お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-20
14:00
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
四元数領域におけるアダマール符号離散ハッシング
末安 学北九州市大)・○京地清介工学院大)・上瀧 剛熊本大SIP2022-23 BioX2022-23 IE2022-23 MI2022-23
本論文では,実数値カーネル変換(Real-valued Kernel Transform: $mathbb{R}$KT)... [more] SIP2022-23 BioX2022-23 IE2022-23 MI2022-23
pp.117-122
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-20
15:20
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
簡易シンボル指書き認証の研究 ~ 極座標変換の改良と無相関特徴融合の効果 ~
中西 功松浦和希柵木洋平堀内嵩大鳥取大SIP2022-26 BioX2022-26 IE2022-26 MI2022-26
利便性の面で優れた筆記認証を実現するため,スマートフォンの画面上で簡単なシンボルを指で書いて認証を行うシステムを研究して... [more] SIP2022-26 BioX2022-26 IE2022-26 MI2022-26
pp.132-137
SC 2022-03-11
09:25
ONLINE 機械振興会館 (ハイブリッド開催)からオンライン開催に変更 E-ラーニングによるDX化支援方式 ~ Webアプリケーション構築のためのCSS学習支援システム ~
久保田陸斗須永 宏平山 亮大工大SC2021-35
本論文はHTML,CSS文法とプログラミングを実践的に学ぶことができる学習支援システムについて提案する.近年のWebアプ... [more] SC2021-35
pp.7-12
WPT 2022-03-07
12:10
京都 京都大学 宇治キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
容量分割により外部Qを調整する磁界共鳴送電
大野泰夫伊藤弘子レーザーシステムWPT2021-24
共鳴送電回路はインピーダンス変換装置と見なせるが、その変換比は結合係数で大きく変化する。その結果、結合係数の変化によって... [more] WPT2021-24
pp.21-24
PN, NS, OCS
(併催)
2021-06-24
14:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]空間位相変調器を用いた光軌道角運動量の逓倍変換
小林弘和岩下 克高知工科大NS2021-26 OCS2021-2 PN2021-8
本研究は光の軌道角運動量(OAM)の逓倍変換を高効率、高精度に実現することを目的とする。提案手法では、ビーム断面内の光複... [more] NS2021-26 OCS2021-2 PN2021-8
pp.9-13(NS), pp.9-13(OCS), pp.27-31(PN)
KBSE, SWIM
(共催)
2021-05-21
14:45
ONLINE オンライン開催 メソッド呼び出しに基づくJavaプログラムの類似度計算と可視化
宇田川佳久東京情報大KBSE2021-5 SWIM2021-5
プログラミング技法を習得する方法として,インターネットに公開されているサンプルプログラムを参考にするものがある.しかし,... [more] KBSE2021-5 SWIM2021-5
pp.25-30
NS, NWS
(併催)
2021-01-21
16:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]映像会議のDXを支えるネットワーク基盤技術の動向
鎌村星平NTTNS2020-115
映像の高精細化や5Gに代表される高速モバイル通信の社会実装等の技術進展に加え,昨今世界各国を震撼させているCOVID-1... [more] NS2020-115
p.30
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2018-11-12
15:50
静岡 熱海伊豆山温泉 ハートピア熱海 閉路フロー行列変換によるペトリネットの安定部分ネットの検知
張江洋次朗和﨑克己信州大CAS2018-64 MSS2018-40
ペトリネットは,離散事象システムを表現・解析が可能な数学的手法の一つである.ペトリネットの動的解析には初期状態からの振る... [more] CAS2018-64 MSS2018-40
pp.37-42
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
13:45
北海道 北海道大学 動画像処理による劣化映像の自動修復に関する研究
松本惇史鹿嶋雅之福元伸也佐藤公則渡邊 睦鹿児島大)・森田健太郎グリーンツリーPRMU2016-193 CNR2016-60
近年,4Kテレビの出現など映像の高画質化が進んでいる.高画質化によって我々はきれいで鮮明な映像を見ることができる.その一... [more] PRMU2016-193 CNR2016-60
pp.205-210
DC 2016-02-17
11:30
東京 機械振興会館 連続ビット系列の動的共有によるストカスティックコンピューティングの高速化
高森研輔市原英行岩垣 剛井上智生広島市大DC2015-89
一定の誤りを許容するエラートレラントアプリケーションのために,確率を用いて演算を行うストカスティックコンピューティングが... [more] DC2015-89
pp.19-24
MW, SCE
(共催)
WPT
(併催) [詳細]
2013-04-19
16:25
東京 機械振興会館 平行二線路を用いたワイヤレス電力伝送方式の提案
東野武史馬 子驥岡田 実奈良先端大)・辰田康明後藤義和鶴田義範田中良平ダイヘン
本稿ではワイヤレス電力伝送において給電エリアを容易に拡張することを目的として,平行二線給電線近 傍においた二次インダクタ... [more]
IE 2012-04-27
11:40
東京 成蹊大学 MC・非直交変換ハイブリッドフレーム間符号化方式の検討
王 翠東工大)・久保田 彰中大)・羽鳥好律東工大IE2012-7
非因果的内挿予測(IP)を「変換符号化」の視点より再検討し,直交変換符号化との共通点と差異点を明らかにする.この知見を基... [more] IE2012-7
pp.35-40
NC, MBE
(併催)
2011-03-08
13:20
東京 玉川大学 視覚運動変換の適応ゲインは運動終了と課題終了の二つの誤差フィードバックタイミングにおいて異なるピークをとる
石川拓海阪口 豊電通大NC2010-170
到達運動のプリズム適応においては,運動終了直後に運動結果に関する視覚情報が与えらないと適応量が減弱することが報告されてい... [more] NC2010-170
pp.253-258
SP, EA, SIP
(共催)
2010-05-27
11:20
兵庫 甲南大学平生セミナーハウス 静電型超音波トランスデューサでのダンピング効果
李 昇穆Ingen MSL)・車 溥相奥山雅則阪大EA2010-15 SIP2010-15 SP2010-15
静電型超音波トランスデューサ(CMUT)の変換効率はメンブレンの振動における媒質の機械的抵抗(インピーダンス)の影響を受... [more] EA2010-15 SIP2010-15 SP2010-15
pp.85-89
CS, IE
(共催)
2004-12-09
10:20
愛知 名古屋大学 幾何変換を用いた効率的なFTV画像圧縮
山本健詞圓道知博藤井俊彰谷本正幸名大
多数のカメラを用いたシステムとして自由視点テレビがある.自由視点テレビを構築する際の課題の一つに,カメラを理想通りに配置... [more] CS2004-98 IE2004-93
pp.9-14
NLP 2004-07-16
13:25
静岡 静岡大学 修正非線形回路縮退技法の提案とその評価
石田 功峯 敬久保田英正静岡大)・渡辺貴之静岡県立大)・浅井秀樹静岡大
本報告では、回路網の形状に依存しない非線形回路縮退技法を提案する.本手法は、Krylov部分空間法を用いて変換行列を生成... [more] NLP2004-28
pp.25-30
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会