お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-02
10:50
ONLINE オンライン開催 リンク品質を考慮した位置予測型V2Vルーティングの提案
西岡正裕原山美知子岐阜大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CQ, CBE
(併催)
2021-01-21
16:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]無線LANの伝搬チャネル状態情報を活用した物体検知システムにおける特徴量選択手法の評価
安藤永稀千手広輝牟田 修九大)・村上友規大槻信也NTTCQ2020-77
無線信号を利用した物体検知手法として, 無線LAN システムの伝搬チャネル状態情報(CSI: channel state... [more] CQ2020-77
pp.68-69
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-04
11:35
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
Beyond 5Gに向けた新変調技術 MARIA方式の研究(2) ~ 高付加価値を引き出す新たな情報空間と情報プロトコルの原理 ~
太田現一郎横須賀テレコムリサーチパーク)・瀧川マリア明大RCS2019-327
5Gの主要機能であるビームフォーミング機能の課題を解決し高付加価値サービスを創出する新機能を提案した.これを可能にした疑... [more] RCS2019-327
pp.43-48
SeMI 2020-01-30
15:25
香川 ことひら温泉琴参閣 モバイル端末のWi-Fiチャネル状態情報による人数推定手法の提案
水谷優秀内山 彰阪大)・村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・東野輝夫阪大SeMI2019-102
ショッピングモールや駅などで,施設内の人数を詳細に把握することはマーケティングや避難誘導を行う上で重要である.導入コスト... [more] SeMI2019-102
pp.17-22
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]空き周波数リソース探知に向けた多数のセンサによるスペクトラムセンシングの情報圧縮の検討
山本健一郎田久 修白井啓一郎不破 泰信州大SR2019-91
IoT時代を見据えた移動通信システムのさらなる高度化のために,移動通信システムに適した周波数帯にある既存無線局との空間的... [more] SR2019-91
pp.27-28
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
11:05
岐阜 岐阜大学 情報エンジンを用いたソーシャル・ネットワークにおける情報拡散モデルの一考察
宮下正明太田裕也篠宮紀彦創価大CAS2019-28 NLP2019-68
近年のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) の世界的な普及に伴い,情報の瞬時の拡散が実社会に大きな影響を与え... [more] CAS2019-28 NLP2019-68
pp.29-32
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]グラフ上の影響伝搬におけるランダムサンプリングの効率性に関する検討
脇坂悠生山下量之関西学院大)・津川 翔筑波大)・大崎博之関西学院大
近年、口コミマーケティング等への応用の期待から、ソーシャルネットワークにおける影響最大化問題が活発に研究されている。影響... [more]
RCS 2019-06-21
11:20
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 情報ボトルネック法を用いた離散Polar復号器
山田 晃大槻知明慶大RCS2019-92
Polar符号は,第5世代移動通信システム(5G)の制御チャネルで使用されており,近年注目を集めている.Polar符号は... [more] RCS2019-92
pp.321-326
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
09:30
東京 電気通信大学 エネルギー考慮したバックプロパゲーション
金田麟太郎萩原将文慶大NC2018-63
本稿では,ネットワークのエネルギーを考慮したバックプロパゲーションアルゴリズム(BP)を提案する.ニューラルネットワーク... [more] NC2018-63
pp.105-110
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
ASN, MoNA
(併催)
(連催) [詳細]
2019-03-05
14:00
東京 東京大学 駒場キャンパス Development of Doppler CSI model for Wi-Fi based hand gesture detection application
Nopphon KeerativorananJun-ichi TakadaTiTechASN2018-111
Various studies have proposed the use of RF signals to reali... [more] ASN2018-111
pp.175-180
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-01-31
