お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT, EE
(併催)
2019-10-10
14:00
滋賀 龍谷大学瀬田キャンパス RECホール (小ホール) 共振器結合型WPTシステム用FETスイッチ式適応整合回路
永田智士石崎俊雄龍谷大WPT2019-39
適応型整合回路においてFETスイッチで容量を切り替える場合、ドレイン・ソース間のオフ容量が無視できない。逆に、オフ容量を... [more] WPT2019-39
pp.67-71
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) An analytic signal with a cosine series envelope for excitation source analyses of voiced speech -- Practical substitute of Flanagan's equation --
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Ken-Ichi SakakibaraHealth Science Univ.)・Hideki BannoMeijyo Univ.)・Masanori MoriseUniv. YamanashiEA2018-63 EMM2018-63
瞬時周波数と群遅延は,それぞれ位相の時間微分と周波数微分として定義されており,そのままでは,逆三角関数や位相のunwra... [more] EA2018-63 EMM2018-63
pp.1-5
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2018-01-25
14:00
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 紫外発光混晶アルミン酸亜鉛蛍光体の発光特性
松浦大河小南裕子中西洋一郎原 和彦静岡大EID2017-33
スピネル構造をもつアルミン酸亜鉛(ZnAl2O4)のAlサイトをGaで置換することでバンドギャップを制御し、発光波長を制... [more] EID2017-33
pp.13-16
OFT, OCS
(併催)
2015-08-28
13:50
北海道 小樽経済センター 側方クラッド励振法を利用したマルチコア光ファイバの軸回転調整の検討
田中正俊八若正義谷口浩一三菱電線OFT2015-24
マルチコア光ファイバの融着接続は,全てのコアの軸ずれを抑制するために軸回転調整を行ってから接続する必要がある.本報告では... [more] OFT2015-24
pp.43-46
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [一般発表]声区転換におけるピッチとフォルマント周波数の関係性の分析
上江洲安史古川貴博鏑木時彦九大SP2014-26
音声のピッチを徐々に上昇させたとき、地声から裏声に声区が切り替わる現象を声区転換と言う。声区転換では、声帯振動が不安定に... [more] SP2014-26
pp.297-302
SDM 2013-12-13
13:50
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 軟X線源を用いたSi中B原子の低温活性化技術の開発
部家 彰草壁 史丸山裕樹松尾直人神田一浩兵庫県立大)・野口 隆琉球大SDM2013-127
10nm程度の極浅接合形成のため、アンジュレータ光源を用いた軟X線照射によるSi中B不純物の低温活性化について検討した。... [more] SDM2013-127
pp.67-72
OME, IEE-DEI
(連催)
2012-01-20
14:20
愛知 名古屋大学 紫外光照射下における酸化チタン薄膜の電子と正孔の移動度
渡邉悠介村本裕二清水教之名城大OME2011-75
酸化チタン(TiO2)は紫外光を吸収することで、光触媒として働く。これは紫外光によって価電子帯の電子が伝導帯に励起される... [more] OME2011-75
pp.35-39
PN, OPE, EMT, LQE
(共催)
2009-01-30
14:50
京都 京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス) 影理論を用いた誘電体周期構造による散乱界の表現
浅居正充近畿大)・松本恵治阪産大)・若林秀昭山北次郎岡山県立大PN2008-83 OPE2008-186 LQE2008-183
周期表面による平面波散乱問題において、低入射角極限(grazing)の場合に入射波を相殺する反射波のみが生じる「影」の現... [more] PN2008-83 OPE2008-186 LQE2008-183
pp.225-230
SDM 2008-12-05
11:30
京都 京都大学桂キャンパスA1-001 アンジュレータ光源を使用した軟X線励起によるa-Si膜表面のSi原子移動
高梨泰幸部家 彰・○松尾直人神田一浩兵庫県立大SDM2008-187
アンジュレータ光源から発生した軟X線をa-Si膜(膜厚1, 50nm)に照射したときの特性変化を検討した.照射前後で表面... [more] SDM2008-187
pp.17-20
SDM, OME
(共催)
2008-04-11
11:25
沖縄 沖縄県青年会館 UV/可視ラマン分光法によるレーザー結晶化ポリシリコン薄膜の応力・結晶性の評価
掛村康人小瀬村大亮小椋厚志明大)・野口 隆琉球大SDM2008-6 OME2008-6
低温ポリシリコン(LTPS)薄膜はシステムオングラス実現のためのキーマテリアルである。我々は、高精度・高空間分解能をもつ... [more] SDM2008-6 OME2008-6
pp.27-32
EMCJ 2007-06-22
13:25
東京 機械振興会館 コモンモードアンテナモデルを用いたプリント回路基板からの放射予測 ~ 励振源の重ね合わせに関する検討 ~
福増圭輔岡山大)・渡辺哲史岡山県工技センター)・豊田啓孝五百旗頭健吾古賀隆治岡山大)・和田修己京大EMCJ2007-25
これまでに筆者らは,
プリント回路基板(Printed circuit board: PCB)から発生するコモンモード... [more]
EMCJ2007-25
pp.39-44
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会