お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 123件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2021-03-02
16:50
ONLINE オンライン開催 空間分割多重型エラスティック光ネットワークにおけるコア間クロストークとコア内信号劣化を同時に考慮した資源割り当てモデル
竹田健太佐藤丈博京大)・Bijoy Chand ChatterjeeSAU)・大木英司京大PN2020-62
マルチコアファイバは光ファイバの容量を増大させる技術の1つである.
マルチコアファイバではコア間クロストーク (XT... [more]
PN2020-62
pp.116-122
PN 2021-03-02
17:15
ONLINE オンライン開催 稠密空間分割多重型エラスティック光網における光パス隣接状況を考慮したクロストークアウェア資源割当手法
久保田浩介谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT)・戸出英樹阪府大PN2020-63
トラヒックの飛躍的な増大に対処するため,空間分割多重型エラスティック光網に関する研究が盛んに行われている.稠密な空間分割... [more] PN2020-63
pp.123-128
PN 2020-11-10
13:25
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]稠密空間分割多重型エラスティック光網における使用禁止・準禁止領域を導入したクロストークアウェア周波数/コア資源割当手法
久保田浩介谷川陽祐阪府大)・廣田悠介NICT)・戸出英樹阪府大PN2020-26
トラヒックの飛躍的な増大に対処するため,空間分割多重型エラスティック光網に関する研究が盛んに行われている.
稠密な空間... [more]
PN2020-26
pp.18-23
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2020-08-28
14:50
ONLINE オンライン開催 双方向伝搬構成によるクラッド一括励起型19コアEDFAのクロストーク低減
前田幸一高坂繁弘吉岡和昭杉崎隆一塚本昌義新子谷悦宏古河電工OCS2020-6
コア間クロストーク低減に向け、六方最密構造においての19コアEDFAの双方向伝搬の最適パターンを考察する。双方向伝搬化し... [more] OCS2020-6
pp.11-14
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]対向型超音波センサアレイによる無指向性音源の基礎検討
岡本恭佳大久保 寛首都大東京EA2019-147 SIP2019-149 SP2019-96
無指向性音源は様々な用途で用いられており,古くから研究が行われている.一方,超音波センサについては,音響センシングにおけ... [more] EA2019-147 SIP2019-149 SP2019-96
pp.267-271
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2020-02-27
15:05
沖縄 沖縄県市町村自治会館 THz帯反射型AWG周波数フィルタのクロストーク低減手法
矢田拓夢上智大)・松浦祐司東北大)・高橋 浩上智大OCS2019-79 OFT2019-63 OPE2019-102
我々は光通信で用いられているAWG波長フィルタのTHz領域への適用を検討してきた.検討デバイスは小型化と曲線導波路排除の... [more] OCS2019-79 OFT2019-63 OPE2019-102
pp.7-12(OCS), pp.19-24(OFT), pp.19-24(OPE)
EST 2020-01-31
09:55
大分 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) グラウンドに設けたスリットによるフレキシブルプリント基板を用いたマイクロストリップ線路の低損失化に関する基礎検討
吉原岳志青学大)・土屋明久神奈川県立産技総研)・須賀良介青学大)・菅間秀晃神奈川県立産技総研)・橋本 修青学大EST2019-91
電子機器の小型化に伴い,薄く柔軟性の高いフレキシブルプリント基板が必要とされている.特定の特性インピーダンスを実現しつつ... [more] EST2019-91
pp.63-66
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
16:10
愛媛 愛媛県男女共同参画センター 注入タイミング制御を用いた遠端クロストーク低減機能をもつ16Gb/s差動送信器
高橋奈悟東大)・藤田悠介三浦 賢ザインエレクトロニクス)・飯塚哲也東大ICD2019-42 IE2019-48
本稿では、クロストーク低減信号を隣接する線路へ注入するタイミングが調整可能な遠端クロストーク (FEXT) 低減手法を提... [more] ICD2019-42 IE2019-48
pp.65-70
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-30
11:25
北海道 道東経済センタービル ブリルアン利得解析法を用いた2モードファイバ接続点における損失およびクロストーク測定に関する検討
小田友和中村篤志飯田大輔押田博之NTTOFT2019-29
数モードファイバ(FMF)を用いたモード多重伝送に関する検討が盛んに行われている.モード多重伝送では,モード依存損失(M... [more] OFT2019-29
pp.29-32
SCE 2019-01-23
10:00
東京 機械振興会館 集中定数型力学インダクタンス検出器のクロストーク特性評価
