お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-11
15:40
北海道 北海道大学 遅延の小さい低域通過FIRディジタル微分器の一設計法
吉田 嵩杉浦陽介相川直幸東京理科大CAS2014-45 VLD2014-54 SIP2014-66 MSS2014-45 SIS2014-45
本稿では,遅延の小さい低域通過FIRディジタル微分器の一設計法を提案する.
提案法する伝達関数は閉じた形で求められる.... [more]
CAS2014-45 VLD2014-54 SIP2014-66 MSS2014-45 SIS2014-45
pp.243-246
CS, CAS, SIP
(共催)
2014-03-07
11:20
大阪 大阪市立大学 学術情報総合センター 阻止域にリプルを持つFIRディジタル帯域通過最大平たん微分器の一設計法
吉田 嵩杉浦陽介相川直幸東京理科大CAS2013-115 SIP2013-161 CS2013-128
本稿では,阻止域にリプルを持つFIRディジタル帯域通過最大平たん微分器の一設計法を提案する.
提案する伝達関数において... [more]
CAS2013-115 SIP2013-161 CS2013-128
pp.145-149
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2013-07-12
11:30
熊本 熊本大学 誤差基準にL1ノルムを用いたディジタル微分器の設計
村上郁矢相川直幸東京理科大CAS2013-24 VLD2013-34 SIP2013-54 MSS2013-24
本報告では,誤差基準に$L_1$ノルムを用いたディジタル微分器の設計法を提案する.
従来のディジタル微分器の設計法は,... [more]
CAS2013-24 VLD2013-34 SIP2013-54 MSS2013-24
pp.131-136
CAS, SIP, CS
(共催)
2006-03-06
15:55
沖縄 琉球大学 A trick for accurate differentiation at low sampling rates
Ishtiaq Rasool KhanMasahiro OkudaKitakyushu Univ.
 [more] CAS2005-106 SIP2005-152 CS2005-99
pp.61-66
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会