お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, NS, CS, NV
(併催)
2021-09-09
13:30
ONLINE オンライン開催 基幹ネットワークにおける拡張可能な端末識別のためのリアルタイム処理アーキテクチャ
林 航平阪市大)・土江康太中村信之八百健嗣OKI)・阿多信吾阪市大IN2021-14
近年、IoT機器の普及に伴いそれらのデータトラヒックが増大している。大規模な管理ドメインにおいて安全にネットワークを構成... [more] IN2021-14
pp.13-18
ICM 2021-03-19
10:50
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]逐次蓄積型学習ベース異常検知における学習データの効用
深澤那月吉田直樹阿多信吾岡 育生阪市大ICM2020-69
学習にもとづくネットワークベース侵入検知システム (Network-based Intrusion Detection ... [more] ICM2020-69
pp.52-57
ICM 2020-07-17
09:25
ONLINE オンライン開催 暗号化されたWebサービス推定のためのFew-shot Learningにおけるラベル付与法に関する検討
吉田祥太・○江口 優塩本公平東京都市大ICM2020-14
増大する通信トラヒックに対して,通信トラヒックの監視、制御は非常に重要である.しかしながら,近年の暗号化の標準化が進んで... [more] ICM2020-14
pp.37-42
ICM 2020-03-03
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
通信トラヒックを活用した学習ベースの異常検知における学習データの自動蓄積
深澤那月吉田直樹阿多信吾岡 育生阪市大ICM2019-50
近年の情報インフラの高度化,多様化により,ネットワークセキュリティの重要性がますます増加してい
る.ネットワークセキュ... [more]
ICM2019-50
pp.49-54
LOIS, ICM
(共催)
2020-01-10
11:25
長崎 アルカスSASEBO(佐世保市) [奨励講演]P2PTV単位トラヒック分類における2段階クラスタリング方式とその評価
大岡里奈三好 匠山崎 託芝浦工大ICM2019-39 LOIS2019-54
ユーザ端末(ピア)間で直接通信するP2P(Peer-to-peer)方式を利用した映像配信サービス(P2PTV)が注目を... [more] ICM2019-39 LOIS2019-54
pp.51-56
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]トラヒックパターンとハニーポットログによるSSH攻撃分類手法
深澤那月吉田直樹阿多信吾岡 育生阪市大
近年の情報インフラの高度化,多様化により,管理運用が不十分な機器が多数接続されることによるリスクが増大しており,セキュリ... [more]
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2019-05-23
16:20
大阪 大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 機械学習を用いた時系列P2PTVトラヒックの特性分析
大岡里奈林 晃司三好 匠山崎 託芝浦工大ICM2019-2
近年,映像配信サービスの利用者増加に伴い,ユーザ端末(ピア)間で直接通信するP2P(Peer-to-peer)方式を利用... [more] ICM2019-2
pp.31-36
NS 2019-04-18
13:50
鹿児島 天文館ビジョンホール プログラマブル・データプレーンを使用したトラフィック優先制御
山本 周中尾彰宏東大NS2019-6
IoT技術の利用により、あらゆるものがネットワークに接続されるためトラフィック量増大に加え、トラフィック・データの種類も... [more] NS2019-6
pp.31-36
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター 機械学習を用いたP2PTVトラヒックの特性分析と分類手法
林 晃司三好 匠芝浦工大NS2018-230
近年,映像配信サービスの利用者の増加により,P2P(Peer-to-peer)形の映像配信サービス(P2PTV)が注目さ... [more] NS2018-230
pp.219-224
NS 2018-10-19
10:40
京都 京都教育文化センター [依頼講演]Study of Internet Traffic Classification Based on Naive Bayesian Method
Yuanzhi ShaoUEC)・Ved P. KafleNICTNS2018-127
 [more] NS2018-127
pp.111-116
IN, NS, CS, NV
(併催)
2018-09-07
10:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 IPバックボーンにおいてランダムスキャンを行う感染端末の分類についての一検討
