お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 83件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2020-07-16
15:20
北海道 りぷら(利尻富士町)
(主:現地開催,副:オンライン開催)
手のかからないNWの実現に向けた運用稼働削減方式の検討
秦野智也黄 掣寺田 純NTTCS2020-16
NWサービスにおいても業務効率化の検討が進んでいる。本検討ではNWサービスを支える業務の効率化に関し、自動化だけでは対応... [more] CS2020-16
pp.7-12
NS 2020-05-14
- 2020-05-15
ONLINE オンライン開催 SNI出現頻度に基づくサービス推定に関する一考察
相馬悠人山内啓彰工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山本 周東大)・山口実靖小林亜樹工学院大NS2020-16
現在のインターネットでは, 動画共有サービスやWeb検索など,多くのサービスが提供され
ている.通信機器にてインターネ... [more]
NS2020-16
pp.51-56
HIP 2019-12-20
11:15
宮城 東北大学電気通信研究所 ジェスチャーが発話内容の記憶に与える影響の検討
三尾聖二新美亮輔新潟大HIP2019-76
日常的な会話においてジェスチャーは聞き手の理解を促進すると考えられるが,記憶にも影響するのだろうか。Kellyら(199... [more] HIP2019-76
pp.61-64
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
09:40
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス Handshakeプロトコル解析に基づくセッションクラスタリングにおけるフィールドのクラスタリング能力に関する考察
山内啓彰松崎 涼工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山本 周東大)・山口実靖工学院大NS2018-141
大規模災害時には輻輳が発生するため,被災者に必要なサービスを通信機器において優先的に転送するようなトラフィック制御が求め... [more] NS2018-141
pp.63-68
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2018-07-31
10:00
熊本 熊本市国際交流会館 マルチノードFPGAを用いた低遅延ストリームデータ結合処理
松下紘嗣策力木格吉永 努電通大CPSY2018-17
本研究報告では,低遅延なストリームデータ結合処理を行うアルゴリズムをマルチノードで実行できるように拡張する手法を提案し,... [more] CPSY2018-17
pp.71-76
CQ 2018-01-19
13:35
東京 国立情報学研究所 ハンズフリー通話におけるユーザ体感品質評価 ~ PESQと整合する主観評価法の検討 ~
栗原祥子島内末廣福井勝宏原田 登NTTCQ2017-96
ハンズフリー拡声通話音に対するユーザ体感品質をより簡単にかつ的確に評価する手法の実現に向け,音響エコーキャンセラを対象と... [more] CQ2017-96
pp.63-68
AP
(第二種研究会)
2017-06-28
- 2017-06-30
北海道 北海道大学 [ポスター講演]Fundamental Study on Small Handset Antenna Using Characteristic Mode Analysis
Naoki AkiyamaNaobumi MichishitaNational Defense Academy)・Hiroshi SatohYoshio KoyanagiPanasonic)・Hisashi MorishitaNational Defense Academy
To downsize an antenna part of cellular phone is currently a... [more]
RCS 2017-06-22
14:45
沖縄 石垣商工会館 Design and Implementation of a 3-Party Cloud-Backed Handshake for Secure Grouping of WiFi IoT Devices
Marat ZhanikeevTokyo Univ. of ScienceRCS2017-72
Cloud services are rapidly expanding to devices at network e... [more] RCS2017-72
pp.133-136
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-07
14:15
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 超小型端末向け視線フリックを利用した文字入力手法の提案と評価
粂 尚成宮本大輔中山雅哉東大IMQ2016-52 IE2016-167 MVE2016-75
近年,スマートウォッチやウェアラブルデバイスといった超小型端末が普及しており,多くの超小型端末はタッチバネルが搭載され,... [more] IMQ2016-52 IE2016-167 MVE2016-75
pp.187-192
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-23
15:45
神奈川 慶大日吉キャンパス マルチノードFPGAによるストリームデータ分散結合処理
多田昂介川原尚人吉見真聡策力木格吉永 努電通大VLD2016-76 CPSY2016-112 RECONF2016-57
本研究報告では,ストリームデータの結合処理を行うHandshake JoinのFPGAアクセラレータをマルチノードに拡張... [more] VLD2016-76 CPSY2016-112 RECONF2016-57
pp.37-42
