お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, IT
(共催)
2021-05-21
14:00
ONLINE オンライン開催 柔軟な予測値選択可能な暗号化画像に対するMSB予測型可逆情報埋込み法
山村昂太朗・○今泉祥子千葉大)・貴家仁志都立大IT2021-13 EMM2021-13
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] IT2021-13 EMM2021-13
pp.72-77
EMM 2020-03-05
14:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]2D/3D表示選択可能なステレオ画像に対する可逆情報埋込み法
安川生馬今泉祥子千葉大EMM2019-107
本稿では,1枚の画像により平面視と立体視を選択表示可能な手法を提案する.
提案法では,可逆情報埋込み法を導入し,ステレ... [more]
EMM2019-107
pp.31-36
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
14:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 3次元NAND型フラッシュメモリにおけるニューラルネットワークを用いた寿命予測と高信頼化手法
阿部真輝竹内 健中大ICD2019-30 IE2019-36
NAND型フラッシュメモリには、データを保持できる時間や読み出し回数といったメモリの寿命が存在する。そこで、ニューラルネ... [more] ICD2019-30 IE2019-36
pp.7-12
DC, SS
(共催)
2019-10-24
16:25
熊本 熊本大学 PPM圧縮における畳み込み符号を用いた誤り訂正手法
阿部 巧北神正人千葉大SS2019-20 DC2019-48
PPM圧縮は現在最も圧縮率が高い圧縮手法の1つである.提案当時は計算コストが大きすぎるという問題があったが近年のコンピュ... [more] SS2019-20 DC2019-48
pp.43-46
ET 2017-12-02
11:20
石川 金沢工業大学 筆算アルゴリズムにおける特徴量の抽出と視覚化に関する検討
山崎圭太佐藤柚希志子田有光東北学院大ET2017-70
本論では、計算問題の出題者対解答者のシミュレーションモデルにおいて、個々の解答者に誤った解答を生じさせる確率の高い問題の... [more] ET2017-70
pp.13-16
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
11:45
東京 東海大学 高輪キャンパス IEEE 802.11無線LANに適した畳み込み符号化OFDM伝送のビット誤り率予測
菅 宣理江頭直人矢野一人熊谷智明ATRIT2016-125 ISEC2016-115 WBS2016-101
本稿では無線LAN(local area network)環境を想定したCOFDM(coded orthogonal f... [more] IT2016-125 ISEC2016-115 WBS2016-101
pp.167-172
IBISML 2016-11-16
15:00
京都 京都大学 [ポスター講演]階層化クラスタリングを用いた深層アンサンブル学習の最適化法
香田夏輝渡邊澄夫東工大IBISML2016-70
同じデータを用いて得られた異なる学習器の重ね合わせにより汎化誤差を小さくする予測を行う方法はアンサンブル学習と呼ばれてい... [more] IBISML2016-70
pp.171-176
VLD 2016-03-01
11:20
沖縄 沖縄県青年会館 タイミングエラー耐性を持つAES暗号回路の設計
吉田慎之介史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2015-123
近年,情報化の進展に伴い暗号回路の重要性が増加している.AESは理論的に安全な暗号技術として広く知られているが,クロック... [more] VLD2015-123
pp.73-78
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
12:05
長崎 長崎県勤労福祉会館 タイミングエラー予測回路によるデータ依存最適化回路設計とそのFPGA評価
川村一志柳澤政生戸川 望早大VLD2015-66 DC2015-62
LSI内部のパス遅延及び遷移確率は入力データに応じて様々に変動する.
