電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW 2019-11-14
13:15
沖縄 南大東村多目的交流センター 2つのS/H回路のクロック信号と出力信号の位相差情報を用いたアンダーサンプリング周波数検出方式
和田 平水谷浩之中溝英之森 一富三菱電機MW2019-101
本稿では,2つのS/H回路を並列化し,入力信号をアンダーサンプリングするクロック信号の位相差と,S/H回路の出力信号の位... [more] MW2019-101
pp.7-12
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
10:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク [依頼講演]高速クロック切り替えを用いた無線IoTリアルタイムスペクトラムモニタ用ダイレクトRFアンダーサンプリング受信機
古市朋之本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大SR2018-139
近年,産業界などを中心に無線IoT(Internet of Things)の普及が加速しており,異種の無線システム間の電... [more] SR2018-139
pp.103-109
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
17:10
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス [招待講演]900MHz-6GHz帯無線IoT用マルチバンドリアルタイムスペクトラムモニタリング受信機
末松憲治本良瑞樹古市朋之亀田 卓東北大ASN2018-71 SRW2018-34
IoTの普及に伴い,大量かつ様々な機器やデバイスがインターネットに接続される時代がやってきた。可搬性,あるいは可動性が求... [more] ASN2018-71 SRW2018-34
pp.97-101(ASN), pp.61-65(SRW)
SR 2018-10-30
13:30
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Direct RF undersampling receiver for wireless IoT real-time spectrum monitor using high-speed clock switching
Tomoyuki FuruichiMizuki MotoyoshiSuguru KamedaNoriharu SuematsuTohoku Univ.SR2018-68
 [more] SR2018-68
pp.21-24
SR 2018-10-31
14:35
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [招待講演]Direct digital RF transceiver technology for high-SHF fully digital Massive MIMO
Noriharu SuematsuMizuki MotoyoshiSuguru KamedaTohoku Univ.SR2018-96
 [more] SR2018-96
pp.103-107
SAT, RCS
(併催)
2018-08-09
17:10
岩手 岩手大学 [特別講演]次世代高スループット衛星(HTS)用送受信機へのディジタルRF技術の適用
末松憲治東北大SAT2018-38 RCS2018-141
小型化・低コスト化が難しいRF/アナログ回路を,ディジタル信号処理回路で置き換えることによりディジタルリッチで小型化・低... [more] SAT2018-38 RCS2018-141
pp.49-54(SAT), pp.51-56(RCS)
MW 2017-12-19
11:20
東京 国士舘大学 広帯域ダイレクトRFアンダーサンプリング周波数センサにおける受信RF周波数特定法の検討
古市朋之本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大MW2017-144
近年,無線IoT(Internet of Things)の普及に伴い,無線IoT機器が利用する複数の周波数帯(920MH... [more] MW2017-144
pp.13-18
SR 2016-10-28
16:10
大阪 大阪大学 中之島センター [招待講演]デジタルRF技術の研究開発
前畠 貴住友電工)・本良瑞樹亀田 卓末松憲治東北大SR2016-77
本稿は、1ビットデジタルRF送信機とダイレクトRFアンダーサンプリング受信機を用いたデジタルRFフロントエンドを提案する... [more] SR2016-77
pp.127-134
MW
(第二種研究会)
2016-06-09
- 2016-06-11
海外 KMUTNB(タイ・バンコク) [招待講演]Direct RF Undersampling Receiver for High-SHF Applications
Noriharu SuematsuK. NorishimaT. KoizumiT. OwadaMizuki MotoyoshiSuguru KamedaTohoku Univ.
In this paper, basic design of direct RF undersampling recei... [more]
ICD, MW
(共催)
2016-03-03
15:30
広島 広島大学 高SHF帯ビームフォーミングシステム用ダイレクトRFアンダーサンプリング受信機
末松憲治亀田 卓本良瑞樹東北大MW2015-198 ICD2015-121
本稿では,高SHF(超6GHz)帯ディジタルビームフォーミングシステム用ダイレクトRFアンダーサンプリング受信機を提案す... [more] MW2015-198 ICD2015-121
pp.141-145
CS, CAS, SIP
(共催)
2014-03-07
14:50
大阪 大阪市立大学 学術情報総合センター サンプリングクロック周波数オフセットがアンダーサンプリング受信機でのスペクトルセンシングに与える影響
長 大樹成枝秀介明石高専CAS2013-132 SIP2013-178 CS2013-145
本報告では,ADC回路の不整合に起因するサンプリングクロック周波数オフセット(SCO: Sampling Clock f... [more] CAS2013-132 SIP2013-178 CS2013-145
pp.245-250
MI 2012-07-20
11:00
山形 山形大学 病変検出用画素識別処理における学習サンプル削減に関する初期検討
野村行弘根本充貴増谷佳孝花岡昇平三木聡一郎吉川健啓林 直人大友 邦東大MI2012-32
病変自動検出の一つとして,対象領域の画素から得られる特徴量を用いて識別処理行い,病変領域の検出を行う画素識別処理がある.... [more] MI2012-32
pp.59-64
SR 2007-11-27
09:50
広島 広島国際大学 システムクロックを考慮した複数信号同時受信時におけるサンプリング周波数選択方法
木村和紀中大)・北藪 透前山利幸KDDI研)・白井 宏中大SR2007-50
ソフトウェア無線では,できるだけ早い段階でアナログ信号からディジタル信号に変換する構成が望ましい.それを実現する構成の一... [more] SR2007-50
pp.27-34
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-08
14:20
神奈川 YRP アンダーサンプリングにおけるキャンセラを用いた複数信号同時受信方式
山崎和裕岩井誠人笹岡秀一同志社大SR2006-88
新しい無線通信方式や複数の無線システムに単一端末で柔軟に対応できるソフトウェア無線が注目されている.マルチバンド・マルチ... [more] SR2006-88
pp.49-56
SR 2005-11-25
10:05
沖縄 沖縄県女性総合センター(那覇) アンダーサンプリングを用いた隣接チャネル干渉除去方式の実験的検討
アナス ムハマド ボスタマン眞田幸俊慶大
本報告ではアンダーサンプリングを用いたマルチチャネル受信用の隣接チャネル干渉除去方式の特性を実験で評価している.無線LA... [more] SR2005-55
pp.55-61
SR 2005-05-12
13:30
神奈川 横浜国立大学 アンダーサンプリングを用いた隣接チャネル干渉除去方式の実験的検討
アナス ムハマド ボスタマン眞田幸俊慶大
本報告ではアンダーサンプリングを用いたマルチチャネル受信用の隣接チャネル干渉除去方式の特性を実験で評価している.無線LA... [more]
RCS, CS
(共催)
2005-01-26
14:00
沖縄 琉球大学 アンダーサンプリングにおけるサンプリング周波数選択方法の検討
佐原直宏中大)・國澤良雄岩井誠人KDDI研)・白井 宏中大
ソフトウェア無線機では,柔軟性を高めるためできるだけアンテナに近い位置にA/D変換器を置く構成が望ましい.それを実現する... [more] CS2004-144 RCS2004-251
pp.91-96
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会