お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 124件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI 2022-01-20
16:30
長野 野沢温泉スパリーナ コンベンションホール (ハイブリッド開催を予定)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]ビームフォーミングフィードバックを用いたモデル駆動な出射角推定の検討
板原壮平京大)・西尾理志京大/東工大)・山本高至京大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
16:00
ONLINE オンライン開催 予測形判定帰還多重遅延検波を用いた差動OFDMの基本特性
長舩大陽久保博嗣立命館大RCS2020-90
OFDM (orthogonal frequency division multiplexing) は,周波数選択性に有... [more] RCS2020-90
pp.61-67
RCS 2020-06-24
13:50
ONLINE オンライン開催 ACK/NAK情報のみを用いた機械学習に基づく適応送信レート制御法の一検討
遠藤拓海樋口健一東京理科大RCS2020-25
本稿では,適応変復調誤り訂正符号化に基づく送信機での適応送信レート制御について,ACK/NAK情報のみを用いた機械学習に... [more] RCS2020-25
pp.13-18
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
13:35
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
音声の基本周波数に対する聴覚の影響の測定への周波数領域ベルベットノイズの応用について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・津崎 実京都市芸術大)・松井淑恵豊橋技科大)・森勢将雅明大)・入野俊夫和歌山大EA2019-161 SIP2019-163 SP2019-110
インパルス応答測定用の新しい信号である周波数領域ベルベットノイズを、発声への聴覚刺激の影響を調 べるために応用する方法を... [more] EA2019-161 SIP2019-163 SP2019-110
pp.349-354
AP, RCS
(併催)
2019-11-22
15:05
佐賀 佐賀大学 [依頼講演]Time Reversal DFEによる水中音響通信の研究 ~ MIMO通信、マルチユーザ通信への応用 ~
志村拓也出口充康樹田行弘渡邊佳孝海洋研究開発機構AP2019-139 RCS2019-234
水中の音響通信では、空中の電波通信と比べて、マルチパス波による干渉やドップラーシフトの影響が桁違いに大きく、利用可能な周... [more] AP2019-139 RCS2019-234
pp.181-186(AP), pp.175-180(RCS)
RCC, ITS, WBS
(共催)
2019-11-06
14:15
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 深層展開による出力フィードバック安定化の検討
小林恒輝小蔵正輝奈良先端大)・岸田昌子NII)・和田山 正名工大)・杉本謙二奈良先端大WBS2019-34 ITS2019-25 RCC2019-65
本稿では深層展開を用いた静的出力フィードバック制御系の安定化手法の提案を行う.静的出力フィードバック安定化問題は,システ... [more] WBS2019-34 ITS2019-25 RCC2019-65
pp.59-62
RCS 2019-10-25
14:35
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) [依頼講演]マルチセルMassive MIMOにおけるセミブラインドMMA及びMMSE-SMIによる多値信号への適応
丸田一輝安 昌俊千葉大RCS2019-199
Massive MIMOシステムにおいて多数のユーザ端末を空間多重により収容する場合,チャネル推定に必要な直交系列数には... [more] RCS2019-199
pp.115-120
RCS 2019-10-25
15:40
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信を単方向通信から双方向通信に拡張
小池 誠小池誠マイクロ波研RCS2019-201
マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信では受信者の頭部に直接,音声を伝達することができるが,単方向通信にとどまる.したがっ... [more] RCS2019-201
pp.127-132
DC, SS
(共催)
2019-10-24
16:00
熊本 熊本大学 n回状態遷移被覆に基づく非スキャンオンラインテスト法
池ヶ谷祐輝石山悠太細川利典日大)・吉村正義京都産大SS2019-19 DC2019-47
VLSIの経年劣化による障害を回避する手段の一つとして,通常動作時に回路の出力や内部信号線の値を監視するオンラインテスト... [more] SS2019-19 DC2019-47
pp.37-42
US 2019-08-28
15:45
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 高速水中音響通信の研究開発 ~ Time ReversalによるMIMO通信の研究、しんかい6500搭載音響通信装置の開発 ~
