電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2019-09-25
14:30
宮城 東北大学 半球型アレイトランスデューサーを用いた3次元光音響イメージングにおける1方向垂直照射と4方向傾斜照射の比較検討
森野太介新楯 諒東北大)・長岡 亮富山大)・吉澤 晋梅村晋一郎西條芳文東北大US2019-52
光音響イメージングとは光と超音波を組合わせた非侵襲のイメージング手法であり、高分解能・高深達度の性質を持つため近年医療応... [more] US2019-52
pp.29-33
US 2019-09-25
14:55
宮城 東北大学 光音響イメージング技術を用いた関節炎定量評価のための基礎的検討
小川晃平浪田 健近藤健悟山川 誠椎名 毅京大US2019-53
関節炎は関節の炎症をともなう疾病であり,関節の硬直,むくみ,痛みといった局所的な症状あるいは発熱,倦怠感といった全身的な... [more] US2019-53
pp.35-40
US 2019-09-25
16:00
宮城 東北大学 ハンドヘルド型光音響イメージング装置による頸動脈脂質性プラークの検出
塩谷一馬浪田 健近藤健悟山川 誠椎名 毅京大US2019-55
脂質性プラークを早期に検出し,心疾患を予防することをめざし,ハンドヘルド型の光音響イメージング装置を開発した.実用条件下... [more] US2019-55
pp.47-51
US 2019-06-17
13:25
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 柔軟性超音波探触子の医用超音波への応用
田中雄介吉田光良小倉幸夫ジャパンプローブUS2019-19
柔軟性超音波探触子を用いた医用超音波への応用を報告する。ソフトプローブによる老視評価や口腔内計測、フレキシブルリニアアレ... [more] US2019-19
pp.1-5
US 2019-06-17
14:55
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 超指向性音源を用いた不可視領域空中音響センシングのための信号符号化法
香山聖実大久保 寛田川憲男首都大東京US2019-22
空中音響センシングとは音波を用いた空中におけるセンシングである. センシング技術には,光,電波,音
波,レーザなど様々... [more]
US2019-22
pp.15-19
US 2018-10-04
14:10
宮城 東北大学 多波長光音響イメージングによる脂肪肝定量評価のための基礎的検討
浅田恭輔浪田 健近藤健悟山川 誠椎名 毅京大US2018-56
光音響イメージングによる非侵襲,簡便な脂肪肝の定量評価をめざし,脂肪率に伴う光音響信号強度の波長依存性および温度依存性を... [more] US2018-56
pp.43-47
US 2018-10-04
14:35
宮城 東北大学 多波長光音響イメージングによる皮下血腫評価に向けた基礎的検討
内本 陽浪田 健近藤健悟山川 誠椎名 毅京大US2018-57
皮下組織のイメージングは,外傷による内出血,皮下血腫,静脈血栓症などの病態把握に有用である.そこで我々は,非侵襲かつ操作... [more] US2018-57
pp.49-54
US 2018-10-04
15:00
宮城 東北大学 深深度・波長低依存音響分解能光音響顕微鏡の光学シミュレーション
丸山真幸加瀬 究斎藤徳人和田智之理研US2018-58
これまでの音響分解能光音響顕微鏡は主に単波長計測であったり、複数であっても比較的近い波長が用いられることが多く、光学系の... [more] US2018-58
pp.55-59
US 2018-10-04
15:40
宮城 東北大学 多方向信号取得による高解像度光音響イメージング
佐藤幹太新楯 諒東北大)・藤原光浩オークソニック)・西條芳文東北大US2018-59
光音響イメージングの臨床的使用には,主にリニアプローブが用いられている.しかし,リニアプローブを用いた光音響イメージング... [more] US2018-59
pp.61-65
US 2018-10-04
16:05
宮城 東北大学 高周波数トランスデューサを使用した透過型光音響顕微鏡の設計
新楯 諒東北大)・長岡 亮富山大)・小林和人本多電子)・西條芳文東北大US2018-60
光音響イメージングは光と超音波の双方の特性を有するイメージング手法であり,光や超音波単独では見ることができなかった領域を... [more] US2018-60
pp.67-71
US 2018-10-04
16:55
宮城 東北大学 臨床研究のデータ理解のためのウサギを対象にした光音響測定
