電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 174件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-01
15:15
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) バーチャルリアリティにおけるインタラクティブな物語論 ~ ニュースゲームの新たな物語技法の探求 ~
馮 笑寒東洋大IMQ2020-15 IE2020-55 MVE2020-47
本研究では、バーチャルリアリティを用いたニュースゲームを対象とし、インタラクティブな物語論に基づいて分析を行うことで、物... [more] IMQ2020-15 IE2020-55 MVE2020-47
pp.23-28
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-02
11:10
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) ストレスマネジメントのためのVR空間によるアサーティブ・コミュニケーション訓練システムの基礎検討
田中大耀佐野睦夫阪工大)・大井 翔立命館大)・樋山雅美松本佳大成本 迅京都府立医科大IMQ2020-22 IE2020-62 MVE2020-54
システムエンジニアは厚生労働省が定める高ストレス者に該当するものが17.8%となっており,他業種も含めた調査では高ストレ... [more] IMQ2020-22 IE2020-62 MVE2020-54
pp.58-63
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-02
14:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]VR空間内でTrail Making Testを実現する注意機能測定アプリケーションの提案と評価
中村弓夏菅野正嗣中岡和代内藤泰男阪府大SeMI2020-67
代表的な注意機能検査法であるTrail Making Test (TMT)は紙と鉛筆のみで簡易に検査できる利点がある一方... [more] SeMI2020-67
pp.57-62
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-02
14:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]VRを用いた視空間認知機能改善のためのお絵描きアプリの提案
山本純佳菅野正嗣中岡和代内藤泰男阪府大SeMI2020-69
認知症や脳卒中などの中枢神経障害でよく見られる視空間認知障害は、視力が障害されていないにもかかわらず、顔や物品の認識や物... [more] SeMI2020-69
pp.67-70
HIP, VRSJ
(連催)
2021-02-18
16:40
ONLINE オンライン開催 視覚接近刺激による「ゾクゾク」感の定量的計測
寺岡 諒黒田尚輝寺本 渉熊本大HIP2020-81
自身の近傍に物体や他者が存在するとき,物体(他者)が近くに存在するという漠然とした感覚に加えて,背筋などにゾクゾクした感... [more] HIP2020-81
pp.44-47
HIP, VRSJ
(連催)
2021-02-19
10:05
ONLINE オンライン開催 VR環境下での自転車走行時の通過可能幅知覚
黒田尚輝池田一裕寺本 渉熊本大HIP2020-84
狭い隙間を通過する時にはその隙間との接触を避ける行動が必要である。これまでの研究によって,歩行による隙間通過時には,隙間... [more] HIP2020-84
pp.53-56
HCS 2021-01-23
15:30
ONLINE オンライン開催 屋内災害におけるパニック行動分析に向けたVRによる検証基盤
新納 穣市川 淳秋吉政徳神奈川大HCS2020-56
災害時のパニック行動については多くの研究が行われているものの、少人数による実験室実験を始め、現実場面と乖離している問題が... [more] HCS2020-56
pp.23-26
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-01-22
13:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]人工現実感, バーチャルリアリティ, 拡張現実感, 複合現実感 そして Extended Reality から我々は何を学んだのか?
