電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 110件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ 2018-07-20
13:50
宮城 東北大学 Traffic Matrix Prediction based on Bidirectional Recurrent Neural Network and Long Short-Term Memory
Van An LePhi Le NguyenSokendai(The Graduate University for Advanced Studies))・Yusheng JiNII
Accurate prediction of the future network traffic plays an i... [more] CQ2018-40
pp.51-56
IN, RCS, NV
(併催)
2018-05-10
16:10
神奈川 慶應義塾大学 [依頼講演]MECを活用したコネクティッドカー向け通信制御
北原 武丹羽朝信市川孝太郎難波晃就松本延孝大谷朋広KDDI総合研究所
コネクティッドカーが大規模に普及すると,それらが生成する大量のデータ通信により既存セルラ網の通信負荷が高まり,リアルタイ... [more] IN2018-4 RCS2018-29
pp.19-24(IN), pp.43-48(RCS)
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 人の脳情報処理プロセスに着想を得た動的な予測形トラヒックエンジニアリング手法
佐竹幸大大下裕一村田正幸阪大
インターネットを流れるトラヒックは、量・時間変動ともに増大しており、時間変動の大きなトラヒックを効率的に収容する技術が求... [more] IN2017-93
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング
佐竹幸大・○大下裕一阪大)・石橋圭介星合擁湖NTT)・村田正幸阪大
災害時には、安否状態の確認、災害状況、避難情報等による通信トラヒック需要が急増するとともに、通常
との異なる人流発生が... [more]
IN2017-94
pp.27-32
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート スケールフリーネットワークにおけるTEのためのフロー配置アルゴリズム
嘉藤 学有明高専)・川原憲治九工大
ネットワークの利用状況に応じて送信トラヒックの要求品質を満たすための経路選択を行うトラヒックエンジニアリング(Traff... [more] IN2017-95
pp.33-38
NS, IN
(併催)
2018-03-01
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート マルチパスTCPを適用したEnd-to-End空間的統括TEの性能評価
波左間貴大川原憲治九工大
近年,インターネットの普及に伴うトラヒック増加に対応してネットワーク機器が増設されているため,ある送受信ノード間には複数... [more] IN2017-96
pp.39-44
CS, CQ
(併催)
2017-04-21
13:50
北海道 千歳科学技術大学 [特別招待講演]通信トラヒック工学におけるモデル化と解析事例
吉野秀明日本工大
コペンハーゲンの電話会社に勤務していたA.K.アーランが即時式無限呼源システムにおける電話回線数を算出するための計算式、... [more] CS2017-11 CQ2017-10
pp.55-60(CS), pp.47-52(CQ)
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:10
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 予測型トラヒックエンジニアリングのためのソーシャルメディアデータからトラヒック変動に関する情報の抽出
河島滉太大下裕一村田正幸阪大
モバイル端末の普及に伴い、通信ネットワークに流れるトラヒック量は、量・変動ともに増大している。これに対し、変動するトラヒ... [more] IN2016-98
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 予測分布を用いたネットワーク制御におけるトラヒックの観測スケジューリング手法
佐竹幸大大歳達也大下裕一村田正幸阪大
トラヒックの時間変動が激しい状況下においても、輻輳を生じずトラヒックを収容するためには、トラヒックエンジニアリング(TE... [more] IN2016-100
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2017-03-03
13:00
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル Multi-Path TCPを利用したEnd-to-End省電力TEの実装
伊東拓海川原憲治九工大
近年,インターネットの普及に伴う各ネットワーク機器の増加により,消費電力が増大しネットワークの省電力化が急務となっている... [more] IN2016-146
pp.293-298
NS, IN
(併催)
2017-03-03
13:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 省電力TCPにおける動的セグメント転送移行とウインドウサイズ増加のための経路利用率推定方法
野田暁彦川原憲治九工大
近年,インターネットの発展に伴いネットワーク機器数も増加しており,それらの省電力化が急務である.ネットワーク機器の省電力... [more] IN2016-148
pp.305-310
CQ
(第二種研究会)
2017-01-21
12:30
大阪 大阪大学中之島センター [ポスター講演]コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向ルーチングの性能評価
速水祐作平田孝志山本 幹関西大
近年,インターネット上で転送されるコンテンツ配信トラヒックの割合の増加を受け,コンテンツ指向なネットワーキング手法が数多... [more]
IA, IN
(併催)
2016-12-15
14:55
広島 広島市立大学 講堂小ホール ネットワーク状況に対して即時的な制御を可能にする仮想MACアドレスの設計と実装
坪川浩之近藤賢郎寺岡文男金子晋丈慶大
OpenFlowに代表されるSDN技術の延長線上に,輻輳などネットワーク状況の変化とアプリケーションの要求に応じてルータ... [more] IN2016-71
pp.29-34
PN 2016-11-18
14:25
埼玉 KDDI総合研究所(ふじみ野市, 埼玉) The Switchboard Traffic Engineering Problem for Mixed Contention/Cut-Through Output Channels
Marat ZhanikeevTokyo Univ. of Science
Recent literature on traffic control in datacenter intra- an... [more] PN2016-39
pp.83-86
IA 2016-11-04
09:00
海外 台北(台湾) [招待講演]SDN-enabled Cloud Data Center
Ren-Hung HwangNational Chung Cheng University
Software Defined Networking (SDN) technology has been consid... [more] IA2016-43
pp.73-76
NS, CS, IN, NV
(併催)
2016-09-30
12:40
宮城 東北大学 Feasibility Verification of Cycle Based Traffic Balancing Algorithm Using OpenDaylight
Mitsunobu HommaNorihiko ShinomiyaSoka Univ.
 [more] NS2016-84
pp.57-60
IA 2016-08-29
14:40
東京 IIJセミナールーム Inbound Traffic Engineering for Border Gateway Protocol with Provider Aggregatable Addressing
Abu Hena Al MuktadirKenji FujikawaHiroaki HaraiNICT
This paper proposes an inbound traffic engineering (TE) tech... [more] IA2016-16
pp.19-24
IN, RCS
(併催)
2016-05-19
14:20
東京 機械振興会館 広域SDNテストベッドにおけるプロアクティブネットワーク制御技術の実証実験
高橋洋介鈴木晃人石橋圭介塩本公平NTT)・大歳達也大下裕一村田正幸阪大
SDN/OpenFlow 技術の登場により,任意のトラヒック集合を制御粒度としたトラヒックエンジニアリン グ(TE) が... [more] IN2016-7 RCS2016-29
pp.37-42(IN), pp.31-36(RCS)
NS 2016-01-22
15:30
福岡 博多バスターミナル 貸ホール コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向トラヒックエンジニアリングの検討
速水祐作平田孝志山本 幹関西大
近年,ネットワーク上で転送されるコンテンツ配信トラヒックの占める割合が大きくなったことを受け,コンテンツ指向なネットワー... [more] NS2015-165
pp.109-114
MoNA, IN
(併催)
2015-11-18
13:30
熊本 熊本大学(黒髪南地区)(桜島の火山活動が活発なため鹿児島市から変更) 情報指向ネットワークの解くべき課題
浅見 徹高木 雅川原圭博東大)・田上敦士KDDI研)・中村健一パナソニック)・柳生智彦NEC)・中里秀則早大
本稿では,通信の秘密,トラヒックエンジニアリング,情報漏洩防止という観点から,現在主流となっているSSL/TLS による... [more] IN2015-67
pp.35-40
 110件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会