お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 566件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2021-08-27
11:05
ONLINE オンライン開催 衛星データフュージョンによる被害評価と重要特徴量の解析
ジョシ グンジャン夏秋 嶺廣瀬 明東大SANE2021-29
近年、 衛星によるリモートセンシング、特に合成開口レーダ(SAR)と光学センサの解像度と検出能力は、地震の被害を正確に検... [more] SANE2021-29
pp.37-42
MI 2021-03-15
13:45
ONLINE オンライン開催 下顎骨再建に重要な特徴量群抽出に基づく手術計画モデルの生成
永井一希中尾 恵京大)・上田順宏奈良県立医科大)・今井裕一郎洛和会音羽病院)・畠中利英桐田忠昭奈良県立医科大)・松田哲也京大MI2020-54
医師は医学知識と経験を駆使して医療行為を遂行しており,その判断基準が明確になれば手術手技の体系化に繋がると考えられる.こ... [more] MI2020-54
pp.29-34
MI 2021-03-15
14:00
ONLINE オンライン開催 下顎骨再建計画に重要な特徴量の複数医師間の解析
畑山侑介永井一希中尾 恵松田哲也京大MI2020-55
医師は医療機関の設備や方針,自らの経験を考慮に入れて医療行為を遂行しており,画一的に最適化された機械学習モデルが受け入れ... [more] MI2020-55
pp.35-40
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-03-04
16:20
ONLINE オンライン開催 画像特徴量抽出と特徴量合成に基づく医療画像データに対するVQA
馬田英雄青野雅樹豊橋技科大PRMU2020-81
近年、コンピュータビジョンや自然言語処理の分野で深層学習の研究が著しく成長しており、様々な分野で人工知能の応用について期... [more] PRMU2020-81
pp.71-76
SIS 2021-03-05
11:50
ONLINE オンライン開催 衣服抽出機構を備えた画像ベース仮想試着システムの提案
池永拓海石川秀大大分高専SIS2020-59
近年,計算機上で仮想的に試着を行う仮想試着の研究が注目されている.既存の研究では,衣服モデルの特徴を人物の服領域に遷移さ... [more] SIS2020-59
pp.132-137
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-04
16:45
ONLINE オンライン開催 オーディオビジュアル目的話者抽出の実環境動作に向けたattention機構の検討
佐藤 宏落合 翼木下慶介デルクロア マーク中谷智広荒木章子NTTEA2020-88 SIP2020-119 SP2020-53
目的話者抽出技術とは, 目的話者に関する手がかりを用いて混合音からその話者の音声を抽出する技術である. 従来目的話者手が... [more] EA2020-88 SIP2020-119 SP2020-53
pp.170-175
BioX, CNR
(共催)
2021-03-02
09:30
ONLINE オンライン開催 脳波指標と心拍変動指標による感情推定モデルの構築とその評価
鈴木 圭松原良太菅谷みどり芝浦工大BioX2020-40 CNR2020-13
人の感情推定技術として近年,複数の生体情報を用いる手法が提案されている.浦部らは,脳波・心拍変動指標を特徴量として用いた... [more] BioX2020-40 CNR2020-13
pp.1-6
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-02
16:30
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) 敵対的生成ネットワークを用いた審美性を考慮した画像生成手法
田嶋 裕陳 キュウ工学院大IMQ2020-27 IE2020-67 MVE2020-59
さまざまな製品や映画ポスターなどのデザインは,顧客を惹き付ける必要がある.本研究では,デザイナーの作業をサポートするよう... [more] IMQ2020-27 IE2020-67 MVE2020-59
pp.82-86
NC, NLP
(併催)
2021-01-21
10:05
ONLINE オンライン開催 リカレンスプロット密度の変化による非線形時系列の特性抽出
金丸志生スヴィリドヴァ ニーナ東京理科大)・島田 裕埼玉大)・池口 徹東京理科大NLP2020-41
リカレンスプロットは力学系を定性的に把握するための有効な非線形時系列解析手法の一つである.
