お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-18
13:00
ONLINE オンライン開催 ℓ2ノルム正則化TV-CAR分析を用いた音声のF0推定
舟木慶一琉球大SP2021-2
線形予測(Linear Predictive Coding:LPC)分析は、スマートフォンやSkype、LINE、ZOO... [more] SP2021-2
pp.7-12
WIT, SP
(共催)
2019-10-26
16:20
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 発声障害評価のための音響分析への実時間対話ツールの応用について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・若狭健太アトラス)・寺澤洋子筑波大SP2019-24 WIT2019-23
実時間で対話的に発声に関する属性を表示するツールを開発している。障害音声の音響分析についての勧告を参考に、簡単に録音系を... [more] SP2019-24 WIT2019-23
pp.39-43
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]偏長楕円体波動関数を包絡とする解析信号によるオーディオ標本化周波数での実時間fo候補抽出について
河原英紀和歌山大)・榊原健一北海道医療大)・森勢将雅山梨大)・石本佑一国立国語研EA2018-151 SIP2018-157 SP2018-113
実時間よりも高速に基本周波数候補を抽出する方法を提案する。解析信号を用いたwaveletから瞬時周波数と群遅延を求め、パ... [more] EA2018-151 SIP2018-157 SP2018-113
pp.305-310
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]正則化線形予測に基づく時変複素音声分析を用いたF0推定
舟木慶一琉球大EA2018-152 SIP2018-158 SP2018-114
音声の線形予測 (LP) は音声のスペクトルを 10 数個の AR(自己回帰) 係数で記述できる音声符号化の基
本とな... [more]
EA2018-152 SIP2018-158 SP2018-114
pp.311-316
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) An analytic signal with a cosine series envelope for excitation source analyses of voiced speech -- Practical substitute of Flanagan's equation --
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Ken-Ichi SakakibaraHealth Science Univ.)・Hideki BannoMeijyo Univ.)・Masanori MoriseUniv. YamanashiEA2018-63 EMM2018-63
瞬時周波数と群遅延は,それぞれ位相の時間微分と周波数微分として定義されており,そのままでは,逆三角関数や位相のunwra... [more] EA2018-63 EMM2018-63
pp.1-5
AP 2018-10-18
14:30
岡山 岡山大学 電波信号とヒルベルト変換
唐沢好男 AP2018-92
ヒルベルト変換は通信・音響・レーダ・制御など様々な信号生成や信号処理の分野に現れてくるが、利用分野の広さゆえ、入り方を間... [more] AP2018-92
pp.19-24
EA, EMM
(共催)
2016-11-18
10:05
大分 コンパルホール (大分) 首都圏における同時多点電源周波数変動観測に基づく観測地点の推定
西村 明東京情報大EA2016-58 EMM2016-64
本報告は、首都圏内7箇所で商用電源の瞬時周波数(ENF)を解析信号を用いて
求め、それらの変動の類似度と6箇所の位... [more]
EA2016-58 EMM2016-64
pp.61-66
SR 2016-10-28
13:00
大阪 大阪大学 中之島センター OFDM信号のCyclic Prefix (CP)を用いた特徴検出方式 ~ 特徴検出器の出力S/Nの解析方法とその結果について ~
樫木勘四郎定 知生山口 明KDDI総合研究所SR2016-70
筆者らは,周波数の共用のために重要となるセンシング技術の一方式として,OFDM信号に付与されているサイクリックプリフィッ... [more] SR2016-70
pp.85-92
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-19
10:50
静岡 アクトシティ浜松 Analytical Performance Evaluation of Signal Detection Scheme for Allowing Coexistence of Additional and Existing Radio Communication Systems
I-Te LinKanshiro KashikiTomoki SadaToshihiko KomineShingo WatanabeKDDI R&D LabsSR2013-52
 [more] SR2013-52
pp.171-178
SIS 2013-03-08
10:00
静岡 クリエート浜松 複素線形予測を用いた指紋照合に関する検討
屋良朝貴舟木慶一琉球大SIS2012-63
ユビキタス情報化社会において、バイオメトリクス認証技術が注目されている。中でも指紋を使った個人認証は、その利便性より、広... [more] SIS2012-63
pp.97-102
VLD, CAS, SIP
(共催)
2008-06-26
09:20
北海道 北海道大学 高等教育機能開発センター ロバスト時変複素音声分析に基づくF0軌跡推定に関する一考察
舟木慶一琉球大CAS2008-2 VLD2008-15 SIP2008-36
解析信号をターゲットとする複素音声分析に基づくロバストな$F_0$推定
アルゴリズムの研究を
行っている。音声の解析... [more]
CAS2008-2 VLD2008-15 SIP2008-36
pp.7-12
EA 2007-08-09
15:30
宮城 東北大学工学部 [招待講演]瞬時周波数にかかわる二三の考察
城戸健一東北大)・鈴木英男千葉工大EA2007-43
あらまし 本文では瞬時周波数を波形の瞬時位相の時間微分として,その性質について考察する。瞬時位相を求めるために... [more] EA2007-43
pp.25-30
SP 2007-06-29
14:20
福島 会津大 狭帯域解析信号と非線形識別分析を用いた音声認識
久保陽太郎早大)・大川茂樹千葉工大)・榑松 明白井克彦早大SP2007-22
音声認識の精度向上を目的に,狭帯域の解析信号を用いた音声認識手法を提案する.
提案手法は包絡線分析を行うパーセプトロン... [more]
SP2007-22
pp.85-90
CAS, SIP, VLD
(共催)
2007-06-22
15:10
北海道 北海道東海大学 札幌キャンパス マルチメディアホール 前向き後向き線形予測複素音声分析に基づく音声のロバストF0推定
舟木慶一琉球大)・金城竜彦トヨタコミュニケーションシステムCAS2007-32 VLD2007-48 SIP2007-62
LPC残差を用いた自己相関関数やAMDFによりF0推定を実現すると、F0の推定精度が向上することが知られているが、基本周... [more] CAS2007-32 VLD2007-48 SIP2007-62
pp.79-84
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会