お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI, MICT
(共催) [詳細]
2019-11-05
15:00
茨城 筑波大学 大量運動者からのマルチホップ生体情報収集法における集中・分散ハイブリッド型チャネル選択
小川涼平四方博之関西大)・濱上卓磨柳原健太郎川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大MICT2019-34 MI2019-61
本研究では、大量の運動者に装着したセンサノードから、WSN(Wireless Sensor Networks)により生体... [more] MICT2019-34 MI2019-61
pp.45-50
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]マルチホップ移動センサネットワークにおける適応スーパーフレーム変更の実験的検証
丸尾博人原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・奥畑宏之ソリトンシステムズRCC2019-26 NS2019-62 RCS2019-119 SR2019-38 SeMI2019-35
屋外で運動している大量の人間から無線を使って生体情報をリアルタイムに収集できるシステムAccuWiSe (Accurat... [more] RCC2019-26 NS2019-62 RCS2019-119 SR2019-38 SeMI2019-35
pp.79-83(RCC), pp.105-109(NS), pp.101-105(RCS), pp.111-115(SR), pp.93-97(SeMI)
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
11:05
東京 機械振興会館 生体データ収集システムにおける無線センサノードの装着位置が伝送特性に与える影響
丸尾博人小倉裕史原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大MICT2018-68
運動している人間にセンサノードを装着し,ワイヤレスを使って生体情報をリアルタイムに収集するシステムでは,運動の妨げになら... [more] MICT2018-68
pp.1-4
MICT 2019-01-11
16:15
東京 明治大学 駿河台キャンパス 大量運動者からの分散型チャネル選択を用いたマルチホップ生体データ収集法
新野 淳四方博之関西大)・濱上卓磨柳原健太郎川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大MICT2018-64
近年、運動者の健康状態や身体能力の把握を科学的に行うために、運動中の人間の生体情報モニタリングへの関心が高まっている。本... [more] MICT2018-64
pp.21-26
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
10:10
宮城 東北大学 電気通信研究所 屋外イベントでの多数のユーザを対象としたヘルスモニタリングシステムのための動的ネットワーク構成法
小川絢也生出真人阿部 亨菅沼拓夫東北大IN2018-35
生体センサやウェアラブル端末の高機能・高性能化に伴い,それらを活用した健康支援のためのヘルスモニタリングに関心が寄せられ... [more] IN2018-35
pp.77-82
MICT 2018-01-26
09:05
大阪 国立循環器病研究センター 大量運動ノード群からのRPLを用いたバイタルデータ収集
大北和貴四方博之河端隆志関西大MICT2017-42
近年、運動中の人間のバイタルデータモニタリングへの関心が高まっており、スポーツや学校体育の分野において多人数のバイタルデ... [more] MICT2017-42
pp.5-10
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
11:05
北海道 北海道大学 [ポスター講演]大量運動ノード群からのバイタルデータ収集におけるモビリティ・通信モデル構築とデータ収集特性評価
山口慎太郎新野 淳関西大)・小倉裕史阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大RCC2017-21 NS2017-42 RCS2017-113 SR2017-36 ASN2017-30
近年、運動中の人間のバイタルデータをモニタリングすることで運動者の健康状態や身体能力の把握を科学的に行う事が期待されてい... [more] RCC2017-21 NS2017-42 RCS2017-113 SR2017-36 ASN2017-30
pp.67-72(RCC), pp.81-86(NS), pp.121-126(RCS), pp.79-84(SR), pp.99-104(ASN)
US 2017-05-22
13:55
東京 機械振興会館 空中音響画像を用いた呼吸・心拍による体表面の2次元変位の非接触計測
林 泰輝平田慎之介蜂屋弘之東工大US2017-15
現在,広く普及しているバイタルサイン計測は,センサを体に接触させるものが主である.そのため,常時モニタリングやセンサを接... [more] US2017-15
pp.7-12
IA, IN
(併催)
2016-12-15
17:10
広島 広島市立大学 講堂小ホール 多人数の状況を効果的に観測する利用者指向センサネットワークの設計
佐々木 塁市地 慶阿部 亨菅沼拓夫東北大IN2016-76
屋外でのコンサートやスポーツイベントのように長時間にわたり一つの場所に多くの人々が集まる状況で,参加者の突然の体調不良な... [more] IN2016-76
