お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2018-03-13
17:05
宮城 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) 話速変換会話における音声への映像同期の効果
小山内一樹徳永弘子武川直樹斎藤博人東京電機大HCS2017-105
話速変換とは,音声の高さを保ったまま速度を変える技術である.この技術を,コミュニケーション支援を目的に,遠隔地間の映像会... [more] HCS2017-105
pp.71-76
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-17
10:20
沖縄 沖縄産業支援センター 話速変換会話における映像音声の同期・非同期再生条件の比較検討 ~ 話者が伝える宛先指定の強さは変化するのか ~
小山内一樹徳永弘子武川直樹斎藤博人東京電機大HCS2017-29 HIP2017-29
話速変換とは,音声の高さを変えずに速度を変える事が出来る技術である.この話速変換技術の応用としてコミュニケーション支援を... [more] HCS2017-29 HIP2017-29
pp.189-194
IA 2016-08-29
14:40
東京 IIJセミナールーム Inbound Traffic Engineering for Border Gateway Protocol with Provider Aggregatable Addressing
Abu Hena Al MuktadirKenji FujikawaHiroaki HaraiNICTIA2016-16
This paper proposes an inbound traffic engineering (TE) tech... [more] IA2016-16
pp.19-24
ICM 2016-03-10
10:30
沖縄 沖縄県青年会館 Resilient Addressing Management in Disaster Recovery
Sugang XuKenji FujikawaHiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICTICM2015-43
In order to make sure the automated addressing functionality... [more] ICM2015-43
pp.13-18
IA 2015-10-19
17:30
東京 東京大学先端知ビル 5F 武田ホール Routing Issues and Traffic Control in Border Gateway Protocol with Provider Agreegatable Addressing
Abu Hena Al MuktadirKenji FujikawaHiroaki HaraiNICTIA2015-36
Hierarchical Automatic Number Allocation (HANA) protocol aut... [more] IA2015-36
pp.37-42
CS 2013-11-15
09:40
北海道 登別温泉 第一滝本館(北海道) Message Routing with Bloom Filter for Name-Based Home Ad Hoc Networks
Tharinda Nishantha VidanagamaHidenori NakazatoWaseda Univ.CS2013-53
As future home appliances will have many useful built-in fun... [more] CS2013-53
pp.75-80
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-21
15:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 A Design of Inter-AS Address Space (Re) Allocation Planning Scheme in Hierarchical and Automatic Number Allocation (HANA)
Sugang XuKenji FujikawaHiroaki HaraiNICTCS2012-58
 [more] CS2012-58
pp.49-54
IA 2011-10-21
13:30
海外 大連理工大学 Requirements for Distributed Locator Space Renumbering Hierarchical Automatic Locator Number Allocation (HANA)
Sugang XuKenji FujikawaHajime TazakiVed P. KafleHiroaki HaraiNICTIA2011-32
 [more] IA2011-32
pp.39-44
EID, ITE-IDY, IEE-EDD, IEIJ-SSL
(連催)
2011-01-29
09:20
高知 高知工科大学 研究教育棟B ACPDPの書き込み放電遅れ時間対初期電子数の理論的考察
坂井徹男ディスプレイ研)・橘 邦英愛媛大EID2010-32
あらまし 書き込み時の放電遅れはフィールド周波数を上げるためには小さくする必要がある。このためMgO層の上に単結晶をの... [more] EID2010-32
pp.65-68
IN 2010-12-16
12:10
広島 広島市立大学 On Applicability of Naming and Addressing in Cloud Computing Management
Ahmad Kamil Abdul HamidYoshihiro KawaharaTohru AsamiUniv. of TokyoIN2010-97
Since virtualization is the underlying technology in cloud c... [more] IN2010-97
pp.1-6
PN 2010-09-02
11:45
北海道 洞爺観光ホテル 新世代広域レイヤ2網におけるアドレッシング及びエッジクロスコネクション設定手法の検討
岡本 聡菊田 洸石井大介山中直明慶大PN2010-15
イーサネットサービスの高度化に伴いキャリアグレードイーサネットを凌駕する新世代広域レイヤ2網が求められている.我々は,イ... [more] PN2010-15
pp.19-24
NS, CS, IN
(併催)
2010-09-02
14:05
宮城 東北大学 新世代ネットワークのためのIDロケータ分離によるスケーラブルルーティングに関する検討
ベド カフレ井上真杉NICTNS2010-55
BGPルーティング表のエントリー数が急激に増加するにつれてインターネットのルーティングが支障をきたしてきている。マルチホ... [more] NS2010-55
pp.43-48
NS, IN
(併催)
2010-03-04
10:50
宮崎 宮崎シーガイア 異種ネットワーク混在環境の為の名前と識別し解決手法に関する検討
ベド カフレ井上真杉NICTIN2009-168
我々は新世代ネットワークにおけるエッジ網とトランジット網に両方に存在するの多様なネットワークプロトコルに対応する為に、識... [more] IN2009-168
pp.145-150
MoNA, IPSJ-MBL
(連催)
2009-05-07
13:35
沖縄 宮古島マリンターミナル Mobility Management in ID/Locator Split Architecture
Ved P. KafleMasugi InoueNICTMoMuC2009-4
新世代ネットワークのために提案しているID/ロケータ分離通信アーキテクチャは,ホストの識別子と位置識別子とに異なる値を用... [more] MoMuC2009-4
pp.59-64
NS, IN
(併催)
2008-03-07
13:10
沖縄 万国津梁館(沖縄) 通信ノード識別アーキテクチャ ~ ノード識別子解決アーキテクチャ ~
ベド カフレ中内清秀井上真杉NICTIN2007-202
NICTのAKARIアーキテクチャ設計プロジェクトでは,新世代ネットワークを従来の通信網にとらわれずに設計・検証する研究... [more] IN2007-202
pp.259-264
IN 2007-07-20
11:50
兵庫 神戸大学 通信ノード識別アーキテクチャ ~ コンポーネントとプロトコル設計 ~
べド カフレ中内清秀井上真杉NICTIN2007-37
NICTでは,2020年頃に求められる新世代ネットワークを従来の通信網にとらわれずに設計・検証する研究(通称AKARIプ... [more] IN2007-37
pp.61-66
IN 2007-06-22
12:40
北海道 はこだて未来大学 通信ノード識別アーキテクチャ ~ 基本概念 ~
べド カフレ中内清秀井上真杉NICTIN2007-20
NICTでは,2020年頃に求められる新世代ネットワークを従来の通信網にとらわれずに設計・検証する研究(通称AKARIプ... [more] IN2007-20
pp.55-60
ICM 2007-05-11
11:30
高知 高知工科大学 アドホックネットワークにおけるアドレス割当手法の提案
石本一生植田和憲高知工科大
アドホックネットワークは1990年代末以降活発に研究がなされてきた。現在、アドホックネットワーク
の課題として経路探索... [more]

PN, NS
(共催)
2004-12-17
10:55
佐賀 佐賀大学 [奨励講演]時空間アドレスの粒度に関する検討 ~ モバイルアドホックネットワークにおけるアドレッシング問題 ~
山崎浩輔瀬崎 薫東大
近年,モバイルアドホックネットワークを構成する端末へのアドレッシング問題に注目が集まっている.
現在我々が検討を行なっ... [more]
NS2004-176 PN2004-72
pp.23-26
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会