志村拓也出口充康樹田行弘渡邊佳孝海洋研究開発機構US2019-43
水中の音響通信では、空中の電波通信と比べて、マルチパス波による干渉やドップラーシフトの影響が桁違いに大きく、使用できる周... [more] US2019-43
pp.33-38
SCE 2019-04-19
13:25
東京 機械振興会館 SFQ論理によるディジタルSQUID磁束計の実装に関する検討
明連広昭松繩 諒板垣航希大嶋一太長谷川雄一成瀬雅人田井野 徹埼玉大SCE2019-7
単一磁束量子(SFQ)論理回路を用いたサブ磁束量子フィードバックを用いたディジタルSQUID磁束計は 非常に高いスルーレ... [more] SCE2019-7
pp.33-38
SIS 2019-03-07
10:20
東京 東京理科大学葛飾キャンパス 広帯域OFDMシステムにおける判定帰還型IQインバランス補償に関する一検討
稲田広輝笹岡直人中川匡夫伊藤良生鳥取大SIS2018-46
無線通信の高速化を実現するために高周波化・広帯域化が進められているが,これらにより直交変調器・復調器においてI・Q信号成... [more] SIS2018-46
pp.49-52
RCC 2019-01-25
14:20
東京 一般財団法人電力中央研究所 大手町会議室 多元接続方式が電力線通信による複数機器遠隔制御の品質に及ぼす影響
長谷川 充小林健太郎岡田 啓片山正昭名大RCC2018-109
本研究では,複数機器のフィードバック制御を行うシステムに電力線通信を用いた場合について考える.電力線通信ではチャネル特性... [more] RCC2018-109
pp.13-18
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2018-11-12
16:40
静岡 熱海伊豆山温泉 ハートピア熱海 心拍変動バイオフィードバックのペトリネットモデル
新里幸恵名嘉村盛和琉球大)・金城秀樹沖縄大)・國田 樹琉球大CAS2018-66 MSS2018-42
本稿では心拍変動バイオフィードバックのためのペトリネットモデルを提案する.
提案するペトリネットモデルは心拍変動の主な... [more]
CAS2018-66 MSS2018-42
pp.49-54
RCS 2018-10-19
15:55
東京 機械振興会館 [奨励講演]マルチセルMassive MIMOシステムにおけるパイロット汚染除去のための干渉抑圧方式
丸田一輝安 昌俊千葉大RCS2018-177
Massive MIMOシステムにおいて多数のユーザを空間多重する場合,パイロット汚染によりユーザ間干渉,セル間干渉とも... [more] RCS2018-177
pp.143-148
RCS 2018-06-21
13:30
長崎 長崎大学 水中音響通信のための差動マルチキャリア伝送方式と予測形判定帰還多重遅延検波
塚本圭哉竹村真志久保博嗣立命館大RCS2018-58
本報告では,水中音響通信(UWAC) のためのマルチキャリア伝送方式に関して論じる.UWACにおいては,厳しい時間選択性... [more] RCS2018-58
pp.137-142
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]コヒーレント量子PIDフィードバック制御
野尻裕紀山本直樹慶大
量子増幅器を用いると, 量子信号に対する能動的な微分器(Differentiator)と積分器(Integrator)を... [more]
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
13:00
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ [ポスター講演]バーチャルセンシングを用いたフィードフォワードANCシステムの実装における有効性の検証
枝元祥馬梶川嘉延関西大EA2017-131 SIP2017-140 SP2017-114
ANCシステムは騒音に対して同振幅,逆位相の擬似騒音を生成することで騒音を打ち消す技術である.その際,消音領域は配置され... [more] EA2017-131 SIP2017-140 SP2017-114
pp.163-168
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
12:05
沖縄 沖縄産業支援センター 適応的な音提示によるストレス制御支援システムの検討
橋口 航名大)・森田純哉静岡大)・平山高嗣間瀬健二名大IMQ2017-30 IE2017-122 MVE2017-72
社会生活における過度なストレスは,生産性の低下や疾患の発症といった負の影響を引き起こす.このようなストレスによる負の影響... [more] IMQ2017-30 IE2017-122 MVE2017-72
pp.35-40
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
10:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク スペクトル折返しスカラーフィードバックによる広帯域非線形信号処理法の解析
土生 卓山尾 泰鈴木 博電通大RCS2017-328
無線通信の高速化・大容量化に向けて,5Gなど次世代移動通信システムでは無線通信帯域の拡大,より多値の変調方式の積極的な使... [more] RCS2017-328
pp.63-68
 124件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会