お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
09:50
ONLINE オンライン開催 V4における表面と形状の同時表現
町田 樹樹神 篤酒井 宏筑波大NC2020-42
複数の異なる画像特徴の統合は,ヒトの物体認識処理における重要な機能である.特に物体表面テクスチャと物体形状のコーディング... [more] NC2020-42
pp.7-10
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
16:35
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
図地分離に対するサルV4神経細胞の反応と知覚の一貫性 ~ 電気生理実験,知覚心理実験および線形受容野カーネルモデルによる解析 ~
宍倉基文鈴木一史筑波大)・山根ゆか子田村 弘阪大)・酒井 宏筑波大NC2019-88
物体全体が見えない程度に切り抜いた自然画像パッチを呈示すると,ヒトは必ずしも一貫した図方向を知覚することができない。この... [more] NC2019-88
pp.71-75
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
11:15
東京 機械振興会館 サル視覚皮質V4における図地選択性細胞発火の潜時と同期解析
蓑輪 大蓮池正晴筑波大)・山根ゆか子田村 弘阪大)・酒井 宏筑波大NC2016-90
視野内の物体(図)と背景(地)を区別して知覚する視覚処理を図地識別と呼ぶ.その皮質メカニズムとして,サルの視覚皮質V4領... [more] NC2016-90
pp.155-158
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催)
2014-12-02
10:45
宮城 東北大学電気通信研究所 単眼性輪郭情報が両眼立体視に及ぼす影響
石井雅博安岡晶子札幌市大HIP2014-74
本研究では,ランダムドットステレオグラムでの奥行き知覚を調べた.両眼網膜像差を与えるターゲット領域をダイナミックランダム... [more] HIP2014-74
pp.37-40
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
15:25
東京 玉川大学 図方向知覚を生起する周辺変調構造のSVMによる数理的解析
中田悠介酒井 宏筑波大NC2011-133
任意の点でBorder-Ownership(図方向)を決定することは、図地分離において重要なステップである。BO選択性を... [more] NC2011-133
pp.69-74
NC, MBE
(併催)
2009-12-11
12:45
愛知 豊橋技術科学大学 運動方向に基づく特徴注意が図方向知覚に及ぼす変調
沖 めぐみ筑波大)・我妻伸彦学振/理研)・酒井 宏筑波大NC2009-63
我々が物体を知覚するとき,視野中の物体位置を判断しそれらを背景から分離する図地分離が行われる.図地分離の中でも,図が輪郭... [more] NC2009-63
pp.1-6
NC, MBE
(併催)
2009-03-12
13:50
東京 玉川大学 周辺変調を起源とする図方向選択性が導くGestalt要因
青野健介清水亮平酒井 宏筑波大NC2008-132
サルの初中期視覚野において,Border-Ownership(図方向)に選択性を示す細胞が報告されている.このBO 選択... [more] NC2008-132
pp.171-175
NC 2007-03-16
09:50
東京 玉川大学 図地分離がぼけ順応に与える影響
観音隆幸今住優吾中内茂樹豊橋技科大)・堺 浩之臼井支朗理研
刺激切り替わりタイミングの違いによって引き起こされる図地分離がぼけ順応に与える影響を調べた.
ローパスフィルタによって... [more]
NC2006-187
pp.7-10
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会