お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2022-06-17
10:15
沖縄 琉球大学 千原キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
帯域内全二重通信におけるディジタルRFを用いたブラインド自己干渉除去に関する一検討
下村南夏衣斐信介同志社大)・高橋拓海阪大)・岩井誠人同志社大RCS2022-59
帯域内全二重通信 (IBFD: In-Band Full-Duplex) の実現には自己干渉信号の高精度な除去が必要不可... [more] RCS2022-59
pp.206-211
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
09:30
ONLINE オンライン開催 VHF帯における周波数共用のための高効率電波保護領域算出モデル
皆木渓夏富田晋伍水谷圭一原田博司京大SR2021-99
現在日本においては,VHF帯に安全安心のための公共ブロードバンド移動通信システム(PBBシステム)が割り当てられている.... [more] SR2021-99
pp.64-70
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
10:45
ONLINE オンライン開催 ダイナミック周波数共用データベースにおける計算量削減に関する一検討
新岡燎汰佐々木重信新潟大)・大宮 陸村上友規NTTSRW2021-74
無線通信の急速な普及に伴う周波数帯域の不足という問題に対して,既存の無線局を保護しながら周波数の有効利用を図るダイナミッ... [more] SRW2021-74
pp.27-32
EA, SIP, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-03-01
14:45
沖縄 沖縄県立博物館・美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
劣決定条件下での方向情報と条件付き変分自己符号化器に基づく目標話者抽出
王 鋭李 莉戸田智基名大EA2021-76 SIP2021-103 SP2021-61
 [more] EA2021-76 SIP2021-103 SP2021-61
pp.76-81
SR 2022-01-24
10:15
ONLINE オンライン開催 LoRaにおける同一チャネル干渉電力及び占有率推定法による適応チャネル選択
小林 岳田久 修信州大)・安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大SR2021-59
筆者らはこれまでに,Low Power Wide Area(LPWA)の規格であるLong Range-Wide Are... [more] SR2021-59
pp.7-10
RISING
(第三種研究会)
2021-11-17
09:00
東京 東京都内+EventIn
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スペクトラムデータベースに基づくスパース性を利用した干渉推定手法
伊藤弘樹電通大)・稲毛 契都立産技高専)・藤井威生電通大
近年,Internet of Things (IoT)の発展とともに同一周波数を共用利用する端末数が急激に増加している.... [more]
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
14:55
ONLINE オンライン開催 波長多重光無線通信におけるLSTMを用いた信号分離の提案
猪俣政貴岩松隆則大柴小枝子京都工繊大CS2021-43
OFDM信号を用いた波長分割多重光無線通信における逐次干渉キャンセラの新たな方法を提案する.逐次干渉キャンセラは,パイロ... [more] CS2021-43
pp.13-16
ITS 2021-07-02
13:05
ONLINE オンライン開催 干渉信号を用いたDither法による距離推定技術の誤差低減手法の提案
堀内星哉羽多野裕之眞田耕輔森 香津夫三重大)・山里敬也名大)・荒井伸太郎岡山理科大)・齋藤将人琉球大)・田所幸浩田中宏哉豊田中研ITS2021-1
測位システムにおいて,受信信号強度指標(RSSI) は距離を推定する際に盛んに用いられている.距離推定アルゴリズムに利用... [more] ITS2021-1
pp.1-6
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-03
11:40
ONLINE オンライン開催 電波環境モニタリング装置を用いた電波雑音・干渉量推定に関する一検討
鈴木健太栗原拓哉矢野一人清水 聡鈴木義規ATRSR2020-61
用途・要求品質・重要度が異なる様々なアプリケーションが発展し,様々な電波環境においてより重要かつ多くのアプリケーションを... [more] SR2020-61
pp.7-13
SR 2020-06-04
14:00
ONLINE オンライン開催 経験CDFの補正に基づく高精度電波伝搬外挿手法
片桐啓太藤井威生電通大SR2020-2
本稿では,経験累積分布関数(CDF: Cumulative Distribution Function)の補正に基づく電... [more] SR2020-2
pp.9-16
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-23
09:50
広島 広島市青少年センター 大規模MIMOシステムにおける独立成分分析を用いたチャネル推定に関する検討
笠井太智衣斐信介岩井誠人笹岡秀一同志社大IT2019-37 SIP2019-50 RCS2019-267
