お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-20
16:35
ONLINE オンライン開催 ストカスティック演算を用いた確率的準同型暗号の構成に関する検討
小関隆介上野 嶺本間尚文東北大ISEC2020-23 SITE2020-20 BioX2020-26 HWS2020-16 ICSS2020-10 EMM2020-20
本稿では,ストカスティック演算(SC: Stochastic Computing)と呼ばれる確率的演算を暗号文上で評価可... [more] ISEC2020-23 SITE2020-20 BioX2020-26 HWS2020-16 ICSS2020-10 EMM2020-20
pp.61-67
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-07
14:15
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
完全準同型暗号のハードウェア向けアルゴリズムとアーキテクチャ設計
杉山昇太郎池田 誠東大VLD2019-144 HWS2019-117
完全準同型暗号(Fully Homomorphic Encryption; FHE)はクラウドとプライバシーの両立を暗号... [more] VLD2019-144 HWS2019-117
pp.285-290
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
17:20
鹿児島 与論町中央公民館 準同型暗号による行列積の高速化の検討
牧田哲也・○宍戸哲平早大)・和田康孝明星大)・木村啓二早大CPSY2019-96 DC2019-102
深層学習技術の発展と広がりに伴い、これを利用した多くのサービスが提供されつつある。
これらのサービスの実現方式として、... [more]
CPSY2019-96 DC2019-102
pp.51-56
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
15:50
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 暗号ベースの情報推薦システムに関する一考察
十文字晴哉酒井和哉首都大東京ISEC2019-85 SITE2019-79 LOIS2019-44
協調フィルタリングはユーザの購買履歴やコンテンツに関する評価を元に,ユーザに未知のコンテンツを推薦する手法であり,主に情... [more] ISEC2019-85 SITE2019-79 LOIS2019-44
pp.149-152
DE 2019-06-22
10:50
東京 お茶の水女子大学 類似ドキュメント検索のための準同型暗号を利用した検索可能暗号の提案
有友大輔筑波大)・渡辺知恵美筑波技大DE2019-7
情報検索エンジンの構築において,多くのData Ownerが膨大な計算資源を柔軟に利用できるクラウドコンピューティング環... [more] DE2019-7
pp.29-34
MoNA 2019-01-16
13:25
京都 キャンパスプラザ京都(京都駅前) [奨励講演]完全準同型暗号を用いた秘匿データマイニング分散処理システムのデータベース更新時の高速化
山本百合小口正人お茶の水女子大MoNA2018-62
昨今,データ所有者が外部機関にデータマイニングによる調査を委託することが一般的であるが,データのプライバシ保護の観点から... [more] MoNA2018-62
pp.27-32
IT 2018-07-19
14:30
奈良 やまと会議室 非可換代数を用いた準同型暗号の演算と実装
木原眞紀入山聖史東京理科大IT2018-14
準同型暗号は,加法または乗法の準同型性を有するような暗号方式であり,代表的なものとして,Paillier暗号やRSA 暗... [more] IT2018-14
pp.11-13
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-19
13:50
和歌山 和歌山大学 秘匿化された人物対応付けのための準同型暗号の利用
森田一成原山雅樹吉村宏紀西山正志岩井儀雄鳥取大PRMU2017-154 CNR2017-32
本稿では, 準同型暗号を取り入れた複数カメラ間での人物対応付け手法を提案する. 準同型暗号は暗号化された特徴量を用いて復... [more] PRMU2017-154 CNR2017-32
pp.53-58
MoNA 2017-12-21
14:40
東京 お茶の水女子大学 完全準同型暗号を用いたデータマイニングの分散処理による高速化の検討
山本百合小口正人お茶の水女子大MoNA2017-37
ビッグデータ活用の一環として,各企業が保持する購買履歴などのデータを外部に委託し,第三者がデータマイニング計算を行う委託... [more] MoNA2017-37
pp.49-53
MoNA 2017-12-21
15:05
東京 お茶の水女子大学 完全準同型暗号を用いる秘匿検索の高速化に向けた一検討
山田優輝小口正人お茶の水女子大MoNA2017-38
ヒトゲノムの解析と応用が可能になるに連れて,ゲノムデータ利用の実用化が注目されている.このようなビッグデータを活用する際... [more] MoNA2017-38
pp.55-58
DC, SS
(共催)
2016-10-27
14:05
滋賀 彦根勤労福祉会館(彦根市) スマートグリッド通信におけるフォールトトレランスとプライバシーを考慮したデータ集約に関する一考察
