お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 285件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN, MWP, EMT, PEM
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2022-01-28
09:25
京都 京都大学 楽友会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パブリッククラウドにおけるコンテナを用いたSDN光ネットワーク制御
喜綿勇人五十嵐浩司阪大)・吉兼 昇KDDI総合研究所
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
LOIS, ICM
(共催)
2022-01-27
13:50
ONLINE オンライン開催 マルチクラウド環境化でのシステム連携を考慮したソフトウェアテスト手法の提案
水越大貴沼田晋作波戸邦夫インターネットマルチフィード
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CQ, CBE
(併催)
2022-01-27
16:05
石川 金沢(石川県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
実空間確率場表現に基づく三次元点群物体の推定手法の提案と評価
佐藤広章荒川伸一村田正幸阪大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-25
11:30
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
宇宙‐地上間の高速光通信に必要な雲回避型ネットワーク ~ 宇宙光直接通信技術 ~
向井達也JAXA)・高山佳久東海大)・尾上孝史TSOLNS2021-86
宇宙機関は, 大容量データを 宇宙から地上へ効率よく伝送するために, これまで 電波技術 を 使用 してきたが, より高... [more] NS2021-86
pp.13-17
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-26
09:30
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
通信遅延およびジッタが低遅延サービスの体感品質に与える影響の評価
大町麗奈上酔尾一真高橋 賢望月このみ松岡康行NTTNS2021-88
ネットワークの高性能化に伴い,近い将来,限られたネットワーク資源で様々な遅延要件のサービスを提供する必要が生じると考えら... [more] NS2021-88
pp.24-29
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2021-11-26
15:40
福岡 JR博多駅 リファレンス駅東ビル
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
テレコムインフラへのクラウドネイティブ技術の適用と課題
関川 柊佐々木 力田上敦士KDDI総合研究所ICM2021-29
近年テレコムインフラにおいてネットワーク機能にクラウドネイティブ技術を適用することで運用管理を自動化し, 可搬性や耐障害... [more] ICM2021-29
pp.33-38
CQ, MIKA
(併催)
2021-09-09
10:05
ONLINE オンライン開催 Load balancing method using reinforcement learning between edge and cloud
Hiroki KobariZhaoyang DuCelimuge WuTsutomu YoshinagaUECCQ2021-38
 [more] CQ2021-38
pp.6-10
SRW 2021-08-24
12:50
ONLINE オンライン開催 [パネル討論]サイバーフィジカルシステム実現に向けた 電波伝搬シミュレーションのための伝搬環境計測とモデリング研究
齋藤健太郎高田潤一東工大SRW2021-18
近年の高速・大容量計算システムの普及に伴い,センサー等を用いて収集した実世界の情報を仮想空間上で再現し,システムの制御・... [more] SRW2021-18
p.15
CQ 2021-08-04
09:55
ONLINE オンライン開催 クラウドゲーミングシステムの低遅延化に向けた投機的映像伝送手法
石岡卓将阪大)・椎名亮太福井達也小野央也藤原稔久谷口友宏NTT)・藤橋卓也猿渡俊介渡辺 尚阪大CQ2021-26
ネットワークの高度化に伴って,クラウドゲーミングと呼ばれる,サーバ上で実行しているゲームをネットワークを通じて遠隔からプ... [more] CQ2021-26
pp.26-31
EA, ASJ-H
(共催)
2021-07-16
09:55
ONLINE オンライン開催 SuperColliderの様々な活用について ~ 個人的実践から ~
森本洋太cotonEA2021-13
主にコンピュータ音楽の制作ツールとして知られるSuperColliderであるが、筆者は創作のみならず企業や研究機関との... [more] EA2021-13
pp.61-65
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2021-06-24
13:45
