電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-03
14:55
ONLINE オンライン開催 RTOS利用システムのフルハードウェア化におけるサービス処理機能の集約
六車伊織石浦菜岐佐安堂拓也関西学院大)・冨山宏之立命館大)・神原弘之京都高度技研VLD2020-75 HWS2020-50
本稿では, RTOS 利用システムをフルハードウェア化する手法において,
回路規模削減と実行の高速化を目的とした回路構... [more]
VLD2020-75 HWS2020-50
pp.38-43
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
13:25
ONLINE オンライン開催 Tweakableブロック暗号を用いた低遅延メモリ保護方式とそのハードウェア設計
小田麻矢上野 嶺本間尚文東北大)・井上明子峯松一彦NECVLD2020-83 HWS2020-58
本稿では,Tweakable ブロック暗号(TBC)に基づく高効率なメモリ保護方式を提案する.Intel SGXで提供さ... [more] VLD2020-83 HWS2020-58
pp.85-90
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
16:25
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) アンロールドアーキテクチャを利用したPUFの安全性評価
野崎佑典旭 健作吉川雅弥名城大ICSS2020-53
デバイスのセキュリティを向上させるための技術として,Physically Unclonable Function(PUF... [more] ICSS2020-53
pp.160-165
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
13:00
ONLINE オンライン開催 即時に故障検出可能な高効率AESハードウェアの検討
柳生佑介上野 嶺本間尚文東北大HWS2020-31 ICD2020-20
本稿では,即時に故障検出可能な高効率AESハードウェアアーキテクチャの設計について述べる.
提案アーキテクチャは,差分... [more]
HWS2020-31 ICD2020-20
pp.36-41
DC 2020-02-26
12:25
東京 機械振興会館 アンロールドアーキテクチャを利用したグリッチPUFとその評価
野崎佑典吉川雅弥名城大DC2019-91
Large Scale Integration(LSI)の認証技術として,Physically Unclonable F... [more] DC2019-91
pp.31-36
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-23
11:50
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 RISC-V機械語プログラムからのバイナリ合成
浜名将輝石浦菜岐佐関西学院大VLD2019-71 CPSY2019-69 RECONF2019-61
本稿では, RISC-V 機械語プログラムからハードウェアを自動合成する手法を提案する. RISC-V を用いた CPU... [more] VLD2019-71 CPSY2019-69 RECONF2019-61
pp.111-115
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
10:45
愛媛 愛媛県男女共同参画センター [基調講演]エッジディープラーニングアクセラレータによる画像認識
大渕栄作ディジタルメディアプロフェッショナルVLD2019-38 ICD2019-28 IE2019-34 CPSY2019-41 DC2019-62 RECONF2019-39
近年注目されているAI技術動向、ディープラーニングの概要を紹介しながら、どのようにAIハードウェアやSoCの研究開発・シ... [more] VLD2019-38 ICD2019-28 IE2019-34 CPSY2019-41 DC2019-62 RECONF2019-39
pp.93-94(VLD), pp.3-4(ICD), pp.3-4(IE), pp.3-4(CPSY), pp.93-94(DC), pp.21-22(RECONF)
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
10:45
愛媛 愛媛県男女共同参画センター [基調講演]ハードウェアとアルゴリズムの協調最適化によるCNN推論処理の高効率化
宮下大輔キオクシアVLD2019-47 ICD2019-36 IE2019-42 CPSY2019-46 DC2019-71 RECONF2019-42
Deep convolutional neural network (CNN)を用いた画像分類,物体検出,画像セグメンテ... [more] VLD2019-47 ICD2019-36 IE2019-42 CPSY2019-46 DC2019-71 RECONF2019-42
p.173(VLD), p.41(ICD), p.41(IE), p.53(CPSY), p.173(DC), p.31(RECONF)
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2019-11-01
14:15
大阪 DNPなんばSSビル 剰余数系を用いた同種写像暗号ハードウェアアーキテクチャの設計に関する検討
船越秀隼上野 嶺本間尚文東北大HWS2019-60 ICD2019-21
本稿では同種写像暗号の高効率ハードウェアアーキテクチャの設計を示す.提案アーキテクチャでは,同種写像暗号の計算の大部分を... [more] HWS2019-60 ICD2019-21
pp.19-24
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
14:10
高知 高知工科大学 乗法的オフセットに基づく高効率AESハードウェアアーキテクチャの設計
