お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 150件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ 2020-07-17
13:50
ONLINE オンライン開催 多次元時系列データにおける非定常変動検知技術の提案
高橋彰子池上大介NTTCQ2020-32
システムの安定運用を実現するには,装置故障をはじめとする各種イベントに伴う非定常な変動を検知し,その影響を適切に評価した... [more] CQ2020-32
pp.57-62
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
14:30
鹿児島 与論町中央公民館 Approximateネットワークに対する動的最適化基盤
平澤将一鯉渕道紘NIICPSY2019-92 DC2019-98
一定のビット誤りを許容するApproximateネットワークは,
既存のネットワークと比較して広帯域かつ低レイテンシで... [more]
CPSY2019-92 DC2019-98
pp.1-6
CPM, LQE, ED
(共催)
2019-11-22
14:00
静岡 静岡大学(浜松) InGaN量子井戸におけるMobility Edgeの見積り方法に関する実験的・理論的検討
藤田貴志坂井繁太池田優真山口敦史金沢工大)・草薙 進蟹谷裕也工藤喜弘冨谷茂隆ソニーED2019-56 CPM2019-75 LQE2019-99
InGaN混晶は、組成を変えることで理論上可視光域全域をカバー可能な半導体材料である。InGaN量子井戸における組成揺ら... [more] ED2019-56 CPM2019-75 LQE2019-99
pp.97-100
SDM 2019-11-08
10:30
東京 機械振興会館 [招待講演]不純物の離散性に伴った半導体デバイスモデリングの基本的側面 II ~ 半導体ナノ構造におけるランダム不純物 ~
佐野伸行筑波大SDM2019-75
半導体デバイスにドープされた離散的で空間に局在した不純物のデバイスシミュレーションにおける取り扱い方法は、デバイス特性ば... [more] SDM2019-75
pp.33-38
EMD 2019-06-14
16:05
東京 機械振興会館 潤滑油を使用したAuメッキリングとAgPdブラシ摺動システムにおける接触電圧降下変動分の検討Ⅱ
澤 孝一郎渡辺克忠上野貴博日本工大)・増渕博康日本電産サーボEMD2019-9
スリップリング−ブラシ摺動システムの性能を評価する主要パラメータの一つは接触電圧降下である。一般に、接触電圧降下は、一回... [more] EMD2019-9
pp.13-18
NLP 2019-05-10
14:55
大分 J:COM ホルトホール大分 リカレンスプロットの閾値変動による非線形時系列信号の特徴抽出
金丸志生東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2019-5
本稿では,非線形時系列解析手法の一つであるリカレンスプロットとそれを拡張した同方向的近傍プロットを適用した解析対象時系列... [more] NLP2019-5
pp.23-28
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]適応フィルタの係数を利用する音源方向推定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2018-141 SIP2018-147 SP2018-103
本検討では,適応フィルタの係数の変動を利用して直接音と反射音を識別し,両マイクロホン間の信号遅延を算定して音源方向を推定... [more] EA2018-141 SIP2018-147 SP2018-103
pp.243-250
EA 2018-12-14
11:20
福岡 九州大学 Filtered-x法を安定して始動させるための自動ステップサイズ調整法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大EA2018-91
本検討では,騒音低減効果を発散させることなくステップサイズを安定動作条件内に収束させる方法の1つを提案する.通常,騒音制... [more] EA2018-91
pp.67-74
ED, LQE, CPM
(共催)
2018-11-30
13:05
愛知 名古屋工業大学 InGaN量子井戸の組成揺らぎ評価に関する実験的・理論的検討
藤田貴志坂井繁太池田優真山口敦史金沢工大)・蟹谷裕也冨谷茂隆ソニーED2018-48 CPM2018-82 LQE2018-102
InGaNはInNとGaNの混晶であり、組成を変えることでバンドギャップの調整ができる。InGaN量子井戸における組成揺... [more] ED2018-48 CPM2018-82 LQE2018-102
pp.75-78
ED, LQE, CPM
(共催)
2018-11-30
13:30
愛知 名古屋工業大学 光励起誘導放出光測定によるInGaN量子井戸レーザのポテンシャル揺らぎ評価
大島一輝池田優真坂井繁太山口敦史金沢工大)・蟹谷裕也冨谷茂隆ソニーED2018-49 CPM2018-83 LQE2018-103
InGaN量子井戸(QW)では、In組成揺らぎや井戸幅揺らぎに起因してポテンシャル揺らぎが顕著に現れる。これまでに、この... [more] ED2018-49 CPM2018-83 LQE2018-103
pp.79-82
CCS 2018-11-22
15:20
兵庫 神戸大学 アローヘッド市場は効率的市場となったのか?