桒田正博成瀬雅人田井野 徹明連広昭埼玉大SCE2018-25
ミリ波天文学分野におけるサーベイ観測や放射線検出を目的として,集中定数型力学的インダクタンス検出器(Lumped Ele... [more] SCE2018-25
pp.1-5
EMCJ 2019-01-18
14:05
大阪 大阪大学 マイクロストリップ線路における遠端クロストーク低減技術の検討 ~ 付加容量値 ~
森 慶明佐々木伸一佐賀大EMCJ2018-105
近年,情報機器の小型化や高機能化に伴い,信号線間における遠端クロストークの増加が問題である.本研究室では,遠端クロストー... [more] EMCJ2018-105
pp.29-34
OFT 2019-01-17
13:45
鹿児島 種子島宇宙センター(16日)、西之表市民会館(17,18日) 1um帯モード検出OTDRを用いた接続点のクロストーク測定法
中村篤志岡本圭司小田友和NTTOFT2018-62
曲げや側圧による光ファイバの損失増加を高感度に検出可能な技術として,単一モードファイバのカットオフ波長より短い波長の試験... [more] OFT2018-62
pp.5-8
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2018-12-14
16:00
愛知 (株)デンソー マイクロストリップ線路における遠端クロストーク低減技術の検討 ~ 容量付加法における波形観測モデル ~
森 慶明佐々木伸一佐賀大EMCJ2018-97
近年,情報機器の小型化や高機能化に伴い,信号線間における遠端クロストークの増加が問題である.本研究室では,遠端クロストー... [more] EMCJ2018-97
pp.81-86
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-19
09:55
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 強結合光導波路構造による高次モード励起抑制効果に関する基礎検討
藤本勘太郎浜本貴一姜 海松九大OCS2018-41 OPE2018-77 LQE2018-66
ファイバ伝送容量の一層の増大のため、モード多重伝送技術が盛んに研究されている。モード多重伝送では、伝送路でモードクロスト... [more] OCS2018-41 OPE2018-77 LQE2018-66
pp.71-74
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-19
10:55
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 アクティブMMIレーザ型モード選択光源のモード間クロストーク評価方法の検討
森 智隆洪 秉宙姜 海松浜本貴一九大OCS2018-43 OPE2018-79 LQE2018-68
AI, ビッグデータの進展を背景に, スーパーコンピュータ内においても, Tbps級の光通信技術を用いた光インターコネク... [more] OCS2018-43 OPE2018-79 LQE2018-68
pp.81-86
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2018-08-30
13:40
北海道 函館北洋ビル8階大ホール 異種コア間クロストークに対する外乱の影響
安間淑通竹永勝宏フジクラ)・藤澤 剛齊藤晋聖小柴正則北大)・愛川和彦フジクラOCS2018-20
異種コア型マルチコアファイバ(MCF)は,MCFにおいて重要となるコア間クロストーク(XT)の抑制が可能な技術であるが,... [more] OCS2018-20
pp.7-10
LQE 2018-07-12
15:30
北海道 北海道大学 [招待講演]ビヨンド400 Gbpsを決めるのはデバイスか,あるいは,実装か ~ 光受信モジュールの設計及び実装技術と今後に向けた取り組み ~
大畠伸夫畑 端佳佐藤義也白尾瑞基藤原諒太山本修平三菱電機LQE2018-26
近年,スマート端末の普及により通信トラフィックが増大しており、ゼタバイト時代の到来も間近になってきた。情報のクラウド化に... [more] LQE2018-26
pp.25-28
PN 2018-04-27
14:00
東京 東京工業大学(CIC田町) [招待講演]プログラマブルな制御が可能な大容量DSDMトランスポートネットワークの研究開発
田中貴章水野隆之芝原光樹磯田 暁乾 哲郎宮本 裕NTTPN2018-2
急激な増加を続けるインターネットトラフィックを中長期的に支えていくための技術として,高密度空間分割多重伝送 (Dense... [more] PN2018-2
pp.9-13
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2018-03-09
10:50
愛知 名古屋大学 [招待講演]位相多値ホログラフィックメモリーのノイズ解析
藤村隆史染谷和希福田健太宇都宮大MR2017-51
位相多値ホログラフィックメモリーにおけるページ内クロストークノイズおよび収縮耐性などをシミュレーションにより評価を行った... [more] MR2017-51
pp.5-10
PN 2018-03-06
10:20
鹿児島 南種子町商工会館 空間分割多重型エラスティック光網における計算量削減を考慮した厳密なクロストークアウェア周波数/コア資源割当手法
端野宏太郎阪府大)・廣田悠介NICT)・谷川陽祐戸出英樹阪府大PN2017-105
トラヒックの飛躍的な増大に対処するため,空間分割多重型エラスティック光ネットワークに関する研究が盛んに進められている.し... [more] PN2017-105
pp.93-98
 123件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会