09:25
大阪 大阪大学 中之島センター MF-GaBPによる大規模MIMO検出のための情報ボトルネックに基づく多層LUTを用いたレプリカ生成に関する一検討
王 櫟ブン高橋拓海衣斐信介三瓶政一阪大IT2018-36 SIP2018-66 RCS2018-243
本稿では,MF-GaBP (Mached Filter Gaussian Belief Propagation) による... [more] IT2018-36 SIP2018-66 RCS2018-243
pp.7-12
WBS, ITS, RCC
(共催)
2018-12-07
11:35
沖縄 宮古島平良港ターミナルビル(マリンターミナルビル)大研修室 ドローンと有人ヘリの位置情報共有のための機体間通信の実証実験
単 麟加川敏規三浦 龍小野文枝李 還幇児島史秀NICTWBS2018-65 ITS2018-48 RCC2018-96
るべきドローン社会に対応するため,ドローン・操縦者・有人ヘリ等で位置情報を相互に共有できるネットワークシステムを構築する... [more] WBS2018-65 ITS2018-48 RCC2018-96
pp.211-216
RCS, AP
(併催)
2018-11-20
14:05
沖縄 沖縄産業支援センター [依頼講演]GaBPを用いた大規模電波暗号化非直交多元接続方式の性能解析
岡本英二枡田佳大伊藤啓太名工大)・山本哲矢パナソニックAP2018-109 RCS2018-186
第5世代移動通信システム(5G)の主要シナリオの一つに,多数のInternet of things(IoT)端末の接続を... [more] AP2018-109 RCS2018-186
pp.41-46(AP), pp.49-54(RCS)
PRMU, MI, IE, SIP
(共催)
2018-05-17
15:45
岐阜 岐阜大学 SVMを用いた情動刺激による脳内の情報変化の判別評価
浅川徹也長崎大)・浦田達也神戸医療福祉大)・植松 梓獨協医科大SIP2018-4 IE2018-4 PRMU2018-4 MI2018-4
本研究は,スマートフォンを用いた情動刺激下での脳波の情報処理過程の変化を定量的に評価した.被験者は健常成人 24名とし,... [more] SIP2018-4 IE2018-4 PRMU2018-4 MI2018-4
pp.13-16
RCC 2018-01-25
14:50
東京 機械振興会館 ドローン見通し外安全運航のためのドローン位置情報共有システム ~ ヘリ実機を用いた伝搬特性評価 ~
単 麟加川敏規三浦 龍小野文枝李 還幇滝沢賢一児島史秀NICTRCC2017-102
近年,災害対応ロボットやドローンの研究開発が盛んに行われている.ロボットやドローンの安全運行管理に貢献することをめざし,... [more] RCC2017-102
pp.7-11
RCS 2017-10-20
10:50
宮城 東北工業大学 [招待講演]マルチ情報を用いる屋内位置推定法
工藤栄亮東北工大RCS2017-191
位置情報を利用するアプリケーションの普及に伴い,正確な位置推定技術に対する期待が高まっている.屋外ではGPSを利用した位... [more] RCS2017-191
pp.131-134
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-07
15:50
宮城 東北大学 電気通信研究所 [招待講演]固定翼型小型無人機を活用した災害時の通信確保に向けた取り組みとマルチロータ機への展開
三浦 龍小野文枝加川敏規単 麟滝沢賢一李 還幇児島史秀NICTNS2017-75 IN2017-27 CS2017-45
無人航空機(以下,無人機)はドローンやUAVとも呼ばれ,ホビー用,業務用の両面においてここ数年で急速に普及しつつある.現... [more] NS2017-75 IN2017-27 CS2017-45
pp.25-30(NS), pp.25-30(IN), pp.19-24(CS)
RCS 2016-10-20
11:35
神奈川 YRP(横須賀) 伝搬係数の共有とアンテナ重み情報の公開伝送を用いた秘密情報共有の検討
樋口拓己笹岡秀一岩井誠人同志社大RCS2016-164
近年,無線通信における盗聴対策として物理層セキュリティが注目されている.また,物理層セキュリティを実現するために,電波伝... [more] RCS2016-164
pp.65-70
IA, IN
(併催)
2014-12-18
15:25
広島 広島市立大学・サテライトキャンパス 車車間通信を用いた情報伝播のための車両クラスタリング手法
鷲尾直大奈良先端大)・松浦知史東工大/NICT)・垣内正年猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2014-72
車車間通信を利用して広域での情報伝播を行う場合,車両密度が不均一であるためにエンドツーエンドの通信経路が存在しない場合が... [more] IA2014-72
pp.19-24
RCS, NS
(併催)
2014-12-19
11:15
三重 伊勢市観光文化会館(三重) 無線分散ネットワークにおける圧縮センシングを用いたリンク品質情報共有手法と圧縮伝送手法の比較評価
須崎修平岡田 啓小林健太郎片山正昭名大RCS2014-248
無線分散ネットワークでは常に変化する電波の伝播環境に合わせて,各ノードが自律的に最適な通信経路を選択する必要がある.その... [more] RCS2014-248
pp.165-169
 59件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会