上野 嶺東北大)・森岡澄夫インターステラテクノロジズ)・三浦典之松田航平永田 真神戸大)・Shivam Bhasin南洋理工大)・Yves MathieuTarik GrabaJean-Luc Dangerフランス国立高等電気通信学校)・本間尚文東北大ISEC2019-58 SITE2019-52 BioX2019-50 HWS2019-53 ICSS2019-56 EMM2019-61
本稿では高効率AES ハードウェアアーキテクチャの設計を示す.提案アーキテクチャはレジスタリタイミングや命令順序交換に加... [more] ISEC2019-58 SITE2019-52 BioX2019-50 HWS2019-53 ICSS2019-56 EMM2019-61
pp.375-382
HWS 2019-04-12
14:20
宮城 東北大学 ガロア体演算に基づく認証暗号の統合ハードウェアの設計
澤田石尚太郎上野 嶺本間尚文東北大HWS2019-3
本稿では,ガロア体演算に基づく様々な認証暗号を高効率に実行可能な統合ハードウェアについて述べる.現在の主流である AES... [more] HWS2019-3
pp.13-18
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
10:45
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス [招待講演]リアルタイムHEVCエンコーダLSIの開発とその展開
中村 健NTTCQ2018-110
2015年にIPTV,CS放送にて4K放送が始まり2018年には4K/8K衛星放送の本放送が開始されるなど,超高精細映像... [more] CQ2018-110
p.97
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
16:20
沖縄 沖縄県青年会館 アンロールドアーキテクチャ実装したPRINCEの低コスト電力解析対策手法
竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2018-134 HWS2018-97
低コストで実装できる軽量暗号は,小型デバイスの安全性を向上させるのに最適である.低レイテンシと小型実装を実現するPRIN... [more] VLD2018-134 HWS2018-97
pp.243-248
HWS, ICD
(共催)
2018-10-29
15:20
大阪 神戸大 梅田インテリジェントラボラトリ 数論変換に基づくRing-LWE暗号ハードウェアの高効率実装に関する検討
遠藤 空上野 嶺青木孝文本間尚文東北大HWS2018-52 ICD2018-44
本稿では,数論変換に基づくRing-LWE暗号ハードウェアの高効率実装について述べる.Ring-LWE暗号は,近年注目を... [more] HWS2018-52 ICD2018-44
pp.31-34
IA 2018-09-04
15:15
北海道 北海道大学学術交流会館 DDoS緩和のための全IPv4空間を対象としたACLアーキテクチャの検討
空閑洋平松谷健史慶大)・中村 遼東大IA2018-28
本論文では、IoT機器を利用した大規模DDoS (Distributed Denial of Service)攻撃を緩和... [more] IA2018-28
pp.77-81
HWS 2018-04-13
13:30
福岡 九州大学医学部 百年講堂 AES-OTRハードウェアアーキテクチャとその評価
上野 嶺本間尚文東北大)・飯田伴則ワイ・デー・ケー)・峯松一彦NECHWS2018-4
本発表では認証暗号AES-OTR のハードウェア実装について報告する.AES-OTR は認証暗号の国際的コンペCAESA... [more] HWS2018-4
pp.17-21
HWS 2018-04-13
13:55
福岡 九州大学医学部 百年講堂 パイプライン型剰余乗算器を用いたペアリング計算器のFPGA実装による消費エネルギー評価
長浜佑介藤本大介・○坂本純一松本 勉横浜国大HWS2018-5
ペアリング計算を行う専用ハードウェアのFPGA 実装に関する公表論文においては,消費エネルギーでの観点からの考察があまり... [more] HWS2018-5
pp.23-28
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-18
17:00
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Erlangからの高位合成のためのメモリ分散アーキテクチャ
東 香実浜名将輝若林秀和石浦菜岐佐関西学院大)・吉田信明神原弘之京都高度技研VLD2017-75 CPSY2017-119 RECONF2017-63
本稿では, Erlang からの高位合成のためのメモリ分散アーキテクチャを提案する. 竹林らが提案した Erlang サ... [more] VLD2017-75 CPSY2017-119 RECONF2017-63
pp.77-82
ICD, CPSY, CAS
(共催)
2017-12-14
13:20
沖縄 アートホテル石垣島 STRAIGHTアーキテクチャの命令形式を利用したスケジューラの提案
赤木晟也入江英嗣坂井修一東大CAS2017-71 ICD2017-59 CPSY2017-68
プロセッサのシングルスレッド性能は, プログラム中のクリティカルパス実行レイテンシを減少させ, 全体の実行時間を短縮する... [more] CAS2017-71 ICD2017-59 CPSY2017-68
pp.43-44
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
09:50
熊本 くまもと県民交流館パレア 双安定リング回路の収束時間により瞬時値応答を得る発振回路PUF
田中悠貴辺 松廣本正之佐藤高史京大VLD2017-40 DC2017-46
偽造半導体チップの流通対策として,半導体の製造ばらつきを用いてチップの個体識別を行うPUF(Physical Unclo... [more] VLD2017-40 DC2017-46
pp.79-84
 73件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会