お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, ITE-HI, VRSJ
(連催)
2021-06-02
11:15
ONLINE オンライン開催 (東京大学から変更) 言語的人類に民族対立や人種差別はない ~ 人類共有知の発展のために ~
得丸久文著述業MVE2021-4
言語的人類は共同体成員間で音素共有を始め,言語を獲得した.その背景に真社会性動物へと進化したことが考えられる.人類がゼノ... [more] MVE2021-4
pp.19-24
TL 2020-12-20
13:00
ONLINE オンライン開催 言語の真社会性起源と学習における前方誤り訂正の必要性 ~ 人類共有知を発展させるために ~
得丸久文著述業TL2020-12
デジタル言語学は,音素を伝える音節が「音,文字,電子」と発展して,人類の言語と知能が生まれ
たとみなす.言語処理は脳室... [more]
TL2020-12
pp.1-6
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2020-12-02
18:30
ONLINE オンライン開催 言語の真社会性起源とFECの必要性 ~ デジタル言語学 ~
得丸久文著述業NLC2020-18 SP2020-21
デジタル言語学は,言語は音素を伝える音節が音,文字,電子へと三段階で発展したことで発達した
とみなす.南アフリカの沿岸... [more]
NLC2020-18 SP2020-21
pp.28-32
PRMU 2020-10-10
10:00
ONLINE オンライン開催 音節の音素性とモーラ性 ~ 言語的人類は南アフリカの洞窟で生まれた ~
得丸久文著述業PRMU2020-33
デジタル言語学は,音節のもつ音素性とモーラ性が,文字列からなるテキストやビット列からなるバイナリデータに受け継がれていて... [more] PRMU2020-33
pp.93-98
MBE, NC
(併催)
2015-12-19
09:50
愛知 名古屋工業大学 超低磁場における超偏極XeのSWIFT法によるMR信号計測 ~ 原子磁気センサを用いた検討 ~
加賀裕樹笈田武範山本哲也小林哲生京大MBE2015-80
近年, 超低磁場MRIシステムは維持コストが低いなどの利点から注目されているが, 計測されるMR信号が小さいことが課題で... [more] MBE2015-80
pp.101-106
DE 2015-09-25
13:30
神奈川 神奈川工科大学 横浜オフィス キャッシュヒット率を考慮した動的VMメモリ割り当てによるDBMS性能の向上
坂本雅哉山口実靖工学院大DE2015-27
近年,サーバの消費電力増加や設置スペース肥大化が問題となっており,その解決策の一つとして仮想化技術を用いて複数のサーバマ... [more] DE2015-27
pp.41-46
MBE 2015-06-26
10:25
北海道 北海道大学 超低磁場MRIにおける超偏極XeのSWIFTおよびNUFFT法を用いた画像化 ~ シミュレーションによる検討 ~
加賀裕樹笈田武範小林哲生京大MBE2015-14
超低磁場MRIは低維持コストなど多くの利点を有しており近年注目されている. しかし, 得られる信号が小さいため, 超偏極... [more] MBE2015-14
pp.7-12
NC, MBE
(併催)
2014-03-18
09:20
東京 玉川大学 SWIFT法を用いた超偏極キセノン129信号画像化の検討
中村和浩近藤 靖木下俊文秋田県立脳血管研究センターMBE2013-131
Sweep Imaging with Fourier Transformation(SWIFT法)は読み取り勾配磁場を加... [more] MBE2013-131
pp.85-90
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2012-06-22
15:00
大阪 大阪大学吹田キャンパス キセノンランプ照射時のプリント配線パターン導体間のESDサージに対するフラッシオーバ電圧特性
坪井浩太郎岩井 将大塚信也九工大EMCJ2012-29
静電気放電(ESD:Electrostatic discharge)によるサージに対するプリント配線パターン導体間のフラ... [more] EMCJ2012-29
pp.49-52
