お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-21
11:30
ONLINE オンライン開催 グループ行動認識モデルへの時間情報埋め込みに関する考察
熊倉湧太田川憲男都立大)・田良島周平NTTコミュニケーションズ
グループ行動認識の既存研究では,人物の外見や行動を時空間的に関連付ける様々なモデルが提案されているが,それらの学習,推論... [more]
SeMI 2022-01-21
09:20
長野 野沢温泉スパリーナ コンベンションホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]Wi-Fiイメージングによる行動認識の検討
大河原一輝阪大)・内山 彰阪大/JSTさきがけ)・エルデーイ ヴィクトル阪大)・村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・東野輝夫阪大SeMI2021-72
近年,Wi-Fiを用いた人の行動認識の研究が盛んに行われている.Wi-Fiを用いることにより,コストやプライバシなどの問... [more] SeMI2021-72
pp.75-79
PRMU 2021-08-26
10:45
ONLINE オンライン開催 Activity recognitionの精度向上を目指したprimitive action setの検討
西村悟史江上周作福田賢一郎産総研PRMU2021-10
行動認識 のためのデータセットは数多く作られている.例えば, Charadesでは, ,"Throwing a broo... [more] PRMU2021-10
pp.19-23
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS, IPSJ-ITS
(連催)
2021-05-27
17:35
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]推論モデルの動的組み合わせによる実世界認識システム
田谷昭仁下田功一戸辺義人青学大SeMI2021-6
IoT(Internet of Things)端末や多様なセンサが搭載されたウェアラブル端末を使って, 実空間の物理量を... [more] SeMI2021-6
pp.27-32
SeMI 2020-01-31
09:00
香川 ことひら温泉琴参閣 冷蔵庫開閉音を用いた開閉扉の識別手法の提案と初期評価
光来出優大林 健太石田繁巳荒川 豊福田 晃九大SeMI2019-115
近年,センシング技術の発達により様々な場面でセンシングが可能となり,IoT化した製品も次々に開発されユーザが容易に自らの... [more] SeMI2019-115
pp.63-68
HIP 2019-12-19
17:30
宮城 東北大学電気通信研究所 読書行動識別のためのSelf-supervised Learningの実験的検討
坂本周司山田良博岩村雅一岩田 基黄瀬浩一阪府大HIP2019-71
近年,眼や頭の動きを用いて読書行動を識別する研究が行われている.特徴量として,眼電位(EOG)や加速度,角速度の平均値や... [more] HIP2019-71
pp.35-40
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-10
16:15
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 高齢者の日常行動の見守りと認知機能向上を目指した生活ナビゲーションアプリの開発とその評価
佐野睦夫山本未奈阪工大)・大井 翔立命館大)・兒島宏樹山本佳司並里翔平大北拓哉阪工大WIT2018-84
高齢者の日常生活ナビゲーションシステムの研究を進めている.本報告では,日常生活の中で,見守りを行いながら,認知機能をトレ... [more] WIT2018-84
pp.171-176
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
ASN, MoNA
(併催)
(連催) [詳細]
2019-03-05
10:55
東京 東京大学 駒場キャンパス [依頼講演]Globecom2018におけるe-Healthおよびsmart Homeに関する研究動向
山本幸平豊田健太郎大槻知明慶大MoNA2018-75
本発表では, Globecom2018において発表されたe-Healthおよびsmart Homeに関する研究について報... [more] MoNA2018-75
pp.71-76
AI 2019-02-23
14:20
東京 関西大学 東京センター 機械学習による看護を必要とする環境でのベッド上動作のパターン識別の試み
茅野洋平名古屋市大AI2018-49
超高齢化社会において看護や介護領域での従事者の負担が増す一方である。認知機能の低下やせん妄の増加、身体抑制など患者と従事... [more] AI2018-49
pp.67-70
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
16:15
北海道 北海道大学 [招待講演]Indoor Positioning in Large Shopping Mall with Context Based Map Matching
Yoshihiko KamiyaYanlei GuShunsuke KamijoUT
This paper focus on large indoor environment and proposes an... [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
10:40
北海道 北海道大学 スマートフォンを用いた行動認識と位置特定の融合に関する研究
