お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
15:20
東京 電気通信大学 自然画像に対するサルV4野の神経反応が示す次元の推定
樹神 篤酒井 宏筑波大NC2019-85
V4野の細胞は,方位や曲率,色やテクスチャのような様々な視覚特徴に対して選択性を示すことが知られているが,それらの特徴が... [more] NC2019-85
pp.57-60
NC, MBE
(併催)
2020-03-04
16:35
東京 電気通信大学 図地分離に対するサルV4神経細胞の反応と知覚の一貫性 ~ 電気生理実験,知覚心理実験および線形受容野カーネルモデルによる解析 ~
宍倉基文鈴木一史筑波大)・山根ゆか子田村 弘阪大)・酒井 宏筑波大NC2019-88
物体全体が見えない程度に切り抜いた自然画像パッチを呈示すると,ヒトは必ずしも一貫した図方向を知覚することができない。この... [more] NC2019-88
pp.71-75
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
14:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス OpenFlowを用いたIoT用UDPパケットのIPv6/IPv4フロー制御
浅田裕紀藤井哲郎東京都市大CQ2018-115
近年,設置されるIoTの数が爆発的に増えており2020年には約400億台に達すると言われている.通常IoTではデータ収集... [more] CQ2018-115
pp.123-128
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2019-03-07
13:00
徳島 グランドエクシブ鳴門 Tor64/Tor46: IPv4-IPv6接続機構としてのTorの活用
佐藤遼太・○居石峻寛大平健司徳島大SITE2018-70 IA2018-62
IPv4とIPv6両方のアドレスを提供するISP (Internet Service Provider) は増加してきて... [more] SITE2018-70 IA2018-62
pp.53-57
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
10:45
東京 電気通信大学 サルV4図地選好性細胞の受容野構造
木村耕治筑波大)・山根ゆか子田村 弘阪大)・酒井 宏筑波大NC2018-77
自然画像を局所的に切り抜いたパッチと,輪郭を基に図地をそれぞれ白黒で塗りつぶしたパッチを短時間呈示し,サルV4野から多電... [more] NC2018-77
pp.181-185
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
11:15
東京 機械振興会館 サル視覚皮質V4における図地選択性細胞発火の潜時と同期解析
蓑輪 大蓮池正晴筑波大)・山根ゆか子田村 弘阪大)・酒井 宏筑波大NC2016-90
視野内の物体(図)と背景(地)を区別して知覚する視覚処理を図地識別と呼ぶ.その皮質メカニズムとして,サルの視覚皮質V4領... [more] NC2016-90
pp.155-158
MBE, NC
(併催)
2016-03-22
11:00
東京 玉川大学 サル視覚野V1野とV4野における方位と空間周波数に基づく微小配置の比較
天野真綾阪大)・池添貢司山梨大)・西本伸志NICT)・藤田一郎阪大NC2015-90
本研究ではサル初期視覚野V1野および中次視覚野V4野で, 方位と空間周波数に基づく機能構築を単一細胞レベルの空間精度で調... [more] NC2015-90
pp.119-124
IN 2016-01-22
13:25
愛知 名古屋企業福祉会館 IPv4/v6共存環境下におけるリレールータを介した低遅延な経路選択機構の検討
溝口知彦伊藤嘉浩名工大IN2015-103
本論文は,IPv4/v6共存環境下におけるQoEの向上を目的として,遅延が最小となる経路となるようにリレールータを自動的... [more] IN2015-103
pp.47-52
IA 2015-11-12
15:10
千葉 成田ビューホテル [招待講演]An Efficient Network-based Mobility Support in Software Defined Networks
Shimin SunLi HanBoyeong MunSunyoung HanKonkuk Univ.IA2015-50
The rapid development of Software Defined Networking (SDN) p... [more] IA2015-50
pp.71-76
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2014-02-28
12:55
石川 山代温泉 瑠璃光(石川県) SA46T/SA46T-ASのクライアント環境への適用に関する一検討
松平直樹富士通SITE2013-70 IA2013-95
IPv4 アドレスの枯渇以後の状況を踏まえた移行技術として、IPv4 アドレスの再利用を可能とするカプセル化技術であるS... [more] SITE2013-70 IA2013-95