小笠原亮太新井雅之日大SS2016-23 DC2016-25
スマートグリッド通信によるデータ集約の際に,個々人のプライバシー情報保護を考慮することは重要である.本稿では先行研究であ... [more] SS2016-23 DC2016-25
pp.31-36
ISEC 2016-09-02
13:25
東京 機械振興会館 ある種の不定方程式の求解問題に基づく準同型暗号
秋山浩一郎東芝)・後藤泰宏北海道教大)・奥村伸也九州先端科学技研)・高木 剛九大)・縫田光司花岡悟一郎産総研ISEC2016-43
耐量子公開鍵暗号の候補の1つと考える代数曲面暗号を発展させ,準同型性を持った公開鍵暗号を構成した。本暗号は不定方程式の求... [more] ISEC2016-43
pp.27-34
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-11
13:05
東京 電気通信大学 [招待講演]いくつかの高機能な暗号技術・ツールについての歴史・性質・応用の俯瞰と研究動向
松田隆宏産総研IT2015-136 ISEC2015-95 WBS2015-119
本発表では、近年暗号技術の研究分野(特に暗号理論の分野)において盛んに研究が行われている"高機能な"暗号技術・ツールにつ... [more] IT2015-136 ISEC2015-95 WBS2015-119
p.219
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
13:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 Privacy-enhanced Similarity Search Scheme for Cloud Image Databases
Hao LiuHideaki GotoTohoku Univ.ICSS2015-68
 [more] ICSS2015-68
pp.129-133
IBISML 2015-11-27
14:00
茨城 つくば国際会議場 [ポスター講演]準同型暗号を用いた経験損失最小化のための秘密精度保証
高田敏行花田博幸名工大)・佐久間 淳筑波大)・竹内一郎名工大IBISML2015-86
機械学習において,プライバシを考慮すべき事例は増加してきている.本研究では訓練データが複数のパーティに分散されていて,各... [more] IBISML2015-86
pp.249-256
ISEC 2015-09-04
16:50
東京 機械振興会館 [招待講演](Batch) Fully Homomorphic Encryption over Integers for Non-Binary Message Spaces (Eurocrypt 2015 より)
黒澤 馨茨城大ISEC2015-35
本講演では,
2015 年 4月 26 日から 30 日に
ブルガリア・ソフィアで開催された Eurocrypt 2... [more]
ISEC2015-35
p.57
CS 2015-07-03
11:40
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) 準同型暗号を用いた生体認証において生体情報の部分比較を行うことによりなりすまし成功確率を低減させる方式
松永 匠豊田健太郎笹瀬 巌慶大CS2015-28
近年,プライバシ保護のため,準同型暗号を用いて生体情報を暗号化したまま生体認証を可能にする方式が注目されている.準同型暗... [more] CS2015-28
pp.103-108
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
14:05
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 準同型暗号の安全性証明の限界について
高橋大樹長谷川真吾磯辺秀司小泉英介静谷啓樹東北大IT2014-67 ISEC2014-80 WBS2014-59
本稿では, 準同型暗号を対象として, 安全性証明の根拠となり得る言語の複雑さを評価することで, 安全性証明の限界について... [more] IT2014-67 ISEC2014-80 WBS2014-59
pp.33-38
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
14:30
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 多項式環に基づく完全準同型暗号のマルチキーへの拡張
早藤智暉満保雅浩金沢大IT2014-68 ISEC2014-81 WBS2014-60
マルチキー準同型暗号は,シングルキー準同型暗号の拡張方式であり,全てのユーザに異なる鍵を割り当てる方式である.すなわち,... [more] IT2014-68 ISEC2014-81 WBS2014-60
pp.39-46
ISEC, LOIS
(共催)
2013-11-28
15:25
宮城 東北大学 効率的なMulti-Party Private Set Intersection
三本知明宮地充子北陸先端大ISEC2013-63 LOIS2013-29
Private Set Intersection Protocol(PSI)は,データ集合を持つ二者,あるいは複数者が互... [more] ISEC2013-63 LOIS2013-29
pp.29-34
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会