お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS, OCS
(併催)
2014-01-22
11:10
東京 八丈島 大賀郷公民館 ベル研究所の空間分割多重化セキュア光通信の安全性解析の一般化
廣田 修加藤研太郎玉川大OCS2013-93
最近、光通信システムの安全性保証の重要性が高まり、ベル研はその対応策としてマルチコア光ファイバによる空間分割多重化伝送の... [more] OCS2013-93
pp.7-12
PN 2013-08-08
15:40
北海道 北海道大学 大学院情報科学研究科 A13講義室 [招待講演]Y-00光通信量子暗号とその光通信システム応用
二見史生玉川大PN2013-13
Y-00光通信量子暗号は実用的な物理暗号で,暗号文を盗聴者に正しく読み取らせないことを特徴とし,強い暗号特性と高い通信性... [more] PN2013-13
pp.29-34
OCS, PN, NS
(併催)
2013-06-21
14:10
福島 日本大学工学部(郡山) 光通信システムへのサイバー攻撃とその防御技術 ~ 量子エニグマ暗号の開発に向けて ~
広田 修玉川大OCS2013-18
近年、サイバー攻撃が脅威となり、その対策技術の開発の必要性が多方面で議論されている。その中で、物理層である光通信システム... [more] OCS2013-18
pp.43-48
OCS, CS
(併催)
2013-01-25
13:20
愛媛 愛媛大学 セキュア光アクセスネットワークに向けたレーザ駆動電流直接変調方式によるY-00(光通信量子暗号) ~ 2.5Gb/s,80km伝送システム実験 ~
二見史生広田 修玉川大OCS2012-94
最近,アメリカ国家安全保障局(NSA)や国防高等研究計画局(DARPA)がサイバーセキュリティの研究開発に注力しているよ... [more] OCS2012-94
pp.53-58
CS, OCS
(併催)
2012-01-27
11:15
三重 伊勢市観光文化会館 Y-00(光通信量子暗号)信号光の波長分割多重伝送実験
二見史生広田 修玉川大OCS2011-116
インターネットの発展により便利な生活を送れるようになってきている.第三者には見られたら困る個人情報や機密情報などが通信さ... [more] OCS2011-116
pp.61-66
CS, OCS
(併催)
2012-01-27
11:40
三重 伊勢市観光文化会館 量子鍵配送の安全性定量化の限界
広田 修玉川大OCS2011-117
量子鍵配送の原理が発明され25年を経て、
多くの実験システムが世界の研究機関で実装されている。
初期には無条件に安全... [more]
OCS2011-117
pp.67-72
OCS, CS
(併催)
2011-01-27
15:40
徳島 徳島大学 Y-00(光通信量子暗号)のランダム暗号としての性能評価実験
二見史生広田 修玉川大OCS2010-105
インターネット上の様々なアプリケーションで個人情報や機密情報が通信されるようになり,今日,通信の安全性に対する関心が非常... [more] OCS2010-105
pp.37-42
OCS, CS
(併催)
2011-01-27
16:05
徳島 徳島大学 光通信量子暗号Y-00の相関攻撃に対する耐性の実証
加藤研太郎玉川大OCS2010-106
Yuen 2000 (Y-00)プロトコルは物理的な雑音と疑似乱数の効果を用いて,光通信のためのデータ暗号化システムを可... [more] OCS2010-106
pp.43-48
ISEC, LOIS
(共催)
2010-11-17
16:30
茨城 筑波大学 Y-00量子ストリーム暗号の改ざん耐性の検討
岩越丈尚広田 修玉川大ISEC2010-57 LOIS2010-36
既存のストリーム暗号は、平文と擬似乱数生成器からの出力系列であるランニング鍵との排他的論理和により暗号文を生成する。この... [more] ISEC2010-57 LOIS2010-36
pp.51-55
LQE, OPE, OCS
(共催)
2010-10-28
11:45
福岡 門司港レトロ・港ハウス 光通信量子暗号(Y-00)試作器の本学LANのGbE通信への適用実験
二見史生広田 修玉川大)・本田 真圷 重人原澤克嘉日立情報通信エンジニアリングOCS2010-57 OPE2010-93 LQE2010-66
現代社会や生活において,ネットワークの役割は非常に大きいものになっているが,個人情報や機密情報が平文で通信されていること... [more] OCS2010-57 OPE2010-93 LQE2010-66
pp.25-30
ISEC 2010-05-21
14:15
東京 機械振興会館 光通信量子暗号としてのY-00とCPPMの特徴比較 ~ 暗号文をランダム化する暗号 ~
相馬正宜広田 修玉川大ISEC2010-4
共通鍵暗号の情報理論的議論はShannonが1949年に公開した論文において示したフレームを基盤としている。共通鍵暗号の... [more] ISEC2010-4
pp.17-24
OPE, EMT, LQE, PN, IEE-EMT
(共催)
2010-01-28
15:00
京都 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 光通信量子暗号(Y-00)によるセキュア・フォトニック・ネットワークの提案と実施例 ~ NICT量子ICT会議に対する提言 ~
広田 修川西悟基玉川大PN2009-42 OPE2009-180 LQE2009-162
本稿において超高速フォトニック・ネットワークを基盤とする次世代通信インフラに対して、悪意あるグループによる盗聴用データセ... [more] PN2009-42 OPE2009-180 LQE2009-162
pp.41-46
ISEC 2009-12-16
13:25
東京 機械振興会館 光通信量子暗号Y-00によるShannon限界超越とHolevo・相馬・広田の定理 ~ 一般的な実在証明 ~
広田 修玉川大ISEC2009-72
現代暗号学の最重要課題の一つは、暗号学におけるShannon限界を破る暗号の存在を実証することである。その実在の例を示す... [more] ISEC2009-72
pp.7-14
ISEC 2009-09-25
11:35
東京 機械振興会館 光通信量子暗号Y-00による準完全秘匿を持つ偵察衛星システム ~ Shannon限界の超越 ~
広田 修玉川大ISEC2009-42
共通鍵暗号の情報理論的安全性に関する限界はShannon限界として良く知られている。しかし、それが、最終的な限界であると... [more] ISEC2009-42
pp.15-22
NS, OCS, PN
(併催)
2009-06-25
16:25
長崎 長崎歴史文化博物館 光通信量子暗号Y-00のためのランダム化技術総論
広田 修玉川大OCS2009-12
従来の共通鍵暗号の限界はShannonの限界として良く知られている。しかし、それを超える暗号が存在しないと言う証明はない... [more] OCS2009-12
pp.11-16
PN, CS, OCS
(併催)
2008-06-13
15:40
北海道 千歳科学技術大学 光通信量子暗号Y-00の情報理論的安全の可能性について
広田 修玉川大OCS2008-17
情報理論的安全の可能性を持つGauss-Yuen型ランダム暗号の実現法として光通信量子暗号Y-00(量子ストリーム暗号)... [more] OCS2008-17
pp.39-44
IT, WBS, ISEC
(共催)
2005-03-18
09:55
京都 京大 光通信量子暗号(Y-00)への攻撃は真に攻撃か?Part1
広田 修玉川大/JST/中大
本稿において、光通信量子暗号(Y-00)を批判する 西岡・長谷川・石塚・今福・今井(三菱電機・東京大学)、
Yuan-... [more]
IT2004-70 ISEC2004-126 WBS2004-185
pp.1-6
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会