お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2021-11-30
14:50
ONLINE オンライン開催 フォールト発見数モデルに基づいた安全関連系ソフトウェアの安全度解析
井上真二関西大)・藤原隆次SRATECH Lab.)・山田 茂鳥取大R2021-38
電気・電子・プログラマブル電子(E/E/PE)安全関連系は,機能的側面からシステム全体の安全性を確保するような機能安全を... [more] R2021-38
pp.24-29
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2021-08-18
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]タスク分離型制御のASIL D向け機能安全と60.4TOPS、13.8TOPS/WのCNNアクセラレータを備える12nm自動運転プロセッサ
松原勝重Lieske Hannoルネサス エレクトロニクス)・木村 基Renesas Electronics Europe)・中村 淳小池 学寺島和昭森川 俊堀田義彦入田隆宏望月誠二浜崎博幸亀井達也ルネサス エレクトロニクスSDM2021-39 ICD2021-10
世代の運転支援システムや自動運転システムにおいて、軽量かつ低コストの車載電子制御装置を実現するには、膨大な演算を実現する... [more] SDM2021-39 ICD2021-10
pp.48-53
SIS 2021-03-04
15:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]AIをより安全に制御に使うための一提案
金川信康日立SIS2020-50
第2次AI(人工知能)ブーム中に提案された「ニューラルネットワーク」を発展させた「ディープ・ラーニング」(深層学習)の研... [more] SIS2020-50
pp.83-87
SSS 2020-03-17
14:10
東京 東京都議会会議室
(開催中止,技報発行あり)
安全における理論とその実践 ~ 過去半世紀を振り返り来る半世紀を展望する ~
佐藤吉信医療の質向上研SSS2019-30
過去半世紀及び現在においても事故・災害の再発防止策の検討と実施は重要であった.近年ではリスクアセスメントに基づいて予想さ... [more] SSS2019-30
pp.5-8
DC 2020-02-26
11:35
東京 機械振興会館 マルチサイクルテストにおける故障検出強化のためのテストポイント挿入法
青野智己中岡典弘周 細紅王 森レイ樋上喜信高橋 寛愛媛大)・岩田浩幸前田洋一松嶋 潤ルネサス エレクトロニクスDC2019-89
車載システムの機能安全を保障するためには,システムの起動時に回路を検査するパワーオンセルフテスト(POST)が必要である... [more] DC2019-89
pp.19-24
NLP, NC
(併催)
2020-01-24
15:05
沖縄 宮古島マリンターミナル 任意N体相互作用解析に向けた自動運転安全評価用走行シナリオの網羅的分析法の検討
川野啓太九工大)・加藤良祐今長 久日本自動車研)・我妻広明九工大/理研/産総研NC2019-67
近年の自動運転技術の実用化に際して,安全評価の国際的標準化の問題が喫緊の課題となっている.従来, ある一定の認知・判断・... [more] NC2019-67
pp.45-50
SSS 2019-12-17
13:35
東京 機械振興会館 自動運転車の高速通信部向け機能安全設計技術の開発
渡邊のぞみ新保健一鳥羽忠信日立SSS2019-23
自動運転レベルの向上に伴い,ECU(Electronic Control Unit)に接続されるカメラ数が急増し,機能安... [more] SSS2019-23
pp.5-8
SSS 2019-12-17
14:45
東京 機械振興会館 高度化する安全装置のリスクアセスメントの国際規格において要求される実務 ~ IEC/TC72で定着している説明手法とその実務 ~
田伏弘幸日本ガス機器検査協会)・川島 興オリエンタルモーター)・佐藤吉信医療の質向上研SSS2019-25
国内法令が国際規格にも整合されるという方針の下、従来参考資料に過ぎなかった国際規格を正しく理解、運用することが国内の実務... [more] SSS2019-25
pp.11-14
SSS 2019-12-17
17:00
東京 機械振興会館 機械類の安全性―機械の電気装置 第1部一般要求事項 IEC60204-1及びJIS B9960-1の改訂ポイント ~ 実際の審査を通じて ~
大桃禎人テュフラインランドジャパンSSS2019-28
2016年におよそ11年ぶりに改訂された国際電気安全規格IEC60204-1は、その適応範囲の広さから機械類の設計に大き... [more] SSS2019-28
pp.23-26
R 2019-11-28
16:00
大阪 中央電気倶楽部 機能安全規格準拠のソフトウェア開発の現状と問題点
藤原隆次SRATECH Lab)・井上真二関西大R2019-48