ONLINE オンライン開催 プライバシー保護を考慮したガウス過程回帰の秘匿演算 ~ 秘匿データからパターンや法則性を見つける ~
仲地孝之琉球大)・オウ イトNTTSIS2021-8
本稿では、ランダムユニタリ変換に基づき生成された秘匿データに対するガウス過程回帰(GPR:Gaussian Proces... [more] SIS2021-8
pp.43-48
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2021-05-13
09:15
ONLINE オンライン開催 クラウド環境の可用性向上に向けたリージョン選定手法の提案
西田寿雄日立ICM2021-1
ビジネス変化に柔軟かつ迅速に対応し、競争優位性を高めるデジタルトランスフォーメーションが注目されている。これに伴い、業務... [more] ICM2021-1
pp.1-6
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:30
ONLINE オンライン開催 分散クラウド環境におけるE2E遅延の変動とコストを考慮したアプリケーション再配置手法
城 哲蕨野貴之鈴木理基鈴木悠祐大谷朋広KDDINS2020-124
5Gで期待されている様々なサービスの実現に向けて,Multi-access Edge Computing(MEC)が注目... [more] NS2020-124
pp.7-12
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:10
ONLINE オンライン開催 膨大な機器を収容する遠隔監視サービスにおけるテスト構築方法の一検討
佐藤弓子佐古田健志澤田明日香前川智則東芝NS2020-127
社会インフラの遠隔監視サービスの可用性評価を厳格に行うことで信頼性の高いサービスを実現することができる.
特にインフラ... [more]
NS2020-127
pp.25-30
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-03
11:15
ONLINE オンライン開催 MECを活用するB5Gセルラネットワークの設計 ~ プライベート通信事業者とクラウド事業者を考慮した通信・計算リソースの導入モデルの構築 ~
中里 仁李 宗典丸田一輝阪口 啓東工大RCS2020-212
本格的な商用サービス開始が始まった5Gに関して,自治体等が5Gネットワークを活用するローカル5Gの実用化研究が行われてい... [more] RCS2020-212
pp.55-60
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2021-03-04
16:25
ONLINE オンライン開催 IoTクラウドサービスに対するローカル攻撃の安全性評価に関する研究
石田 真菅原 健電通大VLD2020-89 HWS2020-64
Amazonの提供するAWS IoTは,主にデバイスを接続するサーバーとデータを取り扱うアプリケーションのふたつを提供す... [more] VLD2020-89 HWS2020-64
pp.120-125
SITE, IA
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2021-03-02
10:20
ONLINE オンライン開催 情報指向型センサネットワークにおけるクラウド型負荷分散モデルの設計と評価
長岡英進山口歩夢吉井優輝水野 修工学院大SITE2020-48 IA2020-44
我々は,複数のIoTサービスを実現するセンサネットワークとして,情報指向型ネットワーク(ICN)を適用した情報指向型セン... [more] SITE2020-48 IA2020-44
pp.58-63
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
14:05
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) Voice Assistant アプリの対話型解析システムの開発
刀塚敦子早大)・飯島 涼早大/NICT)・渡邉卓弥秋山満昭NTT)・酒井哲也早大)・森 達哉早大/NICTICSS2020-48
Voice Assistant サービスでは,公式もしくはサードパーティ製のVoice Assistant アプリ(以下... [more] ICSS2020-48
pp.132-137
CQ
(第二種研究会)
2021-01-21
15:00
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]OpenStackを用いた大規模クラウドサービスの性能評価手法
松木辰真富士通
現在数多くのアプリケーションがInfrastructure as a Service(IaaS)を利用して提供されるよう... [more]
IA, IN
(併催)
2020-12-15
11:15
ONLINE オンライン開催 クラウド基盤におけるWorkloadのIdentityを用いたネットワーク制御とパケットフィルタリングへの適用
大西憲太郎小谷大祐京大)・市原裕史金丸洋平LINE)・岡部寿男京大IA2020-30
従来のネットワーク制御では、IPアドレスとポート番号(Locator)を通信するプロセスやコンテナ(Workload)の... [more] IA2020-30
pp.22-29
 285件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会