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2010-03-01
15:30
宮城 作並温泉一の坊(宮城県) 通信回線の品質が仮想マシンのライブマイグレーションの品質に与える影響の調査
楠畑勝彦益井賢次飯田勝吉東工大SITE2009-46 IA2009-98
これまで仮想マシンのライブマイグレーションは同一拠点内の広帯域ネットワーク内に限定されていたが、これを広域ネットワークに... [more] SITE2009-46 IA2009-98
pp.37-41
LOIS, ICM
(併催)
2010-01-22
16:30
福岡 福岡工業大学 複数仮想サーバに渡る仮想LANセグメント構築に関する検討
饗庭秀一郎山之内萌恵友澤寛晶加藤 稔松本郷史NTTコムウェアICM2009-43
オープンアーキテクチャにおける仮想化技術は,コンピュータの物理資源を動的かつ論理的に分割利用できる特性から,新たなホステ... [more] ICM2009-43
pp.45-50
IA 2009-09-25
15:15
東京 機械振興会館 ネットワークエミュレーションテストベッドを用いたオーバーレイネットワークアプリケーションの実験手法に関する一考察
櫨山寛章榎本真俊奈良先端大)・鈴木未央NICTIA2009-39
本論文ではネットワークエミュレーションテストベッドを用いたオーバーレイネットワークアプリケーションの実験手法に関し,An... [more] IA2009-39
pp.37-42
ICM 2009-03-13
15:00
鹿児島 奄美サンプラザホテル Web3層システムへの仮想化技術適用に関する検討
東 一彦友澤寛晶小川琢也加藤 稔NTTコムウェアICM2008-83
オープンアーキテクチャにおけるサーバ仮想化技術の適用は,サーバ台数削減,消費電力削減,運用効率向上等のメリットがありOp... [more] ICM2008-83
pp.143-148
ITE-MMS, ITE-CE, MRIS
(共催)
2009-01-16
11:20
大阪 パナソニック 松心会館 仮想環境における組込み機器の開発
北原陽平八木孝介楠 恵明森田知宏三菱電機MR2008-61
3種類の仮想環境を構築し、組込み機器の開発環境を1台のパソコン上で構築した。本仮想環境では、1台のパソコン上に組込み機器... [more] MR2008-61
pp.57-60
ICM 2008-07-10
17:15
北海道 千歳科学技術大学 高負荷ネットワーク環境における仮想化技術適用に関する検討
東 一彦・○後藤久美子友澤寛晶加藤 稔NTTコムウェアICM2008-31
オープンアーキテクチャにおける仮想化技術は運用効率向上,コスト削減,等のメリットがあり,通信事業者のOperation ... [more] ICM2008-31
pp.43-48
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-24
10:20
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター センサネットワークにおける中継ノードへの最大接続センサ数を考慮したノード消費電力均等化
萩谷展之阪田史郎千葉大)・柳原健太郎福永 茂OKIUSN2007-57
センサネットワークにおいてはシンクノードの周辺ノードへのトラフィック集中に起因する電力消費によりネットワークの寿命が短く... [more] USN2007-57
pp.13-18
CPSY 2006-10-13
13:00
京都 キャンパスプラザ京都 10Gb Ethernet上のRDMA転送機能の仮想マシン移動への適用
中島耕太佐藤 充後藤正徳久門耕一富士通研
大容量のデータ転送を伴うXen 仮想マシンモニタの仮想マシン移動処理に10Gb Ethernet-NIC UZURAのR... [more]
LQE 2005-12-09
13:45
東京 機械振興会館 10Gbit/s 非冷却LDモジュールの給電回路の検討
岡田規男安井伸之有賀 博白井 聡大島 功杉立厚志八田竜夫渡辺 斉三菱電機
XFPを始め、XENPAK,X2などの光送受信器に搭載可能な低コスト10Gbit/s LDモジュールを開発した。並列容量... [more] LQE2005-118
pp.25-28
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会