お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OPE, LQE
(共催)
2020-11-20
15:30
ONLINE オンライン開催 光通信用DFBレーザの注入電流および温度協調制御による高信頼なサブミリ秒波長切替手法の検討
葉 聖鴻新谷友里久保木 猛加藤和利九大OPE2020-58 LQE2020-38
ネットワークシステム向けの高速・高信頼性光スイッチを実現するために、チューナブルレーザとアレイ導波路回折格子からなる光ス... [more] OPE2020-58 LQE2020-38
pp.66-70
EE, IEE-SPC
(連催)
2020-07-10
11:10
ONLINE オンライン開催(Zoom) フィードフォワード制御のみを用いたディジタル制御降圧形コンバータにおける過渡特性の改善について
住田令央佐藤輝被大分大EE2020-10
著者らはこれまでに,降圧形コンバータにおいて負荷電流及び入力電圧を検出し,時比率の操作量を決定するフィードフォワード制御... [more] EE2020-10
pp.31-36
EE, IEE-HCA
(連催)
2020-05-22
16:05
ONLINE オンライン開催 フィードフォワード制御のみを用いたディジタル制御DC-DCコンバータの過渡特性について
住田令央佐藤輝被大分大EE2020-4
負荷電流及び入力電圧を検出することで,これらの外乱に対する出力電圧への影響量を計算し,時比率に反映するフィードフォワード... [more] EE2020-4
pp.19-23
EE 2020-01-16
09:55
鹿児島 宝山ホール(鹿児島市) フィードフォワード制御のみを用いたディジタル制御DC-DCコンバータについて
住田令央佐藤輝被大分大EE2019-66
一般的にディジタル制御DC-DCコンバータでは,負荷電流変動や入力電圧変動などの外乱に対して出力電圧を一定に保つため,出... [more] EE2019-66
pp.103-108
EE, CPM, OME
(共催)
2018-11-21
14:50
東京 機械振興会館 地下三階 B3-6 Hブリッジ形DC-DCコンバータを用いたアイドリングストップ用電源について
大隈惇平佐藤輝被大分大EE2018-30 CPM2018-58 OME2018-18
本稿では,ディジタル制御方式の昇圧形DC-DCコンバータおよびHブリッジ形DC-DCコンバータにおける,入力電圧に対する... [more] EE2018-30 CPM2018-58 OME2018-18
pp.25-29
NC, MBE
(併催)
2018-10-19
16:50
宮城 東北大学 ヒト3関節腕の運動物体捕獲特性とその数理的モデル
木村安伸松井利一群馬大NC2018-19
本研究では,ヒト腕が等速直線運動を行なう物体を捕獲する動作をシミュレートする数理モデルを構築し,その有効性を検証する.具... [more] NC2018-19
pp.33-38
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]ヘッドマウント型フィードフォワードANCシステムに関する検討 ~ Case(2,1,1)ANCシステムに拡張した場合の騒音低減効果について ~
三宅拓実岩居健太梶川嘉延関西大EA2017-125 SIP2017-134 SP2017-108
工場内のような複雑な騒音環境における騒音低減手法としてヘッドマウント型シングルチャネルANCシステムが研究されている.
