電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 145件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, MSS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2019-11-28
10:00
福岡 旧大連航路上屋(北九州門司) 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第4報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大)・浜野裕希トワール)・吉田賢史早大学高等学院
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ET 2019-07-06
15:20
岩手 岩手県立大学 ビデオ講義を対象とした学習者のノーティング動作の分析 (第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
ビデオ講義においては,学習者の受講状態を講師が把握することが困難であるために,講義の進行に対応した受講状況を自動的にモニ... [more] ET2019-24
pp.47-52
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
15:40
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 アテンションモデルとの対比によるソースコード理解時のプログラマの視線行動分析
池田聖華京都女子大)・久保孝富幾谷吉晴畑 秀明Nishanth Koganti伊藤健史松本健一奈良先端大)・丸野由希京都女子大)・池田和司奈良先端大
ソースコード理解時におけるプログラマの認知過程を明らかにするため,視線行動分析がなされてきたが,ソースコードの各構成内容... [more] NC2019-7
p.29
AI, IPSJ-ICS, JSAI-KBS, JSAI-DOCMAS, JSAI-SAI
(連催)
2019-03-09
13:40
北海道 ルスツリゾート 深層強化学習を用いた分散協調探索問題における記憶情報による情報補完とその効率化
山崎 天菅原俊治早大
マルチエージェントシステム(MAS)は, シングルエージェントでのモデル化が困難な, 複数のエージェントが干渉しあう環境... [more] AI2018-55
pp.13-18
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
13:25
東京 電気通信大学 Barnes迷路を用いた行動評価をおこなうビデオ解析ソフトの作成
中村和浩石川達哉秋田県立脳血管研究センター
脳卒中モデル動物の空間認知機能や記憶といった高次脳機能を評価する手法としてBarnes迷路テストを利用することを考えた.... [more] MBE2018-110
pp.121-124
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
16:00
北海道 北海道大学 [招待講演]スマートホームにおけるユーザ行動の学習に基づく異常検知手法 ~ ICCE2019報告 ~
山内雅明大下裕一村田正幸阪大)・上田健介加藤嘉明三菱電機
近年、家電のような機器までネットワークに接続されるようになり、それらの機器を対象とした不正操作のリスクが高まっている。し... [more]
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-24
14:00
鹿児島 鹿児島県文化センター 講演における聴講者の動作の分析(第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
スライドを用いた講演において,講師は聴講者の非言語動作に基づいて聴講者の興味を把握し,講演の進行を調節する. しかしなが... [more] ICM2018-39 LOIS2018-45
pp.21-26
NLP, NC
(併催)
2019-01-23
16:40
北海道 北海道大学 百年記念会館 [招待講演]昆虫で見られる集団サイズに応じた攻撃性のモデル化
青沼仁志北大
昆虫のコオロギは,餌や縄張り,配偶者などを争って闘争する.その闘争は,一方の個体が退くことで終結する.また,コオロギは,... [more] NLP2018-108 NC2018-43
p.69(NLP), p.25(NC)
CQ, CBE
(併催)
2019-01-17
10:55
東京 首都大学東京 マイクロ支払いについて実データを用いたユーザ分類方法
匂阪優花ザニケエフ マラット東京理科大
近年、動画や音楽ストリーミングサービスが普及しているなか、このようなサービスを使うのに月毎のお支払いが継続的に求められる... [more] CQ2018-77
pp.7-12
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 幼児の片づけ行動における関心推定手法の検討
大野真梨奈阿部佑香吉崎美紗薮ノ内伸晃パナソニック)・宮澤和貴阿部香澄長井隆行電通大
近年問題となっている母親の育児負担の増加を解決するため,我々は「子育てサポートシステム」の開発に取り組んでいる.
子育... [more]

ET 2018-10-20
15:50
福岡 福岡工業大学 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大)・浜野裕希トワール)・吉田賢史早大高等学院
既発表では,板書を用いた講義を対象として,講師の動作と個々の受講者の動作における相互作用のモデリング手法,両者の相互相関... [more] ET2018-51
pp.77-82
ET 2018-09-15
13:10
山口 山口大学 講演における聴講者の動作の分析 (第2報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
スライドを用いた講演において,講師は聴講者の非言語動作に基づいて聴講者の興味を把握し,講演の進行を調節する.本報告では,... [more] ET2018-32
pp.25-30
ET 2018-07-14
10:25
北海道 函館工業高等専門学校 学習者の動作およびページ移動履歴の分析 (第3報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
本報告では,ディスプレイに表示されたコンテンツを参考にして,問題を解くような学習環境を対象とする.ここでは,学習者の動作... [more] ET2018-19
pp.1-6
HCS 2018-03-13
14:25
宮城 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) 講義における講師と受講者の相互作用の分析 (第2報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大)・浜野裕希トワール)・吉田賢史早大高等学院
板書を用いた講義において,受講者による動作 (ノーティングや説明を聞く) は,講師の動作 (板書や説明) や講義内容に対... [more] HCS2017-99
pp.35-40
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-08
15:00
沖縄 沖縄産業支援センター ネットワークの振動モデルを用いたWebサービスにおけるflash crowdの解析
多田知正京都教大)・村田正幸阪大)・会田雅樹首都大東京
本研究では,Webサービスに短期間に大量のアクセスが殺到するflash crowdと呼ばれる現象を解析する.Flash ... [more] CQ2017-113
pp.57-62
LOIS 2018-03-01
11:15
沖縄 那覇市IT創造館 講演における聴講者の動作の分析 (第1報)
渡邊栄治甲南大)・尾関孝史福山大)・小濱 剛近畿大
スライドを用いた講演において,講師は聴講者の非言語動作に基づいて,聴講者の興味の度合いを推し量ることにより,スライドの進... [more] LOIS2017-74
pp.19-24
LOIS 2018-03-01
15:40
沖縄 那覇市IT創造館 平成28年度東京都知事選挙のTwitter分析
山縣史哉梅原英一東京都市大
平成28年度東京都知事選挙におけるTwitterの投稿を分析し、Twitter上での争点、ユーザ同士のネットワーク、投稿... [more] LOIS2017-81
pp.61-66
CQ 2018-01-18
11:10
東京 国立情報学研究所 マルチエージェントシミュレーションによるユーザ通信行動を考慮した通信品質推定の検討
塩津晃明池上大介岡本 淳NTT
大勢の人が特定のエリアに集中するイベントでは,既設の通信リソースの処理能力を超える巨大なモバイルトラヒックが発生し,イベ... [more] CQ2017-89
pp.23-28
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
09:30
大阪 大阪府立大学 人物行動モデルによる軌跡のセマンティックセグメンテーション
小川大輔玉木 徹Bisser Raytchev金田和文広島大
軌跡のクラスタリングや分類などの多くの場合では,計算の前処理として軌跡の分割が用いられる.本稿では,学習済みの... [more] PRMU2017-112 MVE2017-33
pp.1-7
MBE, NC
(併催)
2017-11-24
14:30
宮城 東北大学 学習行動研究を指向したマウス用バーチャルリアリティ行動実験系の開発
町田祉永片山統裕中澤邑支朗和田みなみ中尾光之東北大
最近,神経学的あるいは精神医学的障害のメカニズムや治療法を研究するために疾患モデルマウスを用いた行動試験が行われている.... [more] MBE2017-46
pp.1-4
 145件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会