pp.57-62
MICT 2016-11-04
15:30
大阪 大阪国際交流センター IoT/ウェアラブルセンサに適用するエナジーハーベスティング給電技術の研究
五藤優貴加藤宏明平林伸太郎宮崎陶太畑 かおり川島 信中部大MICT2016-53
近年,IoT(Internet of Things)への注目が高まっている. IoT市場の拡大に伴い,これを形成するセン... [more] MICT2016-53
pp.29-34
CQ
(第二種研究会)
2016-08-28
11:20
茨城 筑波山温泉 [ポスター講演]ヘルスケア・生活支援システムのトライアルに向けて ~ バイタル情報の取得 ~
犬木拓也設樂 勇原 正東松村勝裕大塚智晴平栗健史日本工大
ZigBeeを用いたバイタル情報,位置情報をリアルタイムで管理するシステムを提案した.本システムのバイタル情報の取得とし... [more]
RCC, MICT
(共催)
2015-05-29
09:15
東京 機械振興会館 エナジーハーベスティングを導入したバイタルセンサ給電法の提案
穂積雅斗平林伸太郎安達純基宮崎陶多畑 かおり川島 信中部大RCC2015-12 MICT2015-12
医学・医療領域への情報通信技術の応用が急速に進展しており,ウェアラブルバイタルセンサ並びにこれを活用したヘルスケアネット... [more] RCC2015-12 MICT2015-12
pp.53-58
PRMU, MI, IE, SIP
(共催)
2014-05-23
11:10
愛知 名古屋工業大学 [特別講演]ウエアラブル・ヘルスケア ~ センシング技術とその応用 ~
前中一介兵庫県立大SIP2014-17 IE2014-17 PRMU2014-17 MI2014-17
世界的な少子高齢化、社会の複雑化によるストレスやそれに起因する大きな事故などをうけ、各個人で実行可能な(病院へ行かなくて... [more] SIP2014-17 IE2014-17 PRMU2014-17 MI2014-17
pp.91-96
CS, CAS, SIP
(共催)
2014-03-06
15:50
大阪 大阪市立大学 学術情報総合センター [招待講演]運動中の人間からのリアルタイム生体情報モニタリング ~ センシングと無線通信方式 ~
原 晋介阪市大CAS2013-100 SIP2013-146 CS2013-113
運動中の人間から心拍数,エネルギ消費量や体温といった生体情報をセンスしリアルタイムにモニタすることは,医療,ヘルスケアお... [more] CAS2013-100 SIP2013-146 CS2013-113
pp.59-63
RCS, AP
(併催)
2013-11-21
13:30
島根 松江テルサ [依頼講演]マルチアンテナシステムのセンシング応用について
本間尚樹今野恵太岩手大)・西森健太郎新潟大)・竹村暢康満井 勉サムスン)・佐藤宏明恒川佳隆岩手大AP2013-111 RCS2013-189
本報告では,マルチアンテナシステムのマイクロ波センサへの応用法について述べる.第1の応用例として侵入者を検出するセキュリ... [more] AP2013-111 RCS2013-189
pp.67-72(AP), pp.91-96(RCS)
CS 2012-07-12
09:10
鹿児島 知名町公民館(沖永良部島) ZigBee無線を用いたリアルタイムデータ収集の実験的検討(1)
神田冬威岡本 信辻岡哲夫原 晋介阪市大CS2012-24
近年,運動選手のパフォーマンス向上や体調管理のために,バイタルデータの監視が盛んに行われている.そのため,リアルタイムに... [more] CS2012-24
pp.5-10
LOIS 2012-03-09
11:05
沖縄 名桜大学 就寝時の突発的な事故の防止を目的とした無侵襲・無拘束なデータ取得システムの構築法
長谷川裕士寺戸敏彦岐阜大LOIS2011-98
我が国では,急速に高齢化が進んでいる.2007年には,世界で最初に超高齢社会を迎えている.それに伴い,孤独死される独居老... [more] LOIS2011-98
pp.153-158
OFT 2011-10-21
09:50
長野 信州大学 上田キャンパス FBGセンサによる脈拍数の同時多点計測に向けた基礎的検討
川村真輝佐藤慎吾宮内祐樹児山祥平石澤広明信州大OFT2011-43
本報告では,FBGセンサによる脈拍数と呼吸数の同時計測を行った.FBGセンサを手首に固定し,動脈の伸縮を体表面から歪みと... [more] OFT2011-43
pp.65-69
MoNA, ITE-CE, ITE-BCT
(共催)
2009-09-25
09:30
沖縄 てんぶす那覇 無線センサーネットワークを利用した電子トリアージシステムの実現
楠田純子木山 昇阪大)・内山 彰廣森聡仁梅津高朗山口弘純東野輝夫阪大/JSTMoMuC2009-32
近年,大規模事故や災害発生時の救急救命において,トリアージと呼ばれる救急救命方式が導入されつつある.トリアージとは,傷病... [more] MoMuC2009-32
pp.33-38
MoNA, IPSJ-MBL
(連催)
2009-05-07
08:30
沖縄 宮古島マリンターミナル 災害現場でセンシングされた生体情報を集約する無線センサーネットワークの構成法
楠田純子木山 昇阪大)・山口弘純東野輝夫阪大/JSTMoMuC2009-1
本稿では,各無線センサーノードが,高い転送レートを要するサンプリングデータもしくは低いレートで転送できる加工済のデータの... [more] MoMuC2009-1
pp.1-6
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会