田中美栄子明大)・山中雅則日大CCS2018-38
株式取引の高速化に伴い,株価揺らぎの統計性も変化する可能性が有ると考え,2012~2017のアローヘッド株価の全取引デー... [more] CCS2018-38
pp.29-32
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-19
14:30
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 光ファイバ伝送路が各瞬間に与え得る最大の偏波状態の回転率の統計的な分布
神田祥宏村井 仁佐々木浩紀OKIOCS2018-48 OPE2018-84 LQE2018-73
あらゆる入力偏波状態に対し,光ファイバ伝送路が各瞬間に与え得る最大のストークスベクトルの回転率の統計的な分布を述べる.実... [more] OCS2018-48 OPE2018-84 LQE2018-73
pp.111-116
WPT, EE
(併催)
2018-10-04
09:00
京都 京都大学宇治キャンパス 共鳴ブリッジT整流回路の試作
阿部晋士坂井尚貴大平 孝豊橋技科大WPT2018-36
著者らはモータや二次電池など動作状態によって抵抗値が変動するDC負荷に対しても安定に高効率な無線電力伝送を行うために,
... [more]
WPT2018-36
pp.39-43
EMD 2018-06-15
14:40
東京 機械振興会館 潤滑油を使用したAuメッキリングとAgPdブラシ摺動システムにおける接触電圧降下変動分の検討
澤 孝一郎大塚智晴渡辺克忠上野貴博日本工大)・増渕博康日本電産サーボEMD2018-10
スリップリング−ブラシ摺動システムの性能を評価する主要パラメータの一つは接触電圧降下である。一般に、接触電圧降下は、一回... [more] EMD2018-10
pp.13-18
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
14:25
京都 京都テルサ 第二次アローヘッド市場におけるサブミリ秒価格変動の統計分布
田中美栄子明大)・山中雅則日大)・井倉 S. 弓彦明大NLP2018-48 CCS2018-21
近年,世界の金融システムの高速化とそれに伴う市場の統合が進み,日本では2013年に東証と大証が統合するなど変革が進んでい... [more] NLP2018-48 CCS2018-21
pp.115-118
MBE, NC
(併催)
2018-05-19
17:15
富山 富山大学 ヒト定常歩行ストライド時間の1/fゆらぎ生成メカニズムに関する考察
付 春江鈴木康之・○野村泰伸阪大MBE2018-6
若年健常者に整定地やトレッドミル上で一定速度の歩行(定常歩行)をさせた際に得られるストライド時間間隔時系列は,101から... [more] MBE2018-6
p.27
LQE, CPM, ED
(共催)
2017-11-30
14:25
愛知 名古屋工業大学 InGaN量子井戸における発光ピークのS字型温度依存性の詳細解析
池田優真坂井繁太大島一輝山口敦史金沢工大)・蟹谷裕也冨谷茂隆ソニーED2017-51 CPM2017-94 LQE2017-64
LEDやレーザダイオードの発光層として用いられるInGaN量子井戸において、PLピークエネルギーのS字型温度依存性(S-... [more] ED2017-51 CPM2017-94 LQE2017-64
pp.11-14
SDM 2017-11-10
11:00
東京 機械振興会館 [招待講演]不純物の離散性に伴った半導体デバイスモデリングの基本的側面 ~ ランダム不純物ばらつきと自己平均化 ~
佐野伸行筑波大SDM2017-68
ナノスケール半導体デバイスにランダムドープされたイオン化不純物の離散性による輸送特性やデバイスモデリングへの影響について... [more] SDM2017-68
pp.37-42
MI 2017-07-06
15:00
宮城 東北大学 [招待講演]経頭蓋内因性光信号イメージングによるマウス大脳皮質自発性活動の解析
片山統裕東北大MI2017-27
我々は,マウスの自発性脳活動を解析するために2種類の経頭蓋内因性光信号(OIS)イメージング法,すなわち,神経活動に依存... [more] MI2017-27
pp.7-10
NLP 2017-03-15
11:00
青森 ねぶたの家 ワ・ラッセ(青森市) 環境ノイズを加えた資源収支モデルによる隔年結実現象
栗田いずみ島田 裕藤原寛太郎池口 徹東京理科大NLP2016-122
ある種の果樹では,生り年と不生り年を交互に繰り返す現象を呈するものがある.このような現象... [more] NLP2016-122
pp.81-86
 150件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会