お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
10:55
ONLINE オンライン開催 高い拡張性を備えたSaaS型コードクローン分析システムの提案
松島一樹井上克郎阪大SS2020-1
効率的なコードクローンの分析の支援を目的としたツールに関する研究が数多く行われている.しかし,既存のツールは特定のコード... [more] SS2020-1
pp.1-6
SS, MSS
(共催)
2020-01-14
16:30
広島 広島市立大学 サテライトキャンパス MapReduce 型の並列処理によるコードクローン検出アルゴリズムと試験的な実装
神谷年洋島根大)・崔 恩瀞京都工繊大MSS2019-48 SS2019-32
MapReduce 型の並列処理を取り入れた,大規模なコードベースに適用可能なスケーラビリティを持つタイ
プ 3 コー... [more]
MSS2019-48 SS2019-32
pp.43-48
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2019-07-14
10:50
北海道 小樽経済センター 複数コードクローン検出結果の比較・表示法
松島一樹井上克郎阪大SS2019-12 KBSE2019-22
コードクローンを自動的に検出するための様々な手法が提案されてきており,コードクローン検出ツールとして実装されてきた.しか... [more] SS2019-12 KBSE2019-22
pp.147-152
SS 2019-03-05
09:50
沖縄 沖縄産業支援センター コードクローン保守支援を目的とした変更履歴可視化システム
本田紘貴徳井翔梧横井一輝阪大)・崔 恩瀞奈良先端大)・吉田則裕名大)・井上克郎阪大SS2018-71
コードクローン変更管理システムClone Notifierは,2バージョン間で行われたコードクローンの追加,編集,削除と... [more] SS2018-71
pp.115-120
SS 2018-03-07
12:00
沖縄 南大東島 局所性鋭敏型ハッシュを用いたコードクローン検出のためのパラメータ決定手法
徳井翔梧阪大)・吉田則裕名大)・崔 恩瀞奈良先端大)・井上克郎阪大SS2017-74
局所性鋭敏型ハッシュ (LSH) とは,高次元なデータを確率的にハッシュし,近傍点を見つけるアルゴリズムである.クローン... [more] SS2017-74
pp.57-62
SS, DC
(共催)
2017-10-19
15:25
高知 高知市文化プラザかるぽーと Javaプログラミング学習支援システムのコードクローン除去問題におけるメソッド生成課題の改善
石原信也舩曵信生栗林 稔岡山大SS2017-25 DC2017-24
本グループでは,冗長性のないコードの作成に加え,オブジェクト指向言語プログラミングの学習を目的 として, Javaプログ... [more] SS2017-25 DC2017-24
pp.25-30
SS, DC
(共催)
2017-10-19
16:35
高知 高知市文化プラザかるぽーと パターンマッチングのためのデータフローグラフ抽出器の実装
新山祐介荒堀喜貴権藤克彦東工大SS2017-27 DC2017-26
本論文では、ソースコードからの高水準の意味の抽出を目標とする新しいデータフローグラフ FGyama を提案および実装する... [more] SS2017-27 DC2017-26
pp.37-42
SWIM 2017-02-24
16:10
東京 機械振興会館 系列データマイニングによるコードクローン検出 ~ Java SWINGソースコードの解析実験報告 ~
宇田川佳久東京工芸大SWIM2016-21
本文は,頻出系列検出アルゴリズムをソフトウェアのコードクローン(類似したソースコード片)の検出に適用する方法を提案し,J... [more] SWIM2016-21
pp.17-22
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-14
09:40
北海道 北海道立道民活動センター 欠陥の同時修正支援における関数クローン検出ツールの有効性調査
沼田聖也阪大)・吉田則裕名大)・崔 恩瀞奈良先端大)・井上克郎阪大SS2016-7 KBSE2016-13
コードクローン(ソースコード中に存在する同一または類似した部分を持つコード片)の存在は,ソフトウェア保守を困難にする大き... [more] SS2016-7 KBSE2016-13
pp.77-82
DC 2016-06-20
15:40
東京 機械振興会館 部分並列時間領域リードソロモン展開器
加藤健太郎鶴岡高専)・Somsak ChoomchuayKMITLDC2016-15
本研究では復号に要する時間の短縮のための部分並列時間領域リードソロモン(RS) 展開器の提案を行う.