この性質を利用することで計算精度をわずかに落とし... [more]
VLD2015-66 DC2015-62
pp.183-188
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2015-11-12
14:10
熊本 崇城大学 池田キャンパス [フェロー記念講演]映像圧縮と映像通信に関する研究開発
甲藤二郎早大IE2015-75
筆者が進めてきた映像圧縮と映像通信に関する研究開発例の紹介を行なう。映像圧縮に関しては、Wavelet変換、オーバーラッ... [more] IE2015-75
pp.13-18
EA, ASJ-H
(共催)
2015-08-03
14:00
宮城 東北大学 電気通信研究所 頭部伝達関数の共通極・零モデリング法の一検討
松井健太郎NHK/慶大)・金井関利菅谷真帆足立修一慶大EA2015-12
多方向の頭部伝達関数を,予測誤差法を用いて、共通極・零点型のモデルとして推定する方法を提案する.提案法は,頭部伝達関数を... [more] EA2015-12
pp.13-16
RCC, MICT
(共催)
2015-05-29
11:10
東京 機械振興会館 通信路誤りのパターンを考慮した状態予測法に基づくネットワーク化制御
仮屋賢一林 和則金子めぐみ京大RCC2015-15 MICT2015-15
無線フィードバック制御システムでは制御信号や状態観測信号などの「情報の価値」が時間とともに低下するため,パケットロスが生... [more] RCC2015-15 MICT2015-15
pp.71-76
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
MoNA, ASN
(併催) [詳細]
2015-03-03
11:00
東京 芝浦工業大学豊洲キャンパス ワイヤレススマートグリッドにおけるリンク状態の予測を用いたルーティングメトリック構築
濱上卓磨阪市大)・柳原健太郎OKI)・原 晋介阪市大ASN2014-170
近年,新しい電力供給網として,スマートグリッドが注目されている.ワイヤレススマートグリッドにおいてルータはアドホックネッ... [more] ASN2014-170
pp.229-234
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
09:40
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) タイミングエラー予測回路による再構成可能デバイス上でのデータ依存最適化回路設計
川村一志阿部晋矢史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2014-80 DC2014-34
LSI内部の各パス遅延は入力データに応じて様々に変動する.
この性質を利用することで,計算精度をわずかに落としながらも... [more]
VLD2014-80 DC2014-34
pp.51-56
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2014-11-26
10:05
大分 ビーコンプラザ(別府国際コンベンションセンター) 回路面積を考慮したSuspicious Timing Error Prediction回路の挿入位置決定手法の改良と評価
吉田慎之介史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2014-81 DC2014-35
近年,半導体技術の進展に伴いタイミングエラー発生の危険性が増加している.STEPはタイミングエラーを事前に予測できる手法... [more] VLD2014-81 DC2014-35
pp.57-62
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2014-09-01
10:00
茨城 筑波大学 パターン認識におけるAdaBoostの予測誤り率改善に関する一考察
増井秀之都築遼馬宮 希望松嶋敏泰早大PRMU2014-36 IBISML2014-17
AdaBoostはパターン認識において用いられるアルゴリズムで,逐次的に学習データに対する誤差が最小になるようにモデルを... [more] PRMU2014-36 IBISML2014-17
pp.1-6
EA 2014-08-19
15:20
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス 低次HRTFモデルを用いたトランスオーラル再生
松井健太郎NHK/慶大)・中山靖茂NHK)・菅谷真帆足立修一慶大EA2014-16
本稿では,頭部伝達関数の低次モデルを用いたトランスオーラル再生法を提案する.頭部伝達関数の低次モデルは,二つのステップか... [more] EA2014-16
pp.25-30
TL 2014-08-12
11:45
東京 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール Readers with less cognitive control are more affected by surprising content: Evidence from a self-paced reading experiment in German
Bruno NicenboimShravan VasishthReinhold KlieglUniv. of PotsdamTL2014-23
A mechanism of predictions for language implies that the par... [more] TL2014-23
pp.67-71
EMM 2014-05-15
14:00
東京 東京理科大 葛飾キャンパス ディジタル画像データに対する可逆的情報ハイディング ~ 基礎から最新の話題まで ~
新見道治野田秀樹九工大EMM2014-1
画像に対する情報ハイディングとは,メッセージをある画像中に埋め込む技術で
あり,1980年後半より計算機を利用したデ... [more]
EMM2014-1
pp.1-4
KBSE 2014-01-28
14:20
東京 機械振興会館 最適なError-proneモジュール予測器を選択する手法の提案
内宮秀明小形真平海谷治彦海尻賢二信州大KBSE2013-77
proneモジュール予測には種々の手法が提案されているが、一意に最適となる手法はなく、検査対象毎に最適な手法を選択する必... [more] KBSE2013-77
pp.71-76
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会