EMCJ 2017-01-19
14:05
福岡 九州工業大学 筋電義手からの不要電磁放射とその評価法の検討
豊田啓孝岡山大EMCJ2016-111
筋電義手のように可動部を有する電子機器を人体に装着して使用するウェアラブル機器からの不要電磁放射の許容値や測定法はまだ規... [more] EMCJ2016-111
pp.15-18
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2016-09-01
15:30
大阪 大阪電気通信大学 音声操作電動ベッドの試作
早坂 昇阪電通大SIS2016-21
現在の医療・介護施設におけるベッドには「背上げ」「足上げ」「高さ調整」を手元のリモコンにより操作を行う電動ベッドが広く普... [more] SIS2016-21
pp.27-32
VLD, CAS, MSS, SIP
(共催)
2016-06-17
15:50
青森 弘前市立観光館 多数決イネーブルラッチを用いた非同期式回路の耐故障性に関する一検討
今井 雅弘前大)・米田友洋NIICAS2016-33 VLD2016-39 SIP2016-67 MSS2016-33
ソフトエラーやハードウェアトロイなど様々な要因により、LSI内においてビット反転が生じ、システムが誤動作する問題がある。... [more] CAS2016-33 VLD2016-39 SIP2016-67 MSS2016-33
pp.179-184
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2016-05-20
10:40
愛知 名古屋大学 両手手指協調動作観測による運動短期記憶機能客観計測
山田裕貴堀田尚紀藤田隼太朗青木恭太宇都宮大SIP2016-20 IE2016-20 PRMU2016-20 MI2016-20
本研究では非接触センサを使用し人間の手の動きを計測し,人の運動の短期記憶機能の客観評価方式を提案・実現する.両手の手の平... [more] SIP2016-20 IE2016-20 PRMU2016-20 MI2016-20
pp.107-112
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2016-05-20
11:10
愛知 名古屋大学 両手手指同期運動の客観計測による協調運動調節機能の日変動評価
藤田隼太朗山田裕貴堀田尚紀青木恭太宇都宮大SIP2016-21 IE2016-21 PRMU2016-21 MI2016-21
人の脳機能は1日の中でも変動し,脳機能に変化があれば,人体の動きに何かしらの影響が現れる.その中で,手指の動作にも影響が... [more] SIP2016-21 IE2016-21 PRMU2016-21 MI2016-21
pp.113-118
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(連催)
(併催) [詳細]
2016-03-25
14:30
長崎 福江文化会館・勤労福祉センター Design Evaluation of Low-Latency Handshake Join on FPGA
Masato YoshimiYasin OgeCelimuge WuTsutomu YoshinagaUECCPSY2015-155 DC2015-109
This work revisits the processing of sliding-window joins on... [more] CPSY2015-155 DC2015-109
pp.253-258
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2015-12-18
15:40
愛知 豊田中央研究所 [特別講演]磁性体による無線通信用RF ICチップレベルの低ノイズ化技術
山口正洋東北大EMCJ2015-101
携帯電話機のRF受信回路に信号伝達速度を向上させるために,磁性膜による高い空間分解能RF電磁近接場プローブ,ICチップレ... [more] EMCJ2015-101
pp.69-74
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
10:00
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 無線LANにおける双方向バースト伝送長の適応制御に基づく端末局省電力化手法
大森康平谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2015-142
近年,携帯端末機器による無線LAN利用が普及している.
しかし,無線LAN通信には多量の電力を消費するため,これらの機... [more]
NS2015-142
pp.89-94
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
09:20
長崎 長崎県勤労福祉会館 ハンドシェイク遅延を考慮した4相2線式非同期システムの高位合成におけるスケジューリングアルゴリズム
猪谷孝太岩垣 剛市原英行井上智生広島市大VLD2015-60 DC2015-56
本稿では,4相2線式非同期システムの高位合成におけるスケジューリング問題について議論する.高位合成の入力として与えられる... [more] VLD2015-60 DC2015-56
pp.147-152
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-31
14:00
長野 JA長野県ビル 無線LANにおけるバースト送信長と送信禁止期間の適応制御に基づく端末局省電力化手法
大森康平谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2015-63
近年,スマートフォンやタブレット端末等の携帯端末機器による無線LANの利用が急速に普及している.
しかし,無線LANに... [more]
NS2015-63
pp.153-158
 83件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会