提案する展開器に... [more]
DC2016-15
pp.31-36
KBSE 2016-01-25
16:00
東京 機械振興会館 木構造類似度に基づくコードクローンの検出法
阿弥亮太・○芳賀博英同志社大KBSE2015-43
本論文は,ソフトウェアの中に含まれる類似したコードであるコードクローンの高速・高精度な検出方法の提案である.コードクロー... [more] KBSE2015-43
pp.19-24
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2015-07-23
09:30
北海道 札幌市教育文化会館 依存関係に基づく括出し法
那須孝志滝本宗宏東京理科大SS2015-20 KBSE2015-13
SIMD実行によって引き起こされる分岐発散は,GPUの効率低下を引き起こす主要な問題である.この分岐発散を改善する手法と... [more] SS2015-20 KBSE2015-13
pp.57-62
SS 2015-05-11
15:40
熊本 熊本大学 Hardware Description Languageにおけるコードクローンのパターン分類
上村恭平藤原賢二飯田 元奈良先端大SS2015-5
近年,回路規模の増大と複雑化に伴い,回路の開発にHardware Description Language (HDL) ... [more] SS2015-5
pp.23-28
SS 2015-03-09
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 複数のプロジェクトを対象としたクローンの系譜にもとづくソースコード再利用分析手法の提案
森脇匠哉堀田圭佑井垣 宏井上克郎楠本真二阪大SS2014-65
一般に,ソースコードの再利用はソフトウェア開発における生産性や信頼性,コスト等の改善に繋がると言われている.
一方で,... [more]
SS2014-65
pp.61-66
MSS, SS
(共催)
2015-01-26
13:30
鳥取 ブランナールみささ コード形状を利用したクローン抽出方式の適用評価
垣谷広輝中谷和希平山雅之日大)・菊地奈穂美OKIMSS2014-69 SS2014-33
コード内の文字数・行数といった形状の特徴や処理に関連した文字の出現回数などの処理の特徴に関する情報を利用し,コードクロー... [more] MSS2014-69 SS2014-33
pp.1-6
MSS, SS
(共催)
2015-01-26
13:55
鳥取 ブランナールみささ 派生開発ソフトウェア群に対するコードクローン分析技術の適用事例
肥後芳樹堀田圭佑村上寛明楠本真二阪大)・中村伸裕住友電工)・加藤孝則牟田幸功西川憲二住友電工情報システムMSS2014-70 SS2014-34
近年盛んにコードクローンの検出および分析技術について研究が行われている
が,その技術の適用結果が報告されるのはオープン... [more]
MSS2014-70 SS2014-34
pp.7-12
SWIM 2014-11-29
10:55
東京 東京工芸大学 シーケンスマイニングアルゴリズムを用いた構造クローンの検索方式
宇田川佳久東京工芸大SWIM2014-17
実務で使われている大規模SWには,コピー&ペーストによる類似コード(クローンコード)が20—50% 含まれて... [more] SWIM2014-17
pp.15-22
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2014-07-11
10:40
北海道 富良野文化会館 機械学習を用いたコードクローンの危険予測手法
今里文香堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大SS2014-21 KBSE2014-24
一般的に,コードクローンは,ソフトウェアの保守性を低下させる原因になるとされている.一方で,すべてのコードクローンがソフ... [more] SS2014-21 KBSE2014-24
pp.129-134
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2014-07-11
11:10
北海道 富良野文化会館 ソフトウェア開発におけるコピーアンドペーストによって生じたコード片に対する調査
大田崇史井垣 宏堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大SS2014-22 KBSE2014-25
ソフトウェア開発における生産性の向上等を目的として,コピーアンドペーストを伴うソースコードの再
利用が行われている.コ... [more]
SS2014-22 KBSE2014-25
pp.135-140
SS 2014-05-08
16:35
三重 いせ市民活動センター 再利用実績を持つコード片の再利用におけるプログラム構造を考慮した再利用候補の提示
大谷明央石原知也肥後芳樹楠本真二阪大SS2014-6
ソースコードの再利用を支援する手法の1つとして広く知られているコード片検索手法において,再利用実績を用いる手法では,再利... [more] SS2014-6
pp.31-36
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会