pp.153-158
IA 2014-01-31
10:00
東京 機械振興会館 キャンパスネットワークにおけるIPv4 Sunset手法に関する一検討
村田大輔大平健司垣内正年猪俣敦夫藤川和利奈良先端大IA2013-75
本稿では,キャンパスネットワークにおけるIPv4 Sunsetを図るべく,現在の学内IPv4トラフィックパターンを分析し... [more] IA2013-75
pp.43-48
IA 2013-09-06
13:30
東京 IIJ神保町三井ビル IPv4/IPv6共存技術の現状とShowNetでの相互接続検証結果について
大久保修一さくらインターネット)・櫨山寛章奈良先端大)・真野桐郎A10ネットワークス)・渡邊 茂 IA2013-21
今後インターネットにおいてIPv6の普及が進むにつれ、新規に構築される
バックボーンはIPv6を前提とした設計になるこ... [more]
IA2013-21
pp.25-28
IA 2013-09-06
14:00
東京 IIJ神保町三井ビル IPv4/IPv6共存技術とその運用に基づくIPv6普及状況の観測 ~ パブリック6to4リレールータの運用経験から ~
白畑 真慶大)・大久保修一さくらインターネット)・篠宮俊輔堀場勝広慶大)・岡田雅之JPNIC)・村井 純慶大IA2013-22
筆者らは2008年から2012年にかけ,日本国内の主要なIXであるDIX-IE,JPIX,JPNAPにおいてパブリック6... [more] IA2013-22
pp.29-34
IA 2013-09-06
14:30
東京 IIJ神保町三井ビル 大規模ユーザエミュレーショントラヒック生成機構によるCGNの検証
西塚 要NTTコミュニケーションズ)・知念賢一北陸先端大)・夏目大伍NTTネオメイトIA2013-23
CGN(Carrier Grade NAT)をはじめとしたIPv4アドレス共有技術の検証においては,
ユーザごとのセッ... [more]
IA2013-23
pp.35-40
IA 2012-02-23
14:55
東京 機械振興会館 VPN-based Future Internet that prevents routing table size explosion (4) -- Network framework consisting of regional networks, A new IP packet virtually upward compatible with IPv4 --
Hisao FurukawaDSRI)・○Shoji Miyaguchiformerly NTTIA2011-67
将来のインタネットを形成するルータの経路表サイズ拡大を抑止可能とする我々の提案支援のため、ルーティング、マルチホーミング... [more] IA2011-67
pp.13-18
RCS, IN
(併催)
2011-05-27
09:50
東京 機械振興会館 WiMAXにおけるIPv6 over IPv4の評価
松本伸史青木伸行慶大)・柳下孝一木村建夫佐藤克彦日本無線)・三次 仁慶大RCS2011-29
著者らは神奈川県藤沢市でOpenWP社と協力し地域WiMAXを利用した地域情報流通システムの研究開発を進めている.Ope... [more] RCS2011-29
pp.59-63
IN 2010-10-15
15:20
愛知 名古屋工業大学 レガシーセルラネットワーク経由のデュアルIPコネクション確立に関する一検討
杉崎隆二阿相啓吾池田新吉青山高久パナソニックIN2010-79
GPRSネットワークのようなIPv6アドレッシングをサポートしないレガシーセルラネットワークにおいて,IPv4およびIP... [more] IN2010-79
pp.81-86
IN 2010-07-08
17:15
北海道 北海道大学 [招待講演]IPv6移行の技術的残課題
宮川 晋NTTコミュニケーションズIN2010-32
IPv4 アドレスの枯渇が目前に迫り、IPv4 の延命とIPv6 への移行の技術が本格的に実用化されつつあるが、それに伴... [more] IN2010-32
pp.55-60
IE 2010-03-15
15:10
宮城 東北大学 電気通信研究所 演出の高度化にむけた高機能APEの検討
道家 守浜口斉周金子浩之井上誠喜NHKIE2009-190
我々はネットワークをインフラとした,番組(映像コンテンツ)の制作から配信,視聴までをカバーする新しいテレビシステムとして... [more] IE2009-190
pp.65-70
IA 2009-11-25
14:30
佐賀 唐津シーサイドホテル(佐賀県」) 移動透過アーキテクチャMATのIPv4対応とその性能評価
岩田裕貴森廣勇人広島市大)・関 顕生広島大)・前田香織井上博之広島市大)・相原玲二岸場清悟広島大IA2009-59
本稿では著者らが提案しているIP層での移動透過通信を実現するMATのIPv4拡張について述べる.まず,MAT IPv4の... [more] IA2009-59
pp.7-12
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会