お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
15:20
ONLINE オンライン開催 生産設備の制御入出力信号に対する工程分割学習方式の検討
中原大貴柴田昌彦小林 毅三菱電機MSS2021-79 NLP2021-150
生産現場でのトラブル発生時には、迅速な原因究明が求められる。著者らはこれまで、制御入出力信号の正常パターンのみをTime... [more] MSS2021-79 NLP2021-150
pp.127-132
CCS 2021-11-18
16:00
大阪 大阪大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スパイキングリザバーネットワークにおけるスパイク遅延の効果
田村颯樹坪 泰宏立命館大CCS2021-22
ヒトを含む多くの生物の脳内は,構造の変化によって多種多様なタスクを迅速かつ効率的に学習することできる.この仕組みを模した... [more] CCS2021-22
pp.26-30
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
15:35
ONLINE オンライン開催 パルスニューロンモデルを用いた教師なし学習による信号到達順序関係の特徴抽出に関する研究
寺本佳弥黒柳 奨名工大NC2020-51
パルスニューロンモデルを用いた時系列情報処理について,パルスニューロンモデルの重みとディレイ(遅延素子)の同時学習によっ... [more] NC2020-51
pp.47-52
MBE, NC
(併催)
2020-12-18
15:40
ONLINE オンライン開催 社会的時系列予測のための時間遅れ付きLSTM
安達 凜六井 淳静岡県立大NC2020-30
社会的時系列予測に対し, 機械学習を適用する研究が盛んに行われている. その中でも, 多く用いられる手法がRecurre... [more] NC2020-30
pp.13-18
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-30
11:40
ONLINE オンライン開催 マルチタイムスケールをもつニューラルネットワークによる、シークエンス情報の処理
栗川知己関西医科大NC2020-20
我々の神経系では、ニューロンの発火パタンが順々に変遷していくシークエンス発火パタンが見られ、認知機能との関係も明らかにさ... [more] NC2020-20
pp.62-65
NLP, MSS
(併催)
2019-03-14
16:35
福井 福井大学 文京キャンパス デジタル制御入出力信号の非定常検出方式の検証
柴田昌彦中原大貴三井 聡三菱電機MSS2018-90
生産現場でのトラブル発生時には、原因を迅速に突き止めることが求められる。著者らはこれまで、制御入出力信号の正常なパターン... [more] MSS2018-90
pp.51-55
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
12:00
北海道 北海道大学 百年記念会館 レーザを用いたリザーバコンピューティングにおける強化学習を利用したモデル選択
菅野円隆埼玉大)・成瀬 誠NICT)・内田淳史埼玉大NLP2018-116
リザーバコンピューティングは人口ニューラルネットワークを用いた機械学習手法の一種であり,出力の重みのみを学習する点が特徴... [more] NLP2018-116
pp.107-112
MBE, NC
(併催)
2018-03-13
13:35
東京 機械振興会館 入力パルスの順序関係を認識するパルスニューロンモデルの教師あり学習則に関する研究
霜村侑香黒柳 奨名工大NC2017-73
本研究は,時系列情報処理において,時間的なずれに対して耐性のある認識を可能とするために,時間的に大域な特徴の抽出を目指し... [more] NC2017-73
pp.33-38
MBE, NC
(併催)
2015-12-19
16:15
愛知 名古屋工業大学 SpikePropにおいて余分なスパイクを抑制する学習法 ~ 不要な副結合抑制に関する検討 ~
松本 崇高瀬治彦川中普晴鶴岡信治三重大NC2015-53
Booijらにより提案されたSpikePropは,複数の出力スパイクの時刻を学習できるスパイキングニューラルネットワーク... [more] NC2015-53
pp.43-48
MBE, NC
(併催)
2014-12-13
13:40
愛知 名古屋大学 SpikePropにおいて余分なスパイクを抑制する学習法 ~ 時間遅れに着目した一検討 ~
松本 崇高瀬治彦川中普晴鶴岡信治三重大NC2014-52
Booijらにより提案されたSpikePropは,複数の出力スパイクの時刻を学習できるスパイキングニューラルネットワーク... [more] NC2014-52
pp.49-53
NC 2012-01-26
09:50
北海道 公立はこだて未来大学 カオスニューラルネットワークを用いた周期的連想記憶に関する研究
佐藤良彰山内ゆかり日大NC2011-99
本研究では、階層構造の周期パターンを想起する連想記憶モデルを提案する。従来の連想記憶モデルは類似パターンや周期パターンを... [more] NC2011-99
pp.13-18
NLP 2005-12-16
15:35
茨城 茨城大学工学部 非同期更新に基づくID離散モデル
永嶋宏和早川吉弘中島康治東北大
従来のニューラルネットワークでは、組合せ最適化問題を解く際にローカルミニマムから脱出できないことが問題となっている。しか... [more] NLP2005-94
pp.51-56
NLP 2004-05-18
10:30
宮城 東北大学 高速計算を目指したID離散時間モデル
永嶋宏和伝田達明早川吉弘中島康治東北大
ID(Inverse function Delayed)モデルは、出力関数にN字型非線形逆関数を用いることで、負性抵抗領... [more] NLP2004-1
pp.1-5
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会