また,再帰定量化解析手法を... [more]
NLP2020-41
pp.7-12
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
10:05
ONLINE オンライン開催 多指のロボットハンドによるサイズの異なるコップを把持するための視覚-運動変換モデルの検証
松田 基福村直博豊橋技科大NC2020-36
画像認識手法を用いた物体認識及びグリッパなどによる物体把持が盛んに研究されている.その多くは教師あり学習として与えられた... [more] NC2020-36
pp.24-28
IN 2021-01-19
10:30
ONLINE オンライン開催 発言者識別を用いた対話型キャラクタのセリフの違和感検出
森 康汰荒澤孔明服部 峻室蘭工大IN2020-50
近年,スマートフォンの普及に伴い若者を中心にソーシャルゲームが人気を集めている.そのソーシャルゲームの魅力として短いスパ... [more] IN2020-50
pp.38-42
PRMU 2020-12-18
17:00
ONLINE オンライン開催 ノイズ付加に伴う貢献度パターン変動に基づく領域抽出AIの特性評価手法
森 靖英浜 直史恵木正史日立PRMU2020-67
機械学習を用いた画像認識AIは,一般にその処理がブラックボックス化されており,運用においては動作特性の把握が課題となって... [more] PRMU2020-67
pp.166-171
AI 2020-12-10
15:00
静岡 オンライン,およびアクトシティ浜松研修交流センター401会議室(楽器博物館の建物の4
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
BERTによる重要語抽出と論文タイトル評価に基づく論文タイトル生成システムの試作
賀来健人大囿忠親新谷虎松名工大AI2020-4
論文執筆の慣れていない人に対し,論文内容を的確に表すタイトルの作成を支援するために,適切な タイトルの提示をするシステム... [more] AI2020-4
pp.19-24
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-26
09:50
ONLINE オンライン開催 浅海海中位置推定に特化した電界数値積分の高速化について
石井 望新潟大)・高橋応明千葉大)・陳 強東北大)・吉田 弘海洋研究開発機構AP2020-84 RCS2020-123
著者らは電磁界を利用した浅海海中位置推定について検討している.この場合,例えば,送信側の微小ダイポールからの電磁界を評価... [more] AP2020-84 RCS2020-123
pp.60-65(AP), pp.75-80(RCS)
OPE, OCS, LQE
(共催)
2020-10-23
16:40
ONLINE オンライン開催 再生高調波モード同期ファイバリングレーザの繰り返し周波数倍化に関する実験的検討
髙山康之カーリヤワサム インディーパーラゲー アミラ サムパット前田譲治東京理科大OCS2020-21 OPE2020-44 LQE2020-24
再生高調波モード同期は,出力パルスから変調クロック信号を抽出する手法であり,極めて安定な高繰り返し周波数の自励パルス発振... [more] OCS2020-21 OPE2020-44 LQE2020-24
pp.67-71
PRMU 2020-10-09
15:00
ONLINE オンライン開催 石材特徴と形状評価を用いた熊本城石垣領域抽出の検討
山崎雄喜右田雅裕上瀧 剛戸田真志熊本大)・岸上剛士凸版印刷PRMU2020-28
熊本城石垣修復処理を効率化するために石垣照合システムの開発を進めており,照合のために崩落前後の画像から石垣輪郭情報を抽出... [more] PRMU2020-28
pp.56-61
NLC 2020-09-10
09:40
ONLINE オンライン開催 ランキング学習を用いた関連記事候補の抽出
塩田 宰嶋田和孝九工大)・野上真司福山修平西日本新聞NLC2020-1
オンラインで発行されるニュース記事に付与されている関連記事は,読者が有益な情報にアクセスすることを容易にする役割があり,... [more] NLC2020-1
pp.1-6
NLC 2020-09-10
10:05
ONLINE オンライン開催 大学医学部Webサイトからの医療技術文の抽出
菅原佑太高野海斗酒井浩之成蹊大NLC2020-2
本研究では,大学医学部Webサイトから医療技術を含む文を深層学習を用いて抽出する手法を提案する.例えば「グループによる3... [more] NLC2020-2
pp.7-10
MVE 2020-09-09
12:00
ONLINE オンライン開催(国士舘大学から変更) [ショートペーパー]Semantic structurization of geotagged tweets for real-world information retrieval
Jeongwoo LimNaoko NittaKazuaki NakamuraNoboru BabaguchiOsaka Univ.MVE2020-15
Twitter is a useful source for retrieving up-to-date informa... [more] MVE2020-15
pp.27-28
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
09:30
京都 京都大学
(開催中止,技報発行あり)
訓練画像セットの非対称性を用いた対象領域抽出
中村 凌植田祥明藤木 淳田中 勝福岡大PRMU2019-88
機械学習を用いて対象領域を抽出するためには各ピクセル毎に教師ラベルを与える必要がある.各ピクセ ル毎に教師ラベルを与える... [more] PRMU2019-88
pp.115-119
 566件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会