鋒 幸洋小島久史桑原 健NTTNS2018-102
筆者らは,IPバックボーン内の感染端末からのスキャン通信を軽量に検知する方式について検討してきた.しかし,これまでに提案... [more] NS2018-102
pp.83-88
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
12:10
北海道 札幌コンベンションセンター A Machine Learning-based Approach for Classifying Applications from Encrypted Traffic
William GounotKobe Univ./INSA Lyon)・Akito NishizawaYoshiaki ShiraishiMasakatu MoriiKobe Univ.ISEC2018-39 SITE2018-31 HWS2018-36 ICSS2018-42 EMM2018-38
 [more] ISEC2018-39 SITE2018-31 HWS2018-36 ICSS2018-42 EMM2018-38
pp.305-310
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート DNSクエリの類似性に着目したユーザ利用OSの分類手法
駒井友香小林正裕原田薫明石橋圭介川原亮一NTT)・森 達哉後藤滋樹早大IN2017-89
通信端末の多様化に伴い複雑化するトラヒック変動に対して,適切にトラヒックを制御することが今後求められる.特に,OS特有の... [more] IN2017-89
pp.1-4
IN 2018-01-23
10:50
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス フローベーストラヒック分類に基づくQoS制御システムの設計と実装
小林祐斗青学大)・川喜田佑介電通大)・高橋淳二鹿児島大)・戸辺義人青学大IN2017-83
従来,トラヒック分類では,IPアドレスやポート番号,シグネチャによって分類する手法が用いられてきたが,セキュリティの向上... [more] IN2017-83
pp.71-76
CQ
(第二種研究会)
2018-01-20
13:35
東京 早稲田大学西早稲田キャンパス [ポスター講演]機械学習を用いたP2PTVトラヒック分類手法
林 晃司三好 匠芝浦工大
近年,映像配信サービスの利用者の増加により,インターネット上の動画トラヒックの割合が急増している.従来のクライアント/サ... [more]
PRMU 2017-10-13
15:50
熊本 熊本大学 A Study on Traffic Sign Detection and Classification with Single Shot Detection
Janet MardjukiSimon Fraser Univ.)・Yongqing SunShingo AndoKinebuchi TetsuyaNTTPRMU2017-96
 [more] PRMU2017-96
pp.187-191
IA, IN
(併催)
2014-12-19
14:20
広島 広島市立大学・サテライトキャンパス モバイルコア網における多様な通信フローの混在に対応するトラヒック弁別方式
鈴木理基渡里雅史阿野茂浩KDDI研)・鶴 正人九工大IN2014-96
近年のモバイル網において,スマートフォンの普及ならびにコンテンツのリッチ化に伴い,トラヒック量が爆発的に増加している.今... [more] IN2014-96
pp.29-34
IN, RCS
(併催)
2014-05-16
14:15
東京 機械振興会館 群知能を用いたクラスタリング手法のトラヒック分類への適用と評価
須恵 匠大下裕一村田正幸阪大IN2014-15
性能要求に応じてトラヒックの分類・識別を行う手法のとして,トラヒックの統計情報をもとにした手法が注目されている.
これ... [more]
IN2014-15
pp.37-42
CQ 2014-01-24
11:40
東京 東京都市大学 L7Classifier: Packet Classification applying Regular Expression to Packet Payload
Shogo AndoAkihiro NakaoUniv. of TokyoCQ2013-73
Recently, there are many research efforts on Software-Define... [more] CQ2013-73
pp.35-40
CQ 2013-07-11
16:45
北海道 北海道大学 [フェロー記念講演]通信トラヒック制御の分類と課題
吉野秀明日本工大CQ2013-19
多様化するユーザの要求に応え,安定した通信サービスを経済的に提供するためには,サービス提供前の通信品質・トラヒック設計に... [more] CQ2013-19
pp.31-36
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会