お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, RCS
(併催)
2020-08-21
16:00
ONLINE オンライン開催 予測形判定帰還多重遅延検波を用いた差動OFDMの基本特性
長舩大陽久保博嗣立命館大RCS2020-90
OFDM (orthogonal frequency division multiplexing) は,周波数選択性に有... [more] RCS2020-90
pp.61-67
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-02-28
10:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 高速時変伝送路のための伝送路予測形差動時空符号の比較
久保博嗣森 俊樹村山陽寛山岸拓真湯本菜々瀬立命館大RCS2017-330
本報告では,高速時変伝送路に有効な伝送路予測を用いた差動時空符号 (DSTC) の得失に関して論じる.伝送路特性とデータ... [more] RCS2017-330
pp.75-80
RCS 2014-10-17
16:15
神奈川 慶應義塾大学 EPDCCHにおける判定帰還チャネル推定を用いる制御情報のブロック誤り率特性
平山慎也東京都市大)・武田和晃柿島佑一NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2014-191
Long Term Evolution (LTE)-AdvancedのRelease 11無線インタフェースでは,マルチ... [more] RCS2014-191
pp.195-200
RCS 2014-04-18
11:20
愛知 名古屋工業大学 OFDMA下りリンクにおけるTDMベースの制御情報のSFBCを用いたときの判定帰還チャネル推定の特性
平山慎也東京都市大)・武田和晃川村輝雄NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2014-12
本稿では,直交周波数分割多重 (OFDMA: Orthogonal Frequency Division Multipl... [more] RCS2014-12
pp.61-66
RCS, IN
(併催)
2013-05-17
13:25
東京 機械振興会館 下りリンクOFDMAにおけるTDMベースの制御情報の2次元MMSEアルゴリズムを用いる判定帰還チャネル推定の特性
岡庭俊介東京都市大)・三木信彦川村輝雄NTTドコモ)・○佐和橋 衛東京都市大RCS2013-33
筆者らは,直交周波数分割多重 (OFDMA: Orthogonal Frequency Division Multipl... [more] RCS2013-33
pp.61-66
NS, RCS
(併催)
2012-12-14
09:40
愛媛 愛媛大学 下りリンクOFDMAにおけるTDMベースの制御情報の判定帰還チャネル推定の特性
岡庭俊介東京都市大)・三木信彦川村輝雄NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2012-211
直交周波数分割多重アクセス(OFDMA: Orthogonal Frequency Division Multiple ... [more] RCS2012-211
pp.167-172
RCS 2007-10-18
14:25
長野 諏訪東京理科大 ICIキャンセラを用いるターボ符号化MC-CDMAにおける判定帰還チャネル推定
油井辰憲留場宏道安達文幸東北大RCS2007-81
高速パケットアクセスが要求される次世代移動無線通信の伝送方式としてマルチキャリア符号分割マルチアクセス(MC-CDMA)... [more] RCS2007-81
pp.7-12
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会