡大に伴い,その制御用通信に関する国際的な議論も継続的に実施されている.本稿では国際電気... [more] SAT2018-67
pp.59-62
SR 2019-01-24
17:10
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) [特別招待講演]永年の研究生活を振り返って ~ 衛星通信,コグニティブ無線,携帯電話,標準化など ~
樫木勘四郎KDDI総合研究所SR2018-109
筆者は,KDD(現KDDI)に入社以来,ほぼ一貫して無線通信システムの研究開発に従事してきた.まず,インマルサットに代表... [more] SR2018-109
pp.85-88
RCS 2018-10-18
12:10
東京 機械振興会館 [依頼講演]複数周波数帯利用無線LANの研究開発
矢野一人ATRRCS2018-158
無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する... [more] RCS2018-158
pp.45-50
ICTSSL 2018-07-18
09:25
東京 NTT武蔵野研究開発センター 緊急通報の標準化動向とIP網間インタフェース仕様の標準化
小川宗晃NTTICTSSL2018-21
警察や消防などの緊急機関へ接続する緊急通報は,国民の生命・財産を守るための重要な社会基盤であり,日本を始め各国で通信キャ... [more] ICTSSL2018-21
pp.29-34
MWP 2018-05-18
14:35
東京 機械振興会館 [招待講演]先進的無線システムの電波防護に関する測定法
大西輝夫NTTドコモMWP2018-1
現在,我が国を始め各国で第5世代移動体通信システム(5G)の研究開発や標準化が推進されている.5Gでは現在使用されている... [more] MWP2018-1
pp.1-6
EMT, EST, LQE, MWP, OPE, PN
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2018-01-25
15:00
兵庫 姫路西はりま地場産業センター [招待講演]光ファイバ無線技術に関するITU-Tにおける標準化活動
久利敏明菅野敦史NICT)・川西哲也早大)・小川博世NICTPN2017-76 EMT2017-113 OPE2017-154 LQE2017-136 EST2017-112 MWP2017-89
情報通信研究機構(NICT)では10年以上にわたり光ファイバ無線(RoF: radio over fiber)技術に関し... [more] PN2017-76 EMT2017-113 OPE2017-154 LQE2017-136 EST2017-112 MWP2017-89
pp.227-230
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-11-30
09:30
愛知 名古屋大学 IoT通信プラットフォームの要求条件と国際標準化 ~ 中間報告 ~
横谷哲也金沢工大CS2017-62 IE2017-77
Internet of Things (IoT)は世界レベルでの関心事となっている。日本では、IoT推進コンソーシアムが... [more] CS2017-62 IE2017-77
pp.1-6
SWIM, SC
(共催)
2017-08-25
15:05
東京 法政大学新一口坂校舎 Society5.0(超スマート社会)実現に向けたビジネスモデルに関する一考察 ~ 都市統合ビジネス実行基盤(都市OS)の評価指標の提案 ~
小倉博行三菱電機)・馬奈木俊介九大)・千村保文OKI)・石野正彦文教大SWIM2017-14 SC2017-19
Society5.0(=超スマート社会,スマートシティ)は,日本政府や経団連が社会課題の解決と未来創造を見据えた成長戦略... [more] SWIM2017-14 SC2017-19
pp.33-38
ICTSSL 2017-05-29
14:50
宮城 NEXCO東日本 東北支社 仙台東管理事務所 [記念講演]緊急通報の標準化動向と今後の技術課題
小川宗晃高橋禎一NTTICTSSL2017-5
通信キャリアが提供する緊急通報システムは,人命に関わる重要な社会基盤として運用されているが,法制度等により,その形態は各... [more] ICTSSL2017-5
p.25
SWIM 2017-05-19
15:45
東京 機械振興会館 経済・社会・環境が持続可能なスマートシティ構築・運用のための評価手法の研究(その3) ~ システムズアプローチによるIoTを利活用した共有価値の創造 ~
小倉博行三菱電機)・馬奈木俊介九大)・千村保文OKI)・石野正彦文教大SWIM2017-4
大規模かつ複雑な都市問題を解決するためには,全体論的かつ体系的な方法論である“システムズアプローチ”による持続可能なスマ... [more] SWIM2017-4
pp.17-22
WPT 2017-02-10
16:15
神奈川 YRPセンター1号館ホール CISPRにおける無線電力伝送機器のEMC要件の標準化動向
久保田文人テレコムエンジニアリングセンターWPT2016-63
無線電力伝送(WPT)は周囲に電磁界を発生するので,無線通信への障害を発生する可能性があります.CISPRは無線通信の障... [more] WPT2016-63
pp.31-34
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-29
17:20
宮城 東北大学 [特別招待講演]ルールを自分で作るということ ~ 国際標準化活動の経験から ~
櫻井義人日立NS2016-82 IN2016-43 CS2016-34
国際標準化活動というのは標準というルールを作成する作業であるが,その作業のためのルールを作る場というのがある.ITU-T... [more] NS2016-82 IN2016-43 CS2016-34
pp.45-49(NS), pp.41-45(IN), pp.23-27(CS)
EST 2016-09-08
16:35
沖縄 石垣市商工会館 安全性評価指標としての入射電力密度の平均化面積に関する数値的検討
橋本陽太森本涼太青沼新大平田晃正名工大EST2016-46
電磁界によるばく露を制限するため,3GHzもしくは10GHz以上の周波数においては評価指標として単位面積あたりの電力,即... [more] EST2016-46
pp.215-218
SWIM 2016-08-26
14:35
東京 法政大学(新一口坂校舎) 経済・社会・環境が持続可能なスマートシティ構築・運用のための評価手法の研究(その2) ~ 超スマート社会コンセプト"Software Defined Society"の実装・評価についての一考察 ~
小倉博行三菱電機)・馬奈木俊介九大)・千村保文OKI)・石野正彦文教大SWIM2016-7
スマートな都市を評価する手法として,持続可能な発展の統合指標(包括的富指標;IWI),並びに都市サービス評価指標 (IS... [more] SWIM2016-7
pp.3-8
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会