... [more]
EA2017-125 SIP2017-134 SP2017-108
pp.135-140
EA, US
(併催)
2017-01-26
10:30
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 能動騒音制御下における帰還系再推定法に関する検討
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大US2016-110 EA2016-78
本報告では,フィードフォワード型能動騒音制御システムの動作中に帰還系の再推定が必要となったことを検出する対策が騒音低減効... [more] US2016-110 EA2016-78
pp.185-190(US), pp.61-66(EA)
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-28
13:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]FPGAを用いたフィードフォワードANCシステムに関する検討
原田拓実梶川嘉延関西大)・西村正治鳥取大EA2015-95 SIP2015-144 SP2015-123
フィードフォワードANC システムは騒音を参照マイクロホンにより収音することで,広帯域騒音などのさまざまな騒音の低減が可... [more] EA2015-95 SIP2015-144 SP2015-123
pp.171-174
OPE 2015-12-11
10:45
石川 しいのき迎賓館 フィードフォワード制御による波長可変レーザの波長切替高速化
立本雄大木村凌河九大)・下小園 真石井啓之NTT)・加藤和利九大OPE2015-143
波長可変範囲が広く高速波長切替が可能な波長可変レーザであるTDA (Tunable Distributed Amplif... [more] OPE2015-143
pp.21-24
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2015-06-18
10:45
北海道 小樽商科大学 マイクロホンアレイによる騒音源分離を利用したマルチチャネルフィードフォワードANCシステムに関する検討
木下 哲梶川嘉延関西大CAS2015-16 VLD2015-23 SIP2015-47 MSS2015-16
マルチチャネルフィードフォワードANCシステムは,騒音源のすぐ近くに参照マイクロホンを設置することによって,広帯域騒音な... [more] CAS2015-16 VLD2015-23 SIP2015-47 MSS2015-16
pp.83-88
OCS, OPE, LQE
(共催)
2014-10-30
13:40
長崎 長崎歴史文化博物館 フィードフォワード制御を用いた波長可変レーザの波長切替応答高速化に関する研究
恩地裕和立本雄大武内翔太九大)・布谷伸浩下小園 真石井啓之NTT)・加藤和利九大OCS2014-48 OPE2014-92 LQE2014-66
波長ルーティングシステム進展のためには、波長可変範囲が広く高速波長切替が可能な波長可変レーザが必要不可欠である.本稿では... [more] OCS2014-48 OPE2014-92 LQE2014-66
pp.33-36
NC, MBE
(併催)
2013-11-22
13:25
宮城 東北大学 予測の不確実性に応じた手首インピーダンス制御モデル
小川展夢神原裕行小池康晴東工大NC2013-47
でこぼこの道を自転車で走る場合,手にかかる衝撃の大きさやタイミングを予想する事は困難である.このとき人は,ハンドルを握る... [more] NC2013-47
pp.7-12
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-09
10:10
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 工場内騒音のためのアクティブノイズコントロールシステムの検討
鐵 寛文梶川嘉延関西大CAS2011-152 SIP2011-172 CS2011-144
工場内では製造機器から90dB 以上の騒音が発生しており,作業者間の会話を妨げるだけでなく,騒音暴露による作業者へのスト... [more] CAS2011-152 SIP2011-172 CS2011-144
pp.251-256
EE, IEE-IEA
(連催)
2010-05-28
15:40
東京 機械振興会館 Hブリッジ形DC-DCコンバータの高効率動作
大倉慶真合田智哉鍋島 隆佐藤輝被西嶋仁浩大分大EE2010-4
昇降圧動作が可能なHブリッジ形DC-DCコンバータについて,広範囲の入出力電圧変換率に対しシームレスかつ高効率で動作させ... [more] EE2010-4
pp.47-52
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
17:40
東京 玉川大学 強化学習とリカレントネットを用いた並列で柔軟な学習制御システムの枠組み
高津聡志後藤健太柴田克成大分大NC2009-114
筆者らは、センサからモータ(アクチュエータ)までをニューラルネットでつなぎ、強化学習で学習することで、自律的、合目的的に... [more] NC2009-114
pp.155-160
ICD, CPM
(共催)
2005-09-08
15:20
東京 機械振興会館 2GHz帯小型フィードフォワード型電力増幅器モジュール
加屋野博幸東芝)・大塚勇寿鈴木政雄石黒理也東芝ディエムエス)・橋本龍典東芝
1枚基板上に全ての回路を実装した2GHz帯フィードフォワード型電力増幅器モジュールを開発した。フィードフォワード型リニア... [more] CPM2005-94 ICD2005-104
pp.49-52
CAS, SIP, VLD
(共催)
2005-06-27
11:10
宮城 東北大学 フィードフォワード形およびフィードバック形ブラインド信号源分離における信号分離および信号歪の解析
堀田明秀中山謙二平野晃宏金沢大
ブラインド信号源分離では(BSS)は出力を独立にするように
学習が行なわれる.
したがって,信号歪みが生じる可能性が... [more]
CAS2005-5 VLD2005-16 SIP2005-29
pp.25-30
SIP 2005-01-21
09:25
愛知 名工大 フィードフォワード形ブラインド信号源分離における信号歪み抑制学習法
堀田明秀中山謙二平野晃宏出島康宏金沢大
ブラインド形信号源分離(BSS)に関して,フィードフォワード形(FF)BSSとフィードバック形
(FB)BSSの分離特... [more]
SIP2004-111
pp.7-12
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会