竹村治雄阪大MVE2020-37
本講演では、講演者のこれまでの30年にわたるバーチャルリアリティ, 拡張現実感, 複合現実感に関連する教育研究を通じて得... [more] MVE2020-37
p.36
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
13:00
ONLINE オンライン開催 足裏に対する様々な地面テクスチャの触覚生成
中村義哉今村弘樹創価大MBE2020-19
Virtual Reality (VR) は,シミュレーションやトレーニングなど様々な場面で重要な役割を担っている.近年... [more] MBE2020-19
pp.1-4
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
17:05
ONLINE オンライン開催 ブレインコンピュータインターフェースのための上肢仮想現実システムの開発
鈴木愛之田中郁哉ミロセビッチ マティヤ野村泰伸阪大MBE2020-24
脊髄損傷等の運動障害を有する患者の多くは,上肢の運動制御を十分に行うことができない.こうした患者の運動機能改善を目的とし... [more] MBE2020-24
p.24
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 視線とジェスチャによるインタラクションを可能とするVR英会話システム
植田智裕田辺弘子小宮山 摂青学大
近年、VRを用いて会話相手のアバタや会話場面の空間を再現し、現実に近い状況で会話練習を行える英会話教材が登場している。し... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 自己の身体の外から自分を見る仮想非現実体験による認知の拡張に関する研究
花島 諒大山潤爾産総研/筑波大
身体を外から見る3人称視点を利用することで、通常では把握できない全身の動作を把握することを可能にし、VRと組み合わせるこ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 ユーザの注意における文脈の顕著性の効果:VR実験心理学
原田佑規大山潤爾産総研
既存の注意研究は現実世界の視環境への注意から共通性を見つける手法が一般的であるが、この手法では外因・内因性の要因が注意に... [more]
ET 2020-12-12
10:10
ONLINE オンライン開催 DeVA:避難体験に基づく防災知識向上のためのVRアプリケーションの開発
松下智晴菊池晶陽阪工大)・大井 翔立命館大)・後藤壮史王寺小)・佐野睦夫阪工大ET2020-34
2011年の東日本大震災をはじめとした,予期することができない災害が起こったとき,いち早く避難することが最重要である.本... [more] ET2020-34
pp.1-6
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
15:40
ONLINE オンライン開催 科学論文を読むためセンシング技術 ~ 真理を伝える言葉を感知する ~
得丸久文著述業SeMI2020-15
ヒトの知能がどのように発展するのかについて仮説はない.筆者は,脳のセンサーが言葉の刺激を受 けてなんらかの指令が出して言... [more] SeMI2020-15
pp.69-74
ET 2020-03-07
13:25
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
eラーニングシステムとVR授業システム視聴中の視線特徴の分析
中村修也東京理科大)・卯木輝彦フォトロン)・赤倉貴子東京理科大ET2019-81
本稿では,ビデオオンデマンド型eラーニングシステム利用時の学習者の視線と,開発したVR授業システム利用時の学習者の視線に... [more] ET2019-81
pp.29-34
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-15
16:50
沖縄 琉球大学医学部 能動・受動自己運動時の身体近傍空間
黒田尚輝寺本 渉熊本大HIP2019-85
身体周辺のすぐそばの空間である身体近傍空間(PPS)は我々が外界と関わるうえで極めて重要な空間である。PPSは特定の多感... [more] HIP2019-85
pp.43-46
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-16
12:40
沖縄 琉球大学医学部 バーチャルリアリティを用いた一次救命処置訓練システムの開発
渡辺皓太早大)・神長伸幸ミイダス)・菊池英明早大HIP2019-91
本研究では,バーチャルリアリティ環境で一次救命処置訓練ができるシステムを開発した.本システ ムの特徴は,ユーザの発話音声... [more] HIP2019-91
pp.73-78
KBSE 2020-01-25
11:20
東京 機械振興会館 視線追跡内蔵VRデバイスを用いた仮想空間におけるユーザインタフェース
小森谷和城櫻井大雅関 勇介神林 靖日本工大KBSE2019-40
手や足を操ることができない重度の障がい者がマウスやキーボードを操作することは困難である.前論文では,視線追跡機能付きVR... [more] KBSE2019-40
pp.13-17
ET 2019-12-07
15:00
東京 東京農工大学 教員アバターと受講者のインタラクションを実現させるVR授業配信システムの試作
中村修也東京理科大)・卯木輝彦フォトロン)・赤倉貴子東京理科大ET2019-66
本稿では,非同期型eラーニングを想定し,ヘッドマウントディスプレイ型VRを用いた授業配信システムについて述べる.本システ... [more] ET2019-66
pp.43-46
 174件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会