お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 音声による大うつ病と双極性障害患者の鑑別の試み
大宮康宏黒田真弥髙野 毅浦口智貴PST)・篠原修二中村光晃樋口政和光吉俊二東大)・斉藤 拓戸田裕之吉野相英防衛医科大)・徳野慎一東大
メンタルヘルス不調が社会問題となっており,様々な対策やスクリーニング技術が検討されてきた.我々は,音声から抑うつ状態やス... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) ベイズ推定を用いた音声メンタルヘルス指標の精度向上の検討
高野 毅大宮康宏浦口智貴PST)・樋口政和中村光晃篠原修二光吉俊二東大)・斉藤 拓吉野相英戸田裕之防衛医科大)・徳野慎一東大
ストレス過多な現代において,メンタルヘルス不調の早期発見が課題となっている.これまで著者らは音声からメンタル状態を推定す... [more]
MBE, NC
(併催)
2018-11-22
13:30
京都 京都大学 構造的MRIデータに基づく抑うつエピソード発症予測に関する予備検討
酒井 翠京都女子大)・高村真広岡田 剛岡本泰昌山脇成人広島大)・丸野由希京都女子大)・中野高志吉本潤一郎奈良先端大NC2018-22
持続的な抑うつ症状と興味の喪失によって特徴づけられる精神疾患であるうつ病は,遺伝的要因や環境的
要因によって誘発される... [more]
NC2018-22
p.1
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2015-05-20
16:05
沖縄 沖縄産業支援センター うつ病・躁うつ病におけるNIRSデータの時空間特性を活用した機械的鑑別補助法の作成
松田幸久渡辺健一郎木原弘晶川崎康弘金沢医科大HCS2015-40 HIP2015-40
目的:本研究ではサポートベクターマシーン(SVM)を用い,うつ病と躁うつ病における新たな鑑別補助法を開発する.方法:うつ... [more] HCS2015-40 HIP2015-40
pp.259-262
MI 2010-11-15
15:05
京都 島津製作所 樹木画試験の画像解析を用いた双極性障害と鬱病性障害の判別解析
藤原 徹宮田周平川野泰周神農雅彦医療法人社団神心会MI2010-77
双極性障害と鬱病性障害とは異なる精神障害であり、治療方法や処方薬も異なっている.しかし、両者の患者の症状は類似している場... [more] MI2010-77
pp.63-66
MI 2010-07-09
11:00
徳島 徳島大学工業会館 樹木画試験を用いた双極性障害とうつ病性障害の判別分析
藤原 徹宮田周平川野泰周神農雅彦医療法人社団神心会MI2010-39
双極性障害はうつ状態と躁状態が繰り返される精神障害で、うつ状態のみが続く単極性のうつ病性障害とは基本的に異なる精神障害で... [more] MI2010-39
pp.9-14
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会