石原美弥平沢 壮大川晋平藤田真敬防衛医科大US2018-62
光イメージングと超音波イメージングの利点を活用することで,新しい特徴を持つ光音響イメージング技術について,基礎と臨床をつ... [more] US2018-62
pp.77-79
US 2017-08-31
11:15
神奈川 IHI 横浜事業所 小型潜水艇搭載用凸型音響レンズにおける音響整合層の効果についての基礎的研究
河原宏幸小笠原英子森 和義防衛大US2017-49
筆者らは前回の研究においてAUV艇首への搭載を想定した凸型水中音響レンズを設計し,時間領域有限差分法(Finite Di... [more] US2017-49
pp.15-18
US 2017-04-27
10:55
東京 電気通信大学 低周波パラメトリック超音波画像における空間分解能の実験的評価
野村英之電通大US2017-2
高周波超音波は媒質の粘性によるエネルギー散逸が大きいため,物体表面からの深達度が制限される.そのため,映像化可能深さは浅... [more] US2017-2
pp.5-10
SSS 2017-03-21
13:00
東京 機械振興会館 MRI検査における音環境の改善に向けた骨伝導通話システム
高橋康次郎武藤憲司芝浦工大)・八木一夫首都大東京SSS2016-31
MRI装置は人体の断層画像を得る医療診断装置であり,駆動音が100dB以上になる場合がある.騒音下で医師と被験者が通話す... [more] SSS2016-31
pp.1-4
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
09:00
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]超指向性スピーカと超解像信号処理を組み合わせた音響センシングの基礎検討
朝倉裕也大久保 寛田川憲男首都大東京EA2015-117 SIP2015-166 SP2015-145
これまで音波を使ったセンシングでは,生体内や水中などの分野では実用が進んでいるが,空中においては必ずしも十分な成果が得ら... [more] EA2015-117 SIP2015-166 SP2015-145
pp.283-286
US 2015-09-04
09:30
北海道 第一滝本館
(北海道登別)
パルス圧縮パラメトリック音源を用いた低周波超音波イメージングの実現
野村英之安達日出夫鎌倉友男電通大US2015-54
高周波超音波は媒質の粘性によるエネルギー散逸が大きいため,物体表面からの深達度が制限される.そのため,映像化可能深さは浅... [more] US2015-54
pp.47-50
US 2015-08-24
15:20
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス [招待講演]水中音響に携わって幾歳月
中村敏明元防衛大US2015-43
著者は1973年から大阪大学で非線形音響の研究に参加し、パラメトリック音源の実験を契機に1980年前後から水中音響の分野... [more] US2015-43
pp.31-36
US 2015-08-24
16:10
東京 東京工業大学 大岡山キャンパス 音響レンズを用いた周囲雑音イメージングにおける雑音空間分布の影響 ~ 2014年11月の第2回実海域試験データの予備解析 ~
森 和義小笠原英子防衛大)・土屋健伸遠藤信行神奈川大US2015-44
筆者らは,音響レンズを用いた周囲雑音イメージングシステムにおいて,視野角15度(水平)×9度(垂直)に対応する127素子... [more] US2015-44
pp.37-41
US 2013-11-23
15:35
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 音響レンズを用いた周囲雑音イメージングにおける過去5年の研究の概要
森 和義小笠原英子中村敏明防衛大)・土屋健伸遠藤信行神奈川大US2013-72
自然海中雑音を音源としてターゲット映像を取得する周囲雑音イメージングを実現するため非球面レンズを用いたプロトタイプシステ... [more] US2013-72
pp.25-30
MBE, NC
(併催)
2013-03-15
16:00
東京 玉川大学 複素ニューラルネットワークを用いた広帯域ビームフォーミング手法による音響イメージング
寺林光太郎廣瀬 明東大NC2012-182
われわれは,複素時空ニューラルネットワーク(CVSTNN)を用いるビームフォーミング法を用い,広帯域超音波パルスを用いる... [more] NC2012-182
pp.279-284
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会