中嶋涼平長谷川孝明埼玉大ITS2018-77 IE2018-98
本稿では,行動認識と位置特定の融合により両者の性能を向上させるシステムを提案し,実験による評価を行っている.位置特定サブ... [more] ITS2018-77 IE2018-98
pp.165-170
PRMU 2018-12-14
16:20
宮城 東北大学 頑健な動作認識のためのアンサンブルLSTMとCRFの結合手法
安部 永早川裕太東工大)・日野拓也杉原幹英池谷浩樹コマツ)・下坂正倫東工大PRMU2018-94
建機の作業操作の定量化は操縦者の技量評価や生産性改善に向けた指導に有用である.作業操作の定量化を自動化するには,建機に装... [more] PRMU2018-94
pp.103-108
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
13:00
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス [ポスター講演]センシング機能付きパッシブRFIDタグを用いた高齢者の転倒検知システムの提案
戸田光一篠宮紀彦創価大ASN2018-57 SRW2018-22
日本では,高齢者の人口が増加するなか,介護人員の不足が問題となっている.この問題を解決する為,カメラやウェアラブルデバイ... [more] ASN2018-57 SRW2018-22
pp.31-34(ASN), pp.7-10(SRW)
SC 2018-06-02
09:25
福島 会津大学 UBIC 3D Theater Simultaneous recognition of human activities and locations based on sensor array
Shoichi IchimuraQiangfu ZhaoUniv. of AizuSC2018-11
 [more] SC2018-11
pp.59-64
PRMU, MI, IE, SIP
(共催)
2018-05-18
16:15
岐阜 岐阜大学 加速度データからの行動識別のための雑音除去自己符号化器を用いた特徴抽出における時間窓の影響
須貝聡子武山 徹小暮 潔金沢工大SIP2018-18 IE2018-18 PRMU2018-18 MI2018-18
本研究では,行動識別のための雑音除去自己符号化器を用いた加速度データからの特徴抽出手法における時間窓の識別性能への影響を... [more] SIP2018-18 IE2018-18 PRMU2018-18 MI2018-18
pp.81-85
LOIS 2018-03-02
13:00
沖縄 那覇市IT創造館 環境変化に基づく行動認識を用いた高齢者状態通知サービスの開発・評価
玉水一柔榊原誠司佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・安田 清千葉ろうさい病院LOIS2017-86
在宅介護を支援するテクノロジーとして,ICTを活用した見守りシステムの研究・開発が盛んである. しかし,従来の見守りシス... [more] LOIS2017-86
pp.87-92
IA 2017-11-15
16:30
海外 KMITL, タイ・バンコク [ポスター講演]Implementation of Recognizing Indoor Activities Using Cloud Service for Machine Learning
Kazunari TamamizuSeiji SakakibaraSachio SaikiMasahide NakamuraKobe University)・Kiyoshi YasudaChiba Rosai HospitalIA2017-41
 [more] IA2017-41
pp.49-52
WIT, SP
(共催)
2017-10-20
11:30
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) 変化時の行動記録と環境センシングに基づく機械学習を用いた宅内行動認識
玉水一柔榊原誠司佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・安田 清千葉ろうさい病院SP2017-52 WIT2017-48
高齢者の在宅介護を支援するテクノロジーとして,ICTを活用した見守りシステムの研究・開発が盛んである.しかしながら,従来... [more] SP2017-52 WIT2017-48
pp.101-106
PRMU 2017-10-13
11:10
熊本 熊本大学 深層学習と慣性センサを活用した個別ストローク動作開始タイミングの推定手法
大前佑斗東京高専)・小林幹京酒井一樹塩野谷 明高橋弘毅長岡技科大)・宮地 力東大)・櫻井義久スポーツセンシング)・中井一文江崎修央鳥羽商船高専)・秋月拓磨豊橋技科大PRMU2017-90
著者らは,単一の慣性センサを活用した競泳コーチング支援システムの構築を目指している.
この要件の一つに,試技内で遂行す... [more]
PRMU2017-90
pp.155-160
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-16
11:15
東京 東京大学 本郷キャンパス [ショートペーパー]人間行動の認識を用いた人物識別の研究
吉田貴之チャクラボルティ バサビ岩手県立大PRMU2017-57 IBISML2017-29
現在,携帯型端末にモーションセンサが標準装備され,社会的健康志向の高まりからリストバンド型のライフログデバイスも登場し,... [more] PRMU2017-57 IBISML2017-29
pp.159-160
 79件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会