機能安全規格を適用したソフトウェア開発において,安全要求に対する実装の正確性,有効性,妥当性等を確証するために実施要求の... [more] R2019-48
pp.29-34
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2019-08-09
10:50
北海道 北海道大学 情報科学院 3F A31 [招待講演]ISO26262 ASIL-Dをサポートする、次世代自動車アーキテクチャ向けに仮想化支援プロセッサを内蔵した28nm・600MHz車載フラッシュマイクロコントローラ
奥村直人大谷寿賀子大槻典正鈴木康文前田昇平柳田智則小池貴夫伊藤正雄上村 稔島崎靖久服部俊洋阪本憲成近藤弘郁ルネサス エレクトロニクスSDM2019-47 ICD2019-12
自動車の電気電子(E/E)アーキテクチャ進化に伴い、電子制御ユニット(ECU)の統合が求められている。ECU機能の統合に... [more] SDM2019-47 ICD2019-12
pp.67-71
NS 2019-05-16
12:00
東京 工学院大学 新宿キャンパス 安全通信におけるブラックチャネルを考慮したビットエラー率監視方式の検討
宮﨑清人伊藤直輝橋本 茂伊東輝顕三菱電機NS2019-26
FA(Factory Automation)など産業分野で用いられる安全通信は,安全層と呼ばれるアプリケーション層で通信... [more] NS2019-26
pp.37-42
SSS 2019-03-26
13:20
東京 東京都議会 組込みシステムへのAI適用時の高信頼性および安全保障手法
大森康宏樋口昭彦川上大介三菱電機SSS2018-32
本報告では,機械学習の結果を利用する組込みシステムにおいて,高い信頼性を持たせ,かつ低いコストに実装可能な安全アーキテク... [more] SSS2018-32
pp.3-6
DC 2019-02-27
14:05
東京 機械振興会館 マルチサイクルテストにおける故障検出強化のためのFFトグル制御ポイントの選択法
青野智己Hanan T.Al-Awadhi王 森レイ樋上喜信高橋 寛愛媛大)・岩田浩幸前田洋一松嶋 潤ルネサス エレクトロニクスDC2018-79
車載システムの機能安全を保証するためには,システムの起動時にテストを実行するパワーオンセルフテスト(POST)が必要とな... [more] DC2018-79
pp.49-54
SSS 2018-12-18
15:15
東京 筑波大学東京キャンパス文京校舎117教室 リスク管理のためのFRAM(機能共鳴分析手法)の確率表現について
荒関仁志日大SSS2018-28
近年,レジリエンスエンジニアリングに基づく新しい安全性評価が提案されている.レジリエンスエンジニアリングでは,事故の原因... [more] SSS2018-28
pp.13-16
SSS 2018-12-18
15:50
東京 筑波大学東京キャンパス文京校舎117教室 制御停止による機械類の安全状態の維持と国際規格の要求事項の考察
川島 興オリエンタルモーター)・佐藤吉信練馬総合病院SSS2018-29
生活支援ロボット,協働運転ロボットをはじめとする人と共通の空間で運転される機械類は,動力を供給したまま安全に停止すること... [more] SSS2018-29
pp.17-20
DC 2018-12-14
17:15
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 [招待講演]安全検証を利用したセキュリティ機能の実現 ~ セキュリティと機能安全の両立のために ~
金川信康日立DC2018-70
本発表ではまず,人工知能(AI)とは何か,なぜ安全が課題なのかを示す.続いて報告者らが提案したAIに安全検証機能を付加し... [more] DC2018-70
pp.59-64
SSS 2017-12-19
15:05
東京 機械振興会館 自動車機能安全におけるGSN要求モデリングによるシステム開発
片井正行平尾裕司長岡技科大SSS2017-28
自動車における機能安全規格ISO26262が2011年11月に発行され,次第に定着しつつある.鉄道や航空関係で導入されて... [more] SSS2017-28
pp.13-16
SSS 2017-03-21
14:20
東京 機械振興会館 機械類の機能安全及び停止制御に係る国際規格と厚生労働省告示との整合性に関する考察
川島 興オリエンタルモーター)・佐藤吉信日本環境認証機構SSS2016-33
まず,人と同一の空間で機械類の運用が実行されるようになった背景と,最近発行又は改正された産業用ロボット,生活支援ロボット... [more] SSS2016-33
pp.9-12
R 2016-12-16
14:40
神奈川 マホロバマインズ三浦(神奈川県三浦市) IEC/TC56/2016年発行IEC TR 63039“確率論的リスク分析”について
佐藤吉信JACOR2016-55
IEC TR 63039は,確率論的なリスク分析に関する次のような指針を提供する:a) 基本的な概念及び用語の定義;b)... [more] R2016-55
pp.7-12
 45件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会