無線通信技術の需要の増加に伴い,周波数帯域を効率的に利用する通信技術が求められている.大規模MIMO(Multiple-... [more] IT2019-37 SIP2019-50 RCS2019-267
pp.7-11
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]検出感度を考慮した電波センサを利用した検定による与干渉推定の検討
小林強志山本健一郎田久 修不破 泰信州大SR2019-94
近年の無線通信技術の発達により、周波数資源の枯渇が問題視されている。その解決策として、周波数共用が注目されている。周波数... [more] SR2019-94
pp.43-44
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
09:55
高知 高知工科大学 電磁的情報漏えいを強制的に誘発する照射周波数推定法に関する基礎検討
鍛治秀伍奈良先端大)・衣川昌宏仙台高専)・藤本大介林 優一奈良先端大ISEC2019-40 SITE2019-34 BioX2019-32 HWS2019-35 ICSS2019-38 EMM2019-43
正規に実装された機器の回路が、特定の周波数の電磁波を照射することによりハードウェアトロジャンと同等の動作をし、機器内部に... [more] ISEC2019-40 SITE2019-34 BioX2019-32 HWS2019-35 ICSS2019-38 EMM2019-43
pp.235-238
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
09:30
北海道 函館アリーナ サイドバンド選択を行う周期性干渉除去の特性改善法
木村祐哉田野 哲侯 亜飛岡山大RCS2018-80
本稿では,ディジタル信号処理を用いた周期性干渉除去における適応サイドバンド選択法を提案する.提案法では,ICNR(Int... [more] RCS2018-80
pp.1-5
EA 2018-02-16
14:10
広島 県立広島大学 粒子群最適化を用いた送信波と反射波の位相干渉に基づく1ch音響測距法
宋 昌隆篠原寿広上保徹志中迫 昇近畿大EA2017-101
多くの工学分野において,対象物までの距離は基本的な情報である.音響信号を用いた距離推定法としては,送信波と反射波の時間差... [more] EA2017-101
pp.47-52
RCS, NS
(併催)
2017-12-15
13:40
広島 広島アステールプラザ 逐次干渉除去を用いたALOHAにおける受信失敗端末数に基づくDoS攻撃トラヒックの推定手法の検討
佐藤之斗宮路祐一上原秀幸豊橋技科大RCS2017-264
ランダムアクセス方式のMACプロトコルの一つに,Contention Resolution Diversity Slot... [more] RCS2017-264
pp.77-82
SR, SRW, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2017-10-23
- 2017-10-24
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [ポスター講演]Successive Method to Improve on the Active Self-Interference Cancellation Technique
Ramez AskarBenjamin SchubertFabian UndiWilhelm KeusgenThomas HausteinFraunhofer HHI
This poster introduces a successive self-interference cancel... [more]
WBS, SAT
(併催)
2017-05-25
13:25
栃木 宇都宮大学 陽東キャンパス OFDM信号のCyclic Prefix (CP)を利用した特徴検出方式 ~ ミリ波帯での衛星と携帯との干渉特性モニタリングへの応用(相互干渉) ~
樫木勘四郎定 知生KDDI総合研究所)・長峰諒英渡辺文夫東工大SAT2017-2
第5世代の携帯通信では,新たな周波数として28GHz帯の使用が検討されている.この帯域は,衛星通信にも割当てられており,... [more] SAT2017-2
pp.7-12
RCS 2017-04-24
11:20
香川 ことひら温泉 琴参閣 多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ 逐次型干渉抑圧・除去とマルチユーザ検出型干渉抑圧・除去に関する検討 ~
森山雅文滝沢賢一手塚隼人大堂雅之表 昌佑村上 誉石津健太郎児島史秀NICTRCS2017-5
IoT(Internet of Things)の普及に伴い上りトラフィックの急増が予測されている.第5世代移動通信システ... [more] RCS2017-5
pp.23-28
NS, IN
(併催)
2017-03-03
15:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル Multi-Radio Software Defined WMNにおける無線干渉回避制御手法の性能評価
濱中寿樹妙中雄三東大)・塚本和也九工大)・中山雅哉東大NS2016-245
先行研究では,複数の無線チャネルを各ホップで併用し,SDN/OpenFlowによってフロー単位で転送チャネルを制御する無... [more] NS